やほ〜✌︎

少し遅れましたが

ワンマンライブにお越し下さったみなさま

遠くから応援してくださったみなさま

関わってくださった関係者のみなさま

本当にありがとうございました。

改めまして

2019年3月23日より

vivid undressは5人になりました!


1年越しのワンマンライブ

進むことを決めたのであれば

私たちが発信していく物事で

もう二度と悲しい思いはさせない


覚悟を持って

メンバーで立て直してきた1年間。

あの苦しかった先に

こんなに胸がいっぱいになる幸せが待ってたなんて

想像もしていませんでした。


鳴り止まない拍手と

みなさんの涙。

自分のことのように心から喜んでくれてるのが伝わって

あぁ、一緒に歩んできてくれたんだなーって。

出会ってきたんだなーって。

嬉しくて泣いたのはいつぶりだろう?

バンド続けててよかった。

辛かったことがあの一瞬で全部チャラになりました。

あの場所にいてくれて

出会ってくれて

今日まで生き抜いてきてくれて

本当にありがとう。

誰一人として欠けてはいけなかった。

みなさんがいたからあの1日があった。

そう思うよ☺︎

そして5人になって改めて回るライブツアー

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8569.JPG

日本全国!までは行けませんが

みなさんに少しでも近づきにいきます🚗

ぜひ、会いにきてもらえたら嬉しいです☺︎


詳細 http://vividundress.com/schedule/ ⤵️
しかもなんと初日は

アンコールワンマンライブ。

3月23日に出来なかった曲たちを

この日にやっちゃおうということで

後日みなさんからリクエストをいただいて

この日のセットリストを組むよ〜

何が聴きたいか考えておいてね🙌

詳細 https://eplus.jp/sf/detail/2902820001-P0030001⤵️

なんだかんだこちらもチケット少なくなってきてますので

お早めに!(平日でごめんね)🙇‍♀️


そしてそして

わらしべ長者特典に配布した音源


『バラード』について。


この曲は、結成して4〜5曲めくらいにできた曲なんですよ実は。

ものすごく前からある曲で

私たちにとっても大切な曲。

ずっとアルバムに収録せずライブだけでやってきましたが

ついにレコーディングしまして。

cWvsYbxrNN.jpg

vivid undressを結成した時の思いが詰まった曲。

今までずっと閉じこもって自分を守ることに必死だったけど

vivid undressというバンドを通して

『誰かのために生きていきたい』

と願って書いた歌詞。

この曲を持ってきたのはリーダーのしゅんちゃん。

バンドとしても奇抜なことをしようという方針があった頃だったので

当時の関係者はあまり乗ってくれなかったんだけど、

私が

「この曲すごくいいからどうしてもやろう!!!」

って

当時いたプロデューサーの意見を無視してしゅんちゃんの家でメンバーみんなで寝ずに徹夜で作った曲。

懐かしい〜な〜〜〜。

ライブでもこれからもっと積極的に歌っていきたい。

配布時には歌詞が入っていなかったと思うので

ブログに載せたいと思います。

もらえなかったみなさんにも

ライブで直接

目を見てその場で伝えていきたい。

当時思っていた

『誰かのために生きたい』

という、その"誰か"


まだ姿形の輪郭がぼやけたもので

それはそれは闇雲に歌ってきましたが

今はまぎれもなくみなさんのことだと

私たちが一人じゃないということを噛み締めて歌うことが出来る。

だからね☺︎

本当に感謝してるんですよ。

いつもそばにいてくれて

ありがとうございますね。

きいら。

ーーーーーーーーーー

バラード


知らないこと 多すぎていつも
迷って 疲れちゃって 眠って 朝が来る
差し込んだ 光放って
溶けてく私の淡い願い

宙に浮くのが上手になって
転ばないように 痛くないように
守るものが多い自分は
大嫌いだ 大嫌いだ

壊してやろう 明日を汚して
散らかった箱なんてもう  いらない
白く透き通った肌 立ち込めてく陽炎
何かのために生きてみたいよ
目を閉じて触れた世界

聞き飽きた言葉で溢れた
胸の奥にある 消えない気持ち

先回り 遠回り 空回り
迷い 舞い降り 間違い探し
辿る傷跡はもう消えないから

綺麗なものだけ信じたくて
だから小さな嘘に怯えて
塞ぎ込んでは何度も自分を殺した
届かない声を抱きしめて
遠い遠い星を見つめていた

壊したかった
明日を・・・この世界を・・・
おとぎ話はもう
おしまい

壊してやるよ 失ったとしても
誰も明日の私を知らない
消えてしまいそうな空
星が照らしてくれた
誰かのために生きていたいよ
目を覚ました私の世界


ーーーーーーーーーー




お元気ですかー!

きいらです。

ついに明日は1年ぶりのワンマンライブ。

待ち望んでましたよ〜〜もぉ〜〜〜。

やっとやっとみなさんに会える日。

久しぶりに会える人、はじめましての人、

みなさんどんなお洋服着てメイクして来るのかな?

どんな表情してくれるかな?

笑ってくれるかな?

泣いてくれるかな?

って

想像するだけでめっちゃはっぴーだよ。

と同時に多少の緊張感もあるよ。

そしてなんと私たちは結成5周年を迎えましたからね。

振り返ってみれば

メンバーと5年間も一緒にいたんですよね。

始めて出会った日を鮮明に思い出します。

ゆうやんは私の弾き語りライブを見に来てくれて

ステージが終わった後に初対面を迎えた。

ものすごくキラキラ笑顔で挨拶してくれたのを覚えてる。

今でも目がなくなるほどニコニコ笑うのは変わらない。


しゅんちゃんとの初対面は下北沢の道端だった。

集合場所に向かう途中にばったりと。

初めて会った時から堂々とした人で

今でも自信に満ち溢れているとこ、尊敬する。


りおさんとは私がバイトしてたライブハウスに

当時りおさんがやってたバンドが出演したのが初対面。

とにかくおネェだったことと(笑)、

「あんら〜しっかりしてるわね!」

って言われたことを覚えている(笑)

いまでもおネェでムードメーカー。

全員あの頃から根本のキャラクターは変わっていない。

でも、私たちの目に見えない何かは大きく変化していった。

それぞれがvivid undressというバンドと向き合っていく中で

大切だからこその衝突もたくさんあった。

もう顔も見たくない声も聞きたくない時期もあった。

きっと、こういうときに世のバンドたちは終わっていくんだろうなぁ

という瞬間が何度も訪れた。

それでもこのバンドを続けたい理由は

音楽だった。

このメンバーでしか出来ない音楽を信じてきた。

目に見えないものを信じることって

相当しんどい。

いつ咲くかもわからない花に水をやり続けることって

よく考えてみれば狂ってると思う。

そもそもこの種に命はあるのか

咲いたとしてもその花は美しいのか


でもきっと私たちにはそんなこと関係なかった。

このメンバーで生み出す音楽が、ライブが、

好きだった。

楽しかった。

私たちが作ってきた、作っていく音楽って

今まで私たちが積み重ねてきた人生なんです。

それを好きだって言ってもらえることって

私たちが今まで生きてきた一つ一つの瞬間を

肯定してしてもらえてるようで

みなさんが思うよりも私たちは

みなさんに救われています、

それはそれは、何度も何度も。


私自身、本当に難しい性格で、

自分の中に住んでる感情オバケを

中々飼い慣らす事が出来ず

一番そばにいるメンバーに何度も迷惑をかけてきて

それでもずっっっと根気強く一緒に向き合ってくれて

一緒に一つの音楽をしてくれることが本当にすごいと思います。

こんな荒くれ者で、気が強くて、弱くて、

突拍子もない私といてくれるメンバーが

本当に我慢強くて情深くて、優しくて素晴らしいって思います。

いつも感謝してます。


結成してからの5年間

たくさんの人と出会って

たくさんの人を失った。

生きることってなんだか よくわからないまま

とにかく前に進んできて学んだことは

限られた時間の中で

一つしかない私の身体で出来ることって

ほんの一握りだから

守れるものも限られていて

無理に全てを手に入れなくてもいいってこと。

自分が本当に大切にしたいものだけ

自分なりに精一杯守っていけばいい。

全ての人に好かれなくたっていい。

全てを器用にこなせなくたっていい。

自分が出来ることを

精一杯やればいい。

細かいことは気にしない。

気にしてる暇なんてない。

私たちは大切なものがなんだか

ちゃんとわかってる。

見えないことをまだ馬鹿みたいに信じてる。

だからまだまだここにいる。

自分たちが選んできた選択に

付いてきてくれる人たちがいる。

そこにしっかり責任持って明日は代官山に向かうからね。

もう悲しい思いはさせないと誓った1年前。

約束はしっかり守りますから。

明日はみんなに思いっきり楽しんでほしいです☺︎

遠いとこから来てくれる人もいるんでしょ?

どうか気をつけてきてね。

荷物は少なめにね!

今しかない今を

目と記憶に焼き付けて

同じ楽しい思い出を残していこうね。

明日、会えるのを楽しみにしていますね。

いつも本当にありがとう☺︎

きいら。






ー私たち、これでよかった。



この曲はサヨナラのその後。

例えリアルな夢を見たとしても

夢は所詮夢であるように

あの人と過ごした時間も

夢だったと思えばいい。

目覚めて朝になったのなら

これから私は現実を生きていく。

ただそれだけのこと。



それにしてもいい夢だったなぁ。

ちゃんと幸せにしてもらったなぁ。

今でも思い出すと笑っちゃうくらい

楽しかったことたくさんあったなぁ。

あ、でもほら、夢だったから。

歯を磨いて、パジャマを脱いで、メイクをして、

仕事に行かなくちゃ。遅刻しちゃう。



渋谷はいつも人が多い。

人の多さで

なかなか上手に真っ直ぐ歩けない。

まるで私の人生みたいに。

こんなにも人がたくさんいるのに

知っている人が見当たらない。

ぎゅうぎゅうの電車に運ばれる。

いつも決まった場所との往復。

誰かの話し声、車の音、信号の音、ストリートライブ、キャッチ、勧誘、街頭インタビュー、

街を埋め尽くす雑音は

全部ひっくるめて東京のテーマソング。

忙しい日々は瞬く間に過ぎていく。

あれからどのくらいたったのだろう?

数えるのもなんだかめんどくさいや。

今頃あの人はどうしているんだろう。

お菓子ばっかり食べてないかなぁ。

寂しがり屋をお酒で紛らわして潰れたりしてないかなぁ。

私に向けてくれた優しさは今頃

他の可愛い女の子に注がれているのかなぁ。

あの人とサヨナラした季節が来る頃。

私はどうしてもあの人の笑顔を思い出してしまいます。

私があの人をふと思い出すように

あの人も私をふと思い出したりしてくれるのでしょうか。



・・・なんてね。



あるわけないか。

ないよね。

ないよ。ないない。

あぁ、眠いなぁ。





また夜が終わる。

朝になったらアラームで起きて

歯を磨いて、パジャマを脱いで、メイクをして、

仕事に行かなくちゃ。遅刻しちゃう。

遅刻しないように

東京の速度に置いていかれないように

頑張ってるよ。

夢みたいな思い出と

何度も何度もすれ違いながら

私たちはちゃんと進んでいる。



大丈夫。

私たち、これでよかった。



ーーーーーーーーー

スクランブル

作詞:kiila 作曲:rio,kiila 編曲:vivid undress


ねぇ、いま頃君はどうやって
孤独な夜を乗り越えているの?

君の部屋に置いていった
愛は冷蔵庫の中で腐敗しているだろう
ダンボールに詰め込んだゴミは
多くて持っていけないから
捨てていくよ

長い夢を見ていた
やっと夜が終わった

君の作った新曲は
もう最速で聴けないな

ねぇ、あの頃の私はずっと
何をしていたって一人だった
君の才能が寂しくて
何度も君の名前を呼んだ

無意識に歩いていた
小田急線
「あ、間違えた」
記憶が鮮明にこみ上げ
悲しい歌がこぼれ落ちた

あれからずっと君に似た人を
見つけては息が止まった

触れる風も喧騒も
冷たくて
冬が来たんだ

ねぇ、あの頃の君はいつも
私といる時も一人だった
形なんてなくてもよかった
秘密を守るのは得意なんだ

重い瞼 午前3時
開けっ放しの窓から
雨の匂いがした
朝が来たら歯を磨いて
何事もなかったような
街は今日を置いていくんだろう

ねぇ、私たちこれでよかった
時計は速度を上げて進んだ
街ですれ違った歌声は
私の知らない人だったんだ


ーーーーーーーーーー

↑このページのトップへ