こんばんは、奥森皐月です。
本日5月9日で18歳になりました、そして同時に成人しました。





応援してくださっている皆様、そして私と関わりがあるすべての方、ありがとうございます。
皆様のおかげで、晴れて成人を迎えることができました。


ずっとずっと大人になることが希望で、はやく大人になりたくて仕方がなかったこれまでの日々。
こどもにはこどもなりの自由がありますが、私がやりたいことにおいては大人であることが自由につながると思ってきました。

成年年齢が引き下げられたばかりですし、昨日も今日も変わらず高校生。
いますぐに「大人」になれるとは微塵も思っていないです。そもそも大人という言葉自体が非常に曖昧だということも感じています。

けれども1人の社会人として、ようやくスタートラインに立てたような実感はあります。


芸能界に入ってから14年以上経ちました。
これはつまり、仕事をする大人に囲まれながら1人の人間として14年間働いてきたということになります。

24歳で就職していたら、もう40歳に近いくらいの時間仕事をして過ごしているのです。スタートが3歳だったというだけで。自分でもかなり長いなぁと思います。

企業に就職するのとは全く違いますが、社会に出るという大きな捉え方をすれば同じことです。


こどもだろうが仕事をするからには私には責任がある。いち社会人として仕事を全うしなくてはならない。

芸能の仕事をはじめて間もないこどもの私に、両親が私に繰り返し教えてくれたことです。
本当に大切なことを、幼い私にきちんと伝えていてくれたことを改めて幸せに思います。


仕事をしていれば、当然大変なことやつらいこともあります。理不尽に感じることだってありました。
しかしながら、それを大きく上回る楽しさや喜び、充実感を感じて芸能界をやめることなく今日まできています。

これは、私がお仕事で携わる方々に本当に恵まれていることと応援して見守ってくださる方々の優しさが起因していると思います。私ひとりの力ではないです。

感謝の気持ちでいっぱいで、常日頃からどうしたら恩返しできるものかと考えています。

そしていつも同じ結論にたどり着くのです。私がもっともっと活躍して、多方面に私のことが知れ渡って、私を支えてくれる人が「奥森皐月」と関わりがあることを誇れるようになること。

自分でもキモいと思いますが、この結論には11歳くらいの頃からたどり着いています。じゃあもっとはやく活躍しろよ、という話なのですが。

ここで「こども」が少し足枷になることに直面します。
あくまでも、学生(特に義務教育)のうちは学生が本分であるということ。

私がいくら仕事を頑張りたいと思っても、まずは小学生・中学生を全うしなくてはならないのですよね。とても当たり前のことです。

当たり前だとはわかっていても、悔しさを感じることが何度もありました。もっと挑戦したい、もっと働きたいと思っても現実的に不可能なので仕方がありません
そのような局面が訪れるた
び、「はやく大人になりたい。たくさん働いてみたい」と思うのでした。


今思い返すと、私は未成年を全力で走りきれたと思います。
若干の不自由も活かして、「そのとき」にしかできないことをすべて「そのとき」にできました。

なりたい、やりたい、と思うこともほとんどできました。

お芝居をして、歌って踊って、自分の言葉で話して、憧れていたおはガールになれて、会いたかった人にも次々に会えて、モデルのお仕事もできて、冠番組が持てて、「好き」がどんどんお仕事に繋がって、文章を書くお仕事もいただけて、大きな目標だったラジオパーソナリティになることもつい先日叶いました。

自分でも驚くほど、思ったとおりに人生が進んじゃっています。もう少し停滞することも想定していましたが、見くびってはいけませんね。


ここからは、また新しい旅に出るような気持ちです。
今までの延長線上ではありますが、志も目標もより高く猛進するつもり。

「頑張ります」も「努力します」も言いません。言葉よりも行動で示す方がカッケーので。
私はいつだってカッケーかどうかを重視します、今後はもっとカッコよくなりたいよ。なるよ。







18歳の誕生日を迎え、両親から一冊の本をプレゼントして貰いました。

これは、母のお腹に私がいる頃の半年間の日記・記録の本。可愛いデザインとおもしろい文章で、私がまだ見ることのできなかった世界が1冊に綴じられています。最高にイカした家族です。

ボリュームたっぷりなのでまだ読みきれていませんが、ひとつ印象的な部分がありました。


「生まれてきた子に将来こんな職業を選んでほしい!なんて希望はあるか」という項目にて。

父「どの職業というのはないが『スペシャリスト』になってほしい。あとは充実感を持てる仕事をしてもらえば言うことなし。」
母「『手に職』とは思う。一生同じ仕事はいまの時代無理。とにかく、状況を素早く判断して臨機応変に、自立できれば何でもよし。」


とのこと。私の大好きな父と母らしい答えだと思いました。
世の中には、子の望むことに対して反対する親がたくさんいるのに。そのような考えが一切なくて、本当にこの父と母の元に生まれることができて幸せだと改めて感じます。

これに限らず、父と母のシンプル且つ自由な発想や考えは私の根幹にあり、最も影響を受けている人物であることは間違いありません。いいプレゼントを貰いました、一生大切にする。

たくさんの愛と優しさと厳しさとお笑いを私に与えてくれてありがとう。
特にお笑いをありがとう。

胸を張ってスペシャリストを名乗りたいし、大型台風がきてもビクともしないくらい自立したいです。します。





誕生日ブログは今年で4回目。
「十五志学」「破瓜之年」「未成年者」ときて「前途洋洋」です。

なんだかんだLINE BLOGも5年くらい更新し続けているなぁ。
どの時代の私もそこそこおもしろいから、もしよかったら昔の記事も読んでくださいな。無料だし。



やりたいことは全部やるし、大好きな芸能の仕事で生きいくことを目指して今日からも進んでいきます。まだ高校生ではあるのですが。
どんなお仕事も頑張りたいので、何でも奥森皐月にやらせてください。

18歳になった奥森皐月も応援してやってもいいぜ、という方は引き続き宜しくお願い致します!


↓水曜日までは奥森皐月(17)のラジオが聴けます、タイムフリーでぜひ。


こんばんは、奥森皐月です。



「申し訳ねぇ〜」という感情を抱えながら遊ぶのは、ただ遊ぶときより楽しく感じてしまいます。

キラキラした女性や素敵なショップ店員さんが全方位に存在する場所(ルミネエストとか、ルミネエストとか)を歩くときがまさしくそう。

私は基本的に深夜ラジオかPodcastを聴きながらでないと移動できないので、ルミネエストに似つかわしくない内容を耳からドロドロ流し入れています。

申し訳ねぇ〜と思いながら、ダイソーで買ってきたスパンコールを皮膚に貼り付けて何とかキラキラ女性然とした歩き方をします。コレ楽しい。

あとは、知らない土地の「地元民に愛される喫茶店」らしき場所を訪れてクリームソーダを頼むのも同じ楽しさです。

店主と常連客によって構築されたなじみの空気に飛び込む申し訳なさ、コーヒーを頼まない申し訳なさの先に喜びがあります。
できることならコレは週3でしたい。

最新の格別によかった 申し訳ない体験は、おもちゃ売り場にある古びた乗り物のおもちゃに恥ずかしげもなく乗ったことです。

お金を入れて、一定時間ゆれるだけの可愛いのりもの。

人気がなくて誰も付近にいなかったのでふざけ半分で乗ってみたら、通りがかったお子さんが私をみて「あれ乗りたい!」と言いました。

すぐにでも交代してあげたかったけれど、お金を入れたあとだったので、しっかり100円分はゆれました。
申し訳ねぇ〜。でも楽しかった。

この「申し訳ねぇ〜」の言い方は、完全に囲碁将棋の根建太一さんです。

あと「いっしょにわんわん」オススメです。




▼文化放送 「奥森皐月の単発ラジオ」
 
念願の初冠ラジオ「奥森皐月の単発ラジオ〜人気パーソナリティになりたい〜」が昨日放送されました!

メールは1000通近く届き、放送時にもたくさんの方がハッシュタグでツイートしてくださって本当に嬉しかったです。

詳しい感想やまた今度の「奥森皐月の公私混同」などでお話ししたいと思います。

皆様も聴いたあとの感想はぜひ、

に送ってくださいねー。もちろんブログやインスタのコメントも大歓迎。


そして何より、 #奥森特番 でたくさんつぶやいてください!
皆さんからの反響はとても大事なので…

またすぐにでもラジオがやりたい!
そして人気パーソナリティになりたい!

ひとまず未成年の終わりに最高の経験ができました。
ありがとうございました!

radikoのシェア機能も使ってどんどん拡散しちゃってください。



▼テレ朝動画logirl「奥森皐月の公私混同」

テレ朝動画logirlにて、毎週木曜日18時に「奥森皐月の公私混同」が配信されています。

しかし今週の配信は5/7(土)18時からとなります!まだ今週分は公開されていないので安心してください。

というのも、今回は先日放送された「奥森皐月の単発ラジオ」に密着した映像が配信されます。

ラジオ収録前後の奥森の様子、ぜひチェックしてみてください。そしてradikoで放送を聴いて、併せてお楽しみください!!



また、公私混同の収録後記も毎月更新中!
最新回は人生初の単独ライブについてたっぷり書きました。

だいぶ時間が経ったので、ウラガワっぽいことも多めに書いています。読み返したらかなりストレートに自分の意見を乗せてしまいました。

たまにはいいか。ぜひ読んでください。





▼集英社 りぼん6月号

最新号のりぼんにて、「ほわころくらぶ」作者のえちがわのりゆき先生とかまいたちの山内さんと鼎談をさせていただきました。

えちがわさんと山内さんは高校の同級生!
私は現役女子高生、そして元りぼんガールのお笑い好きという変わった立ち位置でお話にお邪魔してきました。

お二人の高校時代のエピソードが面白かったです、ぜひチェックしてください!
久々のりぼんでうれしかった〜。



▼公式Twitter

ツイッターを全力でやっています、とにかくフォローしてほしいです。
お知らせと日常の悲喜交々を投稿しています!



▼公式Instagram

インスタも更新中。
フォローしてもらえると嬉しいです。
いいね・コメントたくさんしてね、全部読んでいます。






ラジオ、もっとたくさんの人に聴いてもらいたいなぁ。

スピーカーで流しながら毎日徘徊しようかなぁ。

聴いてくれた人にから揚げもう一個プレゼントしようかなぁ。

聴いてください。

こんばんは、奥森皐月です。


私はパソコンなので充電・Wi-Fiがあるお店ばかりを渡り歩いています。


先日もそういうわけでドトール様に行ったのですが、あまりにもおなかぺこぺこな状態。


照り焼きタルタルのミラノサンド(横長タイプのパンのサンドイッチ)とクロックムッシュ(食パン2枚の間にハムが挟まっていて上にチーズのせて焼いたやつ)とデカアイスティーを頼みました。


ドトールにしては食べすぎ。


店員さんはまさかこれを一人で食べるわけがないと、ミラノサンドを2等分して食べやすい紙袋に入れてくださりました。


わざわざお皿も2つ用意してくださって...



申し訳ない、全部わたしが食うんだ。ごめんなさい。左のミラノサンドも右のミラノサンドも私がたべちゃう。


申し訳なさで、お店を出て仕事に行って、帰りにもう一度ドトールに行きました。


ドトーラーと呼んでいただいて問題ないです。




 



みなさま、ビッグニュースです....


奥森皐月、ついに冠ラジオを放送できることになりました!!


5/4()20時から1間、文化放送での特番!


キャーです。


番組タイトルは

「奥森皐月の単発ラジオ〜人気パーソナリティになりたい〜」



とてもわかりやすいですね、「奥森皐月の単発ラジオ」ですよ。わかりやすい。


ゴールデンウィークの20なんて最高。

「夢が叶った」とかはありきたりすぎて言いたくないので、ここから夢を現実にさせてください!


そして人気パーソナリティにならせてください。


そのためにはみんなの協力が必要!

それはメールをたくさん送ること。


①リアクションメール

②こんな大人になりたい!

③ラジオマニア共通一次テスト

④曲紹介をしたい!

⑤ふつおた


いわゆるネタメールのコーナーもありますが、普通のおたよりや応援メッセージももちろん大募集中です!


また、紹介してほしい思い出の曲などもぜひお送りください。もしかしたら私が曲紹介するかもしれません。


送りやすいものから、なんでも送ってね!

文化放送がパンパンになるまでメールがほしいです。


詳しい内容は文化放送のホームページからご覧ください、頑張る頑張る、応援してね。




テレ朝動画logirl「奥森皐月の公私混同」


テレ朝動画logirlにて、毎週木曜日18時に「奥森皐月の公私混同」が配信されています。



最新回では、「もしも冠ラジオをできるとしたら」のシミュレーションから「実際に冠ラジオができます!」という壮大なサプライズがありました。


スタッフの皆さんやマネージャーさんが本当に上手で、私にバレないようにたくさん準備してくださって..


人生でいちばん幸せなサプライズです、冠ラジオがやりたいと言い続けてきてよかった。

ぜひご覧ください。



また、公私混同はアフタートークもあります。


最新回では、ラジオ決定の喜びを母に電話で伝えました。嬉しすぎて自分から電話かけちゃうばぶ森さつきさん。






18歳になる直前にこんなビッグイベントが待ち受けているとは思いませんでした。


未成年の奥森の集大成にします、そして未来につなげていくぞ...


ラジオがだいすきです。しあわせ。



↑このページのトップへ