■佐々部清監督のこと - 陰翳礼賛~chiaroscuro~
佐々部清監督が急逝されて初七日を迎えた。 3月31日、秋に撮影予定だった映画の資金集めで下関に帰郷されていて心疾患で逝去された。「佐々部組」の残されたスタッフ・キャストたちはキツネにつままれたようだ。もしくは突然悲しみの感情に打ちひしがれる。非常に情緒不安定だ。監督はせっかち過ぎる。 「カーット!! はい、現場移動!」 そんな感じで天国まで逝ってしまわれた。エイプリルフールのジョークとしては1日早い。 さて、なにから書こう。書いてる本人が情緒不安定だからしょうがない。筆(キーボード)の赴くまま、とりとめもなくこの章をつむぐ(たぶん、あとで消したくなる)。 初コンビ作品『群青色の、とおり道』('…
shin1973.hatenablog.com



早坂カメラマンの
このブログ、、、


佐々部監督との想いを、
全てを書いていらっしゃいます。





僕は早坂カメラマンと初めてお会いしたのが
佐々部監督作品
群青色の、とおり道でした。


監督の遺作でもある
大綱引きの恋でもご一緒させていただきました。



撮影中、
早坂カメラマンの



まぁ、素敵なこと!!

むちゃくちゃカッコよいのです。
僕の日記でも写真を載させていただきました。



撮影終了後、


監督とよく

反省会という名の部屋飲みをしていたのですが、
(もちろん反省のハの字もない)
しつこい?




早坂カメラマンのお話になって、、、、



なぁ、イサキ、今日のあそこさ、


早坂ちゃん、今日もありがとだったんだよなぁーーー
良いシーンが撮れたんだよなーーーー


なぁーーー、イサキは分かるだろーーー??




って仰ってました。





笑顔で語っている。。




あそこが、こうなって、こうなったら
早坂ちゃんはこう撮るんだよーーーーー。







なぁ、分かるだろ??イサキーーーー。







。。

。。。




は、はい。。
早坂さん、もちろん素敵だけど。。。








僕、、
そこのシーンにはいなかったよ。





早坂さんの前で言えばよいのに。




照れ屋?








PS

あ、、そうそう。。。



監督、
一期一映という居酒屋に来て
くださる方達が、



到着だよ!!!!


乾杯しましょう!!!!!




なぁ、イサキ、、、


三次会はどこで???


って


言わないように。