フロー図は時系列に沿って使うと、分かりやすくなります

例えば、仕事の段取りを時系列に表したり、
プロジェクトメンバーの役割とスケジュールを表したりすることが多いです