日本時間の9月11日午前3時頃、Appleから2019年モデルのiPhoneが発表されましたね。

その名も「iPhone11」と、「iPhone11 Pro」、そして「iPhone11 Pro Max」の3つ。Appleはどうやら迷走中のようです。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6245.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6241.PNG
廉価モデルとなる、iPhone11はデュアルレンズiSightカメラと12MPとなったFaceTimeカメラを搭載。699ドルという、低価格が売りで、ディスプレイサイズはiPhoneXRと同じ6.1インチ Liquid Retina Displayを搭載。前作よりもバッテリーが1時間持つようになりました。

もちろん、中身もアップデート。SoCはTSMCが製造するA13 Bionic。世界で1番早いスマートフォン向けCPUを豪語しています。ニューラルエンジンとCPUコアに内蔵された人工知能アクセラレータが1秒間に1兆回の計算を可能にしました。おそらく、LPDDR4Xメモリを3GB搭載。

そして、フラッグシップモデルのiPhone11 ProとiPhone11 Pro Maxはコントラスト比が向上したSuper Retina Display XDRを搭載。電力効率が向上したことにより前作より5時間バッテリー持ちが良くなりました。ディスプレイサイズは前作と同じ5.8インチと6.5インチ。カラーバリエーションは4色展開となりました。

Apple WatchはSeries5へと。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6235.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6234.PNG
新しいディスプレイは、常時点灯します。バッテリーは前作と同じ18時間。一日中Apple Watchを使えます。また、新たにチタン製のケースも登場しました。


今回のApple、だいぶ迷走中の模様。来年のiPhoneは、SoCの製造プロセスが5nmとなることが予想されていることから、「待ち」の判断もありです。

以上、Norimodoがお届けしました。