リハだった。
新宿だいすき。新宿に住んだら、事務所から伊勢丹くらいまでの距離を行き来するだけの人生になるかもしれない。


_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5271.HEIC

なんとなく家を出るときに「今日は久しぶりに赤い靴を履きたい」と思い靴箱から引っ張り出してきたら、3人とも赤い靴だった。みんな滅多に履かないのに。アベくんに関しては昨日Amazonから届いたらしい。そんなことあるんだね。


_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5272.HEIC

いいよね。



最近のバンドの課題として、最近ライブでやってないような昔の曲なども改めて練習してみようという趣きがあるので、ひたすら演奏する。
こうしてやってみると色んなパターンの曲を作ってきたものだ。曲ごとに演奏の意識のスイッチを派手に切り替えなければならないので、精神を分裂させて演奏している。


改めて昔の曲など演奏してみると発見があるものだ。このときおれはこんなことを考えて、こんなことを許せなくて、こんなことを喜んでいた、なんて風に、昔の歌を歌うと昔の自分に会える。


特に『苺苺苺苺苺』の曲なんてそうで、あんな風に演奏することはもう出来ないのだ。そしてそれは良いことだ。変化しないなら死んだも同じ……転がる石に苔生えず……だから今が最高!と、おれら転がって行こうぜ……。


しかし、あのファーストアルバムが出た時点である種おれたちの狂人としての歩みは決定付けられているんだなー。色々頭捻ってはみたが、最近はポジティブに諦めた。おれは、狂人。お前も。


というのも、色んな曲を演奏していて、演奏技術が向上しても何故か上手くいかない昔の曲にぶち当たったからだ。
曲が、ソウルスクリーミングしていねえ……。


というわけで、スタジオで「生と死」について話し合う。
アベと夏目は10年近くおれのことを見ているので、もう今更話すこともないが、ドラマーが変わると、バンド内の共通言語を増やさなければならない。


「いいですか、『死』は、悲しいことではありません、うれしいことでもありません、そこに、ただ"在る"ものなのです……」
とスタジオのカウチで話すおれ、静かに頷くメンバー。
30分後、演奏は良くなった。乾杯。


「この話、音楽に関係あります?」
「いや、これは音楽そのものです」

こういうやりとりで崩壊した人間関係が沢山ある。過去、おれたちと言語を共有出来ずに辞めていった奴もいる。
死生観を擦り合わせて演奏が上手くなるんだったらクリック練習とかいらねーじゃん、ってお前、こういうのがグルーヴになるんだっつーの!おれはグルーヴのグの字も知らないけど。バンプのスタジオでみんながゴハン行くときにドラムの升秀夫が「練習しなきゃだから……」ってスタジオ残ろうとしたら「お前はドラムとバンドやってんのか!」みたいに藤原基央さんがキレた話しらねーのか!演奏ナメんな!
みたいな話が通用せず去っていった皆様……お元気ですか。


言語を用いないコミュニケーションこそバンド演奏……なんて、今日はバンドマンらしいことを沢山書いてますけど。
でもフィロソフィーなきバンドに奥行き無しって感じで、そもそも演奏で◯◯を表現したいとか言うやつの◯◯観が薄っぺらである限り面白味なんて生まれるわけないじゃんね。偉そうなこと言ってすみません。
死をテーマにするのに、よく言われるような「死は怖いです」くらいしか考えなければ、考えが浅いんだなあくらいしか伝わらないんですね。鬼気迫るものなんて、ないですよね。
エンターテイメントでしかないけど、それでも芸術なんだから、人間の精神を大幅に拡張する救いあるこの音楽というものに対して、我々は真実と美をもって追求しようではありませんか……。などと話す3人に囲まれるサポートメンバーの気持ち、おれはよく分かるよ。「恐怖」です。


それでも真面目に聞いてくれるのはすごくうれしいです。改めてそういうものを歌に込めたりすることの喜びを感じた……。



改めて古い曲を、新しい人とやることによって、『苺苺苺苺苺』リリース当初のメラメラが蘇ってくる。あの頃は、こういうことばかり考えていた(それでみんないなくなりアベと夏目しか残らなかった)今あの当時の風がおれの中に吹き荒んでいる……。長らく止んでいた風が……。そしてこれがきっと最後だろう……おれはまだちゃんとした大人になれていなかった……。


最終的に、「無我だ!無我やるぞ!」とバンドで音を出す。そんな無我は、無い。おれたちはテニスの王子様を読んでいる。
しかし、踊りというものが身体を神に捧げるメディア(語源的な意味でも)だということも踏まえて考えると、音楽も無我の境地に至るのは必然であります!練習あるのみ。ヨヨイノヨイ。


_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5282.HEIC
(謎の穴に指を通して喜ぶアベマコト)


スタジオから出て機材を片付け、その後4時間喫茶店で「生と死……聖と俗……ケガレ……」など話しあっていた。最早死にたい人たちだ。


本日はシャンシャンの2歳の誕生日。
しゃんしゃん!しゃんしゃん!!!大好きだよ。おめでとう。長生きしてね。


あたしももうすぐ誕生日。大学生の頃みたいな話を沢山して、恥ずかしくなった一日だった。



ハブ・ア・ナイス・デイ



🎈Theピーズ / 映画(ゴム焼き)





2019
06.29
sat
新宿LOFT
ポップしなないでpresents「そそげ!ドンペリ」
共演:ポップしなないで 、東京カランコロン、ラブリーサマーちゃん
開場/開演:17:30 / 18:00
前売/当日:¥3,200 + 1Drink / ¥3,700 + 1Drink
チケット一般発売中
ローチケ(L:74186)
e+


2019
07.16
tue
郡山CLUB #9
神聖かまってちゃん「幽霊少女ヨーホーヨーホーツアー」
共演:神聖かまってちゃん
開場/開演:18:30 / 19:00
前売/当日:¥4,300 + 1Drink / 未定
チケット一般発売:5月25日(土)10:00〜
チケットぴあ
ローチケ(Lコード:22887)
e+



2019
07.26
fri
滋賀B-FLAT
挫・人間 presents 城下町ワイワイワールドvol.2
共演:眉村ちあき
開場/開演:18:30 / 19:00
前売/当日:¥3,000 + 1Drink / ¥3,500 + 1Drink
チケット発売:5月18日(土)10:00〜
湯仲間直売所
チケットぴあ
ローチケ
e+
お問い合わせ:清水音泉(06-6357-3666)※平日12:00〜17:00
※未就学児童のご入場はお断り致します。 




2019
07.27
sat
広島CAVE-BE
セックスマシーン!!リリースTOUR2019「夜を越える」
共演:セックスマシーン!!、アシュラシンドローム
開場/開演:17:30 / 18:00
前売/当日:¥2,500 + 1Drink / ¥3,000 + 1Drink
チケット一般発売中
チケットぴあ(Pコード:147-780)
ローチケ(Lコード:63057)
e+



2019
07.28
sun
福岡Queblick
セックスマシーン!!リリースTOUR2019「夜を越える」
共演:セックスマシーン!!、アシュラシンドローム
開場/開演:17:30 / 18:00
前売/当日:¥2,500 + 1Drink / ¥3,000 + 1Drink
チケット一般発売中
ローチケ(Lコード:83744)
e+


    糸冬                            ---------------