_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6776.JPG
こんばんは!
今日はどんなに大変な悩み事も「いいよ!」と言ってもらえるテクニックをお教えします!

人は、1度条件を飲んでしまうと、その後では断りにくいという心理が働きます。

アメリカの心理学者であるチャルディーニは、大学生を対象として以下のような実験を行いました。

最初のグループには、まず「心理学の実験に協力してください」と告げて承諾を得る。

その後、「実験は、水曜か金曜の朝7時から始まるので遅れないように来てください」と告げる。

次のグループには、「水曜か金曜の朝7時から始まる実験に協力してください」と告げる。

その結果、実験を行う日時が同じ条件であるにも関わらず、最初のグループは56%が承諾したのに対し、次のグループは31%しか承諾を得られなかったのです。

このように、受け入れられ安い要求で承諾を得ておいて、後に要求を吊り上げていくテクニックを「ローボール・テクニック」といいます。

相手がキャッチしにくいハイボール(高い球)を投げる前に、容易にキャッチできるローボール(低い球)を投げ、徐々に相手に要求を飲ませていくという意味です。

人は多くの場合、自分の言葉や行動に一貫性があると見られたいと思っています。

そのため、一度承諾した要求は、多少条件がつり上がっても飲まざるを得ないと考えてしまうのです。

マクドナルドの低価格戦略や大阪のスーパー玉出なども、「ローボール・テクニック」の一種だと思います。

低価格のモノに惹かれて入店したものの、気を使ってついついほかの商品も買ってしまうという人は多いはずです。

相手に高い要求を飲んでもらうためには、まずはローボールから攻めることが有効です。

まとめ
安い条件で引き寄せ、高い要求を承諾させよう!

以上です。
ご拝読ありがとうございました!