_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6665.JPG
こんばんは!

みなさんお気づきだと思いますが今日の画像↑は一味違います!

実はTwitterで知り合ったFujiko(@K274Fujiko)さんに作ってもらいました!
ありがとうございました!

今日は集団の団結力を最大まで高める方法について書いていこうと思います!


学生時代などに、普段は大してまとまってないようなクラスが、何か行事があるととつぜん一致団結したという経験がある人は多いと思います。

これは、普段まとまりのない集団でも「共通の敵」「ライバル」がいると団結力が強くなる傾向があるためです。

「ライバルに勝ちたい」、「絶対に負けたくない」といった欲求を集団が共有することは、組織のモチベーションを高め、能力を向上させる原動力になるのです。

ただし、すべてを「勝ち」と「負け」で判断し、自己の集団と対立するもの全てを「敵」や「ライバル」と言った概念で捉えること、これは非常に狭い価値観だと思います。

そのような狭い価値観にとらわれると、異なるる集団や見知らぬ人々の中で安心考えられなくなり、慣れ親しんだ集団の中に閉じこもるようになってしまうこともあります。

そのような個人や組織が、変化の激しい現代社会の中で成長していくのは難しいでしょう。

組織は、新しい考え方や多様な価値観を受け入れ、分析し学習することで、どんどん可能性を広げ、競争力を蓄えるべきなのです。

そのためには、「共通の敵」を作りながら、その集団の「何にどう勝ちたいのか」を明確にしたり、「この部分は負けない」ということを決めたりすることが重要です。

そして、ときにはライバルからも学び、盗むくらいの度量の広さや柔軟さ、「ズルさ」を身につけるべきだと思います。

まとめ
無理やり共通の敵を作って、
組織のライバル心を高めよう

以上です。
ご拝読ありがとうございました!