_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6627.PNG
こんばんは!

「やる気が出な〜い」「モチベ上がんねー」そう言ってなかなか行動しない人っていますよね?

今日はそんな人のモチベーションを最大限まで引き上げる方法について書いていきます。

学校の教師や学習塾の講師など、教える立場の人間にとって「大事なことは3回繰り返す」というのは共通のテクニックのひとつです。

どれだけポイントを強調したところで、生徒の理解度は驚くほど低いということを教師たちは体感的に知っています。

だからまず教科書を読みながらポイントを説明し、同じことを黒板に書いて説明し、さらに生徒に朗読や復唱させながら説明します。

こうしてはじめて生徒の学習にも目に見えた効果が表れてくるのです。

アメリカのケント州立大学で行われた面白い実験があります。

ある映像を見せて、登場人物が素手であったにもかかわらず「あの手袋をはめた人物が〜」、「指紋を隠すために手袋をしていて〜」と事実と違う情報を印象付けようとしました。

すると、1回だけ歪んだ情報を教えられた集団よりも、3回繰り返された集団のほうが6倍以上も登場人物が手袋をはめていたという間違った記憶に支配されたそうです。

これを応用すれば、他人のモチベーションを最大限まで引き上げることができます。

例えば上司が「君は将来有望な部長候補なんだよ」と言ったとしましょう。

これだけではもちろん部下もただのお世辞だと思い本気にはしないでしょう。

しかし、似たような切り口で続けて褒めてみたらどうでしょうか。

「さすがだな。部長になっても頑張ってくれよ」
部下は半信半疑ながらも「もしかして本当に評価してくれているのかな?」と思い始めます。

そこでさらに繰り返します。

「部長になったら何したい?」
ここまでくれば部下も完全にその気になってしまうでしょう。

そして「この会社でもっと頑張っていこう」とググッとモチベーションを上げてくれることでしょう。

このように同じことを繰り返すだけでモチベーションを大きく向上させることができます。

ぜひ、皆さんも使ってみてください。
ご拝読ありがとうございました!