_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6599.PNG
こんばんは!
今日は日常にありふれたお得感がもつ力の強さについて触れていきたいと思います。

「お値段はなんと!2万円を切って1万9800円!」
テレビの深夜番組などで、司会者が大声でこんなセリフを張り上げると、観客からは決まってワーッ!と歓声が上がる、なんてことありますよね?

通販番組だけではなく、コンビニやスーパーなど、世の中には価格の端数が「8」の商品が溢れています。

「8は末広がりで縁起がいい」という理由もありますが、実は、この末尾の「8」には消費者にお手頃感やお買い得感を与え、購買意欲を刺激するという心理効果があるのです。

アメリカの研究者が行った非常に面白い実験があります。

通信販売でドレスの価格調査をしたところ、通常34ドルのドレスを39ドルに値上げして販売した方が、注文数が3倍以上に増えたというのです。

日本でいう端数「8」は、アメリカでは「9」です。
この実験でわかったことは、人は価格の安さよりも「お得感」に釣られる傾向があるということです。

言い換えれば、端数が「8」や「9」の商品はぼったくられている可能性が否めないということになります。

端数「8」の商品は割引ではなく値上げされているものだと思うようにしましょう。

また、このトリックは、端数にするだけで無意識のうちに消費者に売る企業・店のいいイメージを植え付けているのです。

たとえば、本来1500円の商品を1980円で売るとする。消費者はまさか値上げされているとは思わず2000円の商品が値引きされてると無意識に思い込む。

つまり、企業側が出来るだけ安く商品を提供する努力をしていると消費者は勘違いし、「安くてハッピーだしいい企業ね!」となるわけです。

たとえ戦略とうすうす気づいていても、消費者はなぜか「8」に引かれてしまう。それだけ人は「お得感」に弱いということなのです。

今日は身近なところに使われている「端数価格効果」というものについて書いてみました。
ぜひ日常に活かしてみてください!

ご拝読ありがとうございました!