_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6485.JPG
こんにちは!
今日は人を思いのままに動かすテクニックについて書いていこうと思います。

人に何かを頼んでもイマイチやる気を出してくれない。そういうことってありますよね?

そこで今回は、人に「頑張ろう!」と思って貰える頼み方をお教えします。

まず分かっておいて欲しいのが男女にはいろんな面で違いがあるということです。
男女の性差を考えずに行動を起こすと、気付かぬうちに異性を傷つけてしまうこともあります。

では、どのように頼むのが効果的なのでしょうか。
まずは上司が男性の部下に仕事を頼む時を例に話していこうと思います。

「この調べ物、急ぎでお願いできないか?」
と上司に言われた部下は、会社の都合を考えて
「はい、わかりました」
と引き受けてくれることが多いと思います。

ここで一言付け加えるだけで、男性のやる気やモチベーションは大きく変わってきます。

「頼んだぞ!お前を信じてるよ」
など、青春ドラマのように励ましてみてください。
おそらく男性は奮起してやる気をアップしてくれることと思います。

女性に同じように頼んだ場合はどうでしょうか。
このような頼み方をするとおそらく、
「自分の仕事の都合も考えず、なんて急なことを言い出すんだこの人は」
となり、上司への信頼度が下がり、モチベーションだって落ちていってしまうでしょう。

だから上司は、それを見越してしっかりと説明し、今の仕事をほかに振り分けるなりスケジュールを調整するなりして、きちんとお願いするのがいいと思います。

さらに仕事が終わった時にはお礼を忘れないで欲しいです。女性は、上司から気にかけられている、気遣われている、正当に評価されている、などといったことを敏感に感じる生き物なのです。

女性相手には頭ごなしに「〇〇しろ」と命令口調で指示したりせず、「〇〇をお願い」と頼むのが効果的だと思います。

男女差別だなんだと色々騒がれるご時世ですが、男女の性差というものは確実に存在します。
何も考えずただただ平等に扱うのではなくそれぞれの性別、それぞれの人間に合わせたコミュニケーションを取れるようになれば、人間関係も良くなっていくのではないかと思います。

皆さんもこういったテクニックを使って見てはいかがでしょうか。
ご拝読ありがとうございました!