福岡では右スピーカーの真ん前ということもあって、右耳に耳栓をしての観覧。

名古屋も割と右寄りのポジション。

大阪は安定の配置番号のため、会場中央へ。梅田クアトロは元々映画館だったので、ステージが高く柱も無いのでフロアから見やすい。で、やっぱり真ん中で聴かないとバンド全体の音がわからないんですよね。3会場目にしてやっと新バンドの真の姿を見た感じ。

向かって右奥にドラム・右前にベースと低音楽器が右に寄っているので、実は先の2公演では特にギターの音が薄く感じていました。

何曲かの制作にも携わっている八橋さんの円熟味ある音色。セミアコの音って瀧川さんの曲調にマッチしていて、力強さとノスタルジックを行き来する感覚が心地よかったですね。

そして、年を越しての東京ファイナル。

間隔を詰めた先の3公演から約1カ月。この時間がどんな影響をもたらすか、というのは全くの杞憂でした。毎度驚かされるというか、瀧川さんはファイナルになるとグッと仕上げてきます。ご本人の声はもちろん、バンド全体の仕上がり具合が凄まじい!

なおみち(岩崎なおみ)さんの小気味好いベースとすっきりとしたハモり。

まいまい(今村舞)さんの、時に楽しく、時に情感のこもった躍動感あるドラム。

あらぽん(荒幡亮平)さんの、ふんわりした雰囲気の中でも、これまでの曲に新たなエッセンスを加えたシンセアレンジ。

やっ(八橋義幸)さんは、このバンドをぐっと引き締めるように静かに、それでもグンと曲を輝かせるギター。

さらに、このO-EASTという会場の演出は本当に素晴らしかったです。

ここでもフロア中央の柵のところにいましたが、まず音響がいい!吊りスピーカーながら高音から低音までしっかりと鳴る。ライブでありながら曲をしっかりと聴くことができると思いました。この周辺にあるグループの他会場とも圧倒的に差がある感じ。

そして照明!皆さんのツイートでもかなり触れていらっしゃる方が多いのですが、『銀河鉄道の降り方』のDメロでは瀧川さんに後光が差しました。開演前に感じていたステージの奥行きの広さ。これによって、より立体感のあるライティングになっていて、曲それぞれの雰囲気をより明確に表現されていました。観ていてゾクッとするような瞬間がなんどもあって、先ほどスタッフさんがツイートされた会場写真のように、ホール全体が一気に真っ赤に染まるような演出なんかも印象的でした。

瀧川ありさという人は、たぶん本格的に歌モードに入ると、ズンと真っ直ぐになる。伝わりにくいと思うけど、ハンドマイクで歌っていてもあまり移動しない。客席を大きく煽ることもあまりしない。センターマイクに真っ直ぐ向かって、ひたすらに曲の世界を築いていく。アップテンポの熱い曲も観客の熱量と演奏の力強さとを重ね合わせていくことで盛り上げていく。このファイナルでは特にそんなことを感じました。ツアー途中の瀧川さんのツイートで「意志と呼吸を感じに来てください」と言われていたように、その瞬間に込められた曲への意志や、曲の間の息遣いまでをも含めた「この一曲」への思い。昨年の多くの時間をライブに割いた経験を、今年さらにパワーアップさせていくような、そんなステージでした。

長く書いた割に、バンドメンバーさんへの文量が短い

いや、もうそれ始めると大変だから、締めます。

ということで、2018年が瀧川ありささんと、ここに関わっていただく方々と、もちろんありさーの皆さんにとって、歴代1位級の幸せいっぱいな1年になりますように。

って、最後は自分の写真あげるやつ…

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5306.JPG

ツアーファイナル!
年始にファイナル!
これ、結構おめでたい。
駅伝とかサッカーとかラグビーとか色々なイベントって、割と元日〜決勝で、さらに言えばまたここから次の決勝へ向けて動き始めることにつながる。

ま、そんなことはともかく、ライブのお話。
昨年末の福岡〜名古屋〜大阪で密度の高い4日間を過ごしながら何も書けずにいたので、だいぶ忘れたよね

福岡。
新バンド初めてのお披露目でもあって、緊張感もありました。しかし、冬ツアー皮切りの曲は『Never Ending Crawl』! 夏感たっぷりのスタートで、一気に会場が温まりました。

個人的にグッサリとやられたのは『黒板』。
メジャーデビュー前からアコースティックでは何度も聴いてきた曲ですが、ついに…

ギター交換をして、水を飲んで、ゆっくりと客席に向き直ると、しばしの沈黙。

すっと息を吸い、ギターの1ストローク。そして次の瞬間「黒板には〜」の歌い出し…

私はこの一瞬で込み上げてきました。ああ、ついにこの曲のバンドアレンジが!っていう感慨と、『黒板』という曲の空気感を作る完璧なまでの間の取り方。今ツアーでは『Again』をギターを置いて歌うなど、歌唱面にも強くこだわった演出と思いましたが、いやはや、瀧川ありさの声とファイアーバードの音の組み合わせは最強だなと、あらためて感じた瞬間でした。ほんと、やられた…

新しい曲は4つ。
ミディアム〜ミディアムハイあたりのテンポ感で、どれも割と聴かせる感じのもの。いずれ音源化されるかと思いますので、またそのときにでも。

っていうところで、そろそろ新幹線が来そうなので、一旦投稿。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5224.JPG

あっという間のパレードでしたね。
夏、終了………

あ、個人的にね。若者はこれからが夏本番、楽しんで!

さて、名古屋を皮切りに、セミファイナル大阪、1週間あけてファイナル東京と一気に駆け抜けたサマーパレード。春旅のアコースティックライブを経てさらに楽曲に厚みを増してのバンドセットライブになりました。

セトリは緩急をつけて、熱くなりすぎず・メローになりすぎず、終盤に向けて行進を高めていく…そんな感じ(伝わるのか?どなたかのセトリを見てイメージしてください)。

「夏の花」はパレードアレンジ。すがたくさんのスネアがマーチのリズムを刻みながら、甘酸っぱい歌詞の世界とライブに集まった観客の熱で、今回の「パレード」のメインテーマのように、ホットな曲になっていました。東京会場ではわりとスペースがあったので、私はリズムに合わせて足踏みしながら手拍子しておりましたよ 笑

「ロストラブレター」のアコースティックアレンジも春旅からの進化でしたね。ピアノとカホンとギター、そして志門さんのギターフィルとベースが徐々に重なっていく。ラスト「言ってしまった」の印象が、音源のアップテンポの時とは全く違って聞こえる、音楽の妙を味わえました。

「SUNDAY」の「ららんららん」も、すっかり定着してきましたね。これ待ちになる気配 笑。「アイセイハローのすべて」や「BOY'S  CHRONICLE」などの客席参加型(?)の曲は、ゆくゆくは伴奏無しでも(曲の最後の方に客席だけで!みたいにマイク向けるヤツ)観客達が大合唱できるような曲に育って欲しいですね。

先日のこのブログで「書かな」かったことは、やっぱり書いていないので、ここではスルー。

冬ツアーが発表されたので、またTLには「ありロス」の文字が溢れる予感しかありませんが、そこに向けてまたたくさんの「あれこれ」があることを期待しつつ。

あ、そうそう、大阪では生まれて初めて「チケットを忘れる!」事件を起こしました 結果、ありさーの助けにより3桁入場が1桁に早まる!!という華麗な大どんでん返しをやってのけましたとさ(いやいや、全ては彼に感謝!本当にありがとうございました!)

とりあえず、空港で飛行機待ちに書いている文章は一旦おしまい。また落ち着いたらなんか書きます。では!

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3858.JPG

↑このページのトップへ