横浜アリーナ
2014年9月23日
開場17:00/開演18:00
終演:20:52

メインステージには幕が下りている。開演前場内アナウンスがいつもと違い演出の一部となっている。お面をかぶった4人がステージ下の端から出てきて中央のサブステージに移動。ステージに置かれている蓄音機をかける。ラヂオ体操第一
終了後、トランペットを持った女の人が現れトランペットを吹きながら提灯を持った4人をつれてメインステージに移動する。

幕が上がり
01.ユートピア
北:新世界ギター(J-45、ボディが水色でトップに新世界の模様が塗装されている。)、?
語りの部分
メガホン(水色で新世界の模様が塗装されているが実際はメガホンに見えるようにマイクを加工したもの。)
最後
ドラ(直径1m以上はありそうな中国映画に出てくるような感じ)
岩:黒2、SP-410黒

02.アゲイン2
北:DOVE、SP-410黒
岩:黒1、SP-410黒

03.センチメンタル
北:D-55、?
岩:黒1、SP-410黒

☆MC
来場者数13126人と発表

04.よろこびのうた
北:DOVE、SP-410黒
岩:白2、SP-410茶

05.ひだまり
北:J-160E、SP-410黒
岩:白2、SP-410茶

☆MC
本編とは違う構成になるといい、二人だけで演奏するためサブステージに歩いて移動

06.所沢
北:D-55、?、タンバリン赤(スタンドで固定)
岩:黒1、SP-410黒

☆MC
(チューニング)
北:チューナー白
岩:チューナー黒

07.悲しみの傘
北:D-55、?
岩:黒1、SP-410黒

☆MC(チューニング)

08.陽はまた昇る
北:D-55、?
岩:黒1、SP-410黒
 
暗くなり映像、恋の歌謡日あらすじの後、なんやかんやで潤子とムーチョで歌う。
岩:クラシックギター(昔の回想にてムーチョの姿普段着)

09.Ultra Lover Soul
北:なし(潤子の姿、記憶喪失のためチェリーと名乗る)
岩:フルアコ?(ムーチョの姿)
チェリーが歌うため歌詞が女性らしく変更している。(「僕」が「私」、「~よ」が「~わ」、サビの部分「男の子」が「女の子」に変更など)

曲と曲との間に一芝居あり

10.夜霧の伊勢佐木町
北:なし(潤子の姿、記憶喪失のためチェリーと名乗る)
岩:フルアコ(ムーチョの姿)

曲と曲との間に一芝居あり、潤子記憶を取り戻す。

11.恋の歌謡日
北:なし(潤子の姿)
岩:Dobro(ムーチョの姿)
曲の最後のサビの前に銃弾に倒れるがステージ後方の段の上まで行って最後まで歌う。

コーナー終了後、メインステージで「新世界座」「柑橘亭ポン酢」の落語が始まる。(本編とは内容が少し変更)話の中でTシャツをバズーカで打つ話の時、ステージ左右から黒子が現れTシャツバズーカを客席に向けて二発ずつ打ち込む。
次の話で路上ミュージシャン「ゆうじ」と「あつじ」の幽霊の話をして落語は終了、暗くなり幽霊の映像の後、カウントダウン映像

12.レトロフューチャー
北:ジャズマスター黒、?
岩:黒1、SP-410黒
殺陣の演出はなくなる。

続けて
13.表裏一体
北:J-160E、SP-410黒
岩:黒1、SP-410黒

14.友 ~旅立ちの時~
北:DOVE、SP-410黒
岩:白2、SP-410茶

☆MC
選曲が多くて困るため沢山の曲ができるメドレーを行う。
 
15.ええじゃないかメドレー
①T.W.L
北:和太鼓
岩:黒2、SP-410黒(メドレー内すべて)
②イロトリドリ
北:なし
③シシカバブー
北:ジャズマスター黒、?
④超特急(最初のサビのみ)
北:なし
⑤少年
北:なし(メンバー紹介のみで手持ちの和太鼓)
曲内でバンドメンバー(新世界バンド)紹介、続けて尻文字で「しゅうまい」を書く
⑥LOVE & PEACH
北:なし
(LOVE & PEACHの曲の間で同じ伴奏のままいちごへ)
⑦いちご
北:なし
(LOVE & PEACHにもどる)
最後に
⑧T.W.L
北:和太鼓

16.ヒカレ
北:新世界ギター
岩:白2、SP-410茶
メインステージで歌うが曲の途中でゆずがいるステージ中央が上がりステージごと車輪で動きセンターステージまで移動する。曲が終わる前にメインステージに同じようにもどる。

アンコール
メインステージの幕があく

17.守ってあげたい
北:DOVE、SP-410黒
岩:白1、SP-410茶

18.夏色
北:北:新世界タンバリン(水色で新世界の模様が塗装されている。紐は銀と水色)
、メガホン
岩:白2、SP-410茶
「もう一回」は一度

☆MC

19.雨のち晴レルヤ
北:DOVE、SP-410黒
ピアニカ(クリア青)
岩:黒1、SP-410黒

曲終わりに全員で挨拶をする。

バンドメンバーがいなくなったあとゆずの二人で挨拶していなくなる。
映像に
「ありがとう」「また、あおう」