一人でいる時間には心がニュートラルになる時がある。
電磁波の音さえヒーリングミュージックの様に思える時に、久々に心に水やりをするみたいに涙が出る。
別に特別哀しい事があった訳でも、怒りを覚えた訳でもない。
だから、多分今の自分にとって必要なんだろうなと思いながら、色しか分からなくなった、水面のテレビを見えてないのに観てる。
すると、少しだけ心の花が成長して、また次の日から誰か他の人に少しだけでも優しくなれそうな気がして、一人で含羞の思いが込み上げる。

自分の周りが報われていれば
自分自身が報われなくても構わないと思える程。