周りの笑い声にそっと目を閉じる。

普通なら、耳を塞ぎたくなるのだろうが、
私は目を閉じたくなる。

他者の身体の動きや、視線、表情、癖…etc
小さい頃から、言葉に出てこない胸裏が目に映り
精神世界が、黒い蟻の行列に呑まれるような錯覚をし、情報を遮断したくなるから。

周りの笑い声にそっと目を閉じたくなる。
見えなきゃいけないものと、
見えなくても良いものがぐちゃぐちゃに混ざった
灰色の世界で、

七色に見える眼鏡を掛けながら。