まず最初にみちょをみたとき
「この人すごいかっこいい、こんな風になりたい」って思ったんだよね。
でもあたしは、メイク道具なんて持ってなかったし、その頃はpopも買ってなかったしでおしゃれにもあんま興味なかった。
それでみちょのことをいろいろ調べて、popにたどり着いて、「買おう」って思って。
そのときはちょうど、ゆらちょぱるんの表紙だったんだ。紙面にみちょの全身とか載っててみたときは「がりがりやん!!」って素直に思った(笑)けどそれをみて、みちょに少しでも近づけるように痩せよう、筋トレしようって決めたんだ。
(筋トレとかは割と得意なほうで、実は腹筋割れてたり…😏😏)
でもちょっとずつしか変化なくて、ぶっちゃけやめたいって何回も思ったんだけど、ここでやめたらみちょがどんどん遠い存在になっちゃうなって。
そこから、毎月発売日にはpop買って、みちょのページみて、印つけたりしてた(笑)
それで、あたしが持ってる範囲の服で真似してみたり、買ってみたりして。

それでね、あたしがまじでもうみちょに完全に惚れたのは、友達が誘ってくれた超十代。
あたしはみちょに会うの初めてで、ほんとにドキドキが止まらなくて、、
みちょがでてきたとき、感動しすぎて泣いちゃった(笑)
「やっと会えた、これがみちょぱなんだ」ってね。
叫んで叫んで叫びまくって
『みちょに届いたかな??』とかひとりでウキウキして(笑)
とにかくみちょと同じ空間にいれるっていうことが、嬉しくてたまらなくて。

そこから、Twitterもやるようになって、みちょのことをもっとたくさん知って、もっと好きになって、素敵なまにあさんたちとも繋がれて、、
みちょぱまにあになってよかったな、幸せだなって思えたんだ。

みちょとはなすのはまだ緊張するけど、みちょのおかげで撮る写真は全部笑顔で写れるよ✨

まだまだみちょぱまにあとしては半人前だけど、これからもみちょについていきたいな。

あたしもみちょみたいに自分を持ってて、みんなを笑顔にさせられるような人になりたいし、そんな日が来るように日々努力したい。

だからみちょ、これからもいつまでも、あたしの、そしてたくさんの素敵なみちょぱまにあさんの憧れでいてね。

みちょ大好き。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2901.JPG