弊所でお手伝いいたしました数少ない事例として、
自動車対自動車の、
「追突事故」による肘関節捻挫で、
後遺障害等級第14級9号の神経症状を認定されたケースがあります。

交通事故による自賠責保険上の後遺障害等級審査の際、
受傷機転(=どうような事故で、どのような怪我をするか?)という点は、
当然に審査されていると思います。

追突事故の場合は、後方から衝突・衝撃により、
・頚椎捻挫、
・腰椎捻挫、
・背部打撲、
・肩の捻挫(打撲)=後方から衝突によってシートベルトが肩に食い込んだことによる怪我が想定されます。
は基本的に考えられる怪我かと思います。

しかしながら、自動車対自動車の後方からの追衝突の衝撃によって、
「肘関節捻挫」というのは、珍しい怪我であるな、とサポート当時は思っていました。

しかしながら、弊所の異議申立申請により、

非該当

「第14級9号」の認定に至りました。

この事例から、受傷機転から通常考えられる怪我、「以外」の怪我であっても、
初診時~症状固定時までの診断名などの推移をしっかり確認し、
「一貫性・連続性」がある怪我の部位に関しては、
後遺障害等級認定を得られるだけのフォローは最大限すべきと考えます。