弊所でお手伝いいたしました脱臼(=具体的には「肩鎖関節脱臼」)のケースは、
手術のための入院を含めて、
事故から「約8ヶ月後」に症状固定となったようです。

症状固定後は、
「事前認定」により後遺障害審査を行ったところ、
「神経障害」による第14級9号の認定となりました。

その後、14級9号の認定結果にお客様が納得いかず、
弊所にご相談をいただき、
異議申立案件として、ご依頼をいただきました。

弊所で受任後は、
(1)整形外科のご紹介
(2)数か月の通院+リハビリによる通院日数の確保
(3)MRI再撮影による新たな医学的所見の取得
を行いました。

そして、症状固定のタイミングにあわせて、
お客様には、
「肩周辺3方向から裸体時の写真」を撮影していただきました。

これは、鎖骨骨折の変形障害を立証する際には、
レントゲンによる変形のみならず、
「裸体となったとき、変形(欠損)が明らかにわかる程度のもの」というのが、
認定基準となっているので、必要な立証資料となります。

ただし、この資料については、
お客様のご意向もありますので、あまり強要はできない、しない、
という点がポイントにもなろうかと思います。

そして、弊所から異議申立申請の結果、
「鎖骨に著しい変形を残すもの」
として、第12級5号への変更認定を得るに至りました。

交通事故による腰椎捻挫を受傷後、
・太もも
・ふくらはぎ
・足指
などに痺れが出現することがあります。

この場合は、腰椎部のMRI検査をすることをおススメいたします。

腰椎MRI検査にて、
ヘルニアが認めれ、

症状とそのヘルニア所見に整合性が認められれば、
後遺障害等級認定申請の際、重要な医学的資料となります。

ただ、腰椎捻挫に関わらず、
自賠責保険上の後遺障害等級認定には、

(1)適切な通院期間(腰椎捻挫の場合は6ヶ月以上)

(2)週3~4回程度の定期的な通院+リハビリ

が、土台そして基礎となっています。

つまり、医学的所見が揃ったことによって、
後遺障害等級認定に直結するわけではないので、
その点、僕はお客様に必要とあらば、
何度もご説明し、納得いただくようにしています。

交通事故により怪我をして治療を開始すると、
必ず「症状固定」という時期が来ます。

この症状固定の判断は、医師が判断するものであります。

そして、後遺障害等級の認定を検討する場合の症状固定の時期は、
・頚椎捻挫など=事故から「6ヶ月」経過後、
・高次脳機能障害など=事故から「1年」経過後、
など、一定のルールがあります。

弊所でお手伝いをさせていただく場合には、
この症状固定については、
弊所が「お客様」と「主治医先生」のご意向や見解を聴き取り、
「では、○○月末に症状固定として、次の手続に進みましょう」というかたちで、
動かしていきます。

この症状固定のタイミングは、
早すぎても、
遅すぎても、
よくないというのが僕の意見です。

そして、症状固定のタイミングは、
お客様(被害者)側が、
「○○までには症状固定の判断をしてもらう」など、
主導権を握って、
こちら側(お客様と受任している行政書士など)から主治医先生に提案し、
判断していただくものだと思います。

↑このページのトップへ