両親の話が出たので
もうひとつ書きたいと思います

もう、過ぎ去ってしまった事なので
今は、なんとも思っていませんが


自分が中学3年の時には
家族というものが、崩壊していました

夜中に急に怒鳴り散らす両親の口喧嘩

自分ですら、その大きな声が聞こえただけで
目が覚めて
何を怒鳴っているのか理解はしていなかったけど

その怒鳴り声が聞こえると、眠れなくなり
それを察したのか、祖母がそんな両親の事を静めようと、よく仲裁に入って行くの
布団の隙間から覗いていたのを今でも覚えてます
そして、沈静化したと思うと
必ず、父親か母親のどちらかが家から立ち去り
家に何日も帰ってこないという事が、当たり前のようになっていました

自分はある程度物心がついていたからいいものの
妹は、小学中学年でそんな事を経験してしまったので
嫌な思いや、ストレスがある一定に達すると
頭をボリボリと掻く癖がついてしまい

たぶん、今も何かしらのストレスを感じると掻いていると思います


こういう経験をしたからこそ

例えば、自分に家族ができたとして
同じ経験をさせたくないし、したくもないと思ってます

嫌な思いでって、なかなか忘れられないですからね


あと
昔からよく言われるのが
『優しすぎる』

相手の事を思うと
下手な事を言って、傷つけてしまうのでないかと思い
自分から先に謝ったり、反論しなかったりしてしまいます

本来なら、言いたい事を言い合って
少しずつお互いを知っていくのが良いと聞きますが
自分は、過去のキズがあるので、どうしてもできません

喧嘩もしたくないし
いつも、ニコニコしていたいから