DSC_0052.JPG

どうも
僕です

バス通勤をしてる僕

会社まではおよそ50分位かかります

その時間を利用して
本を読んだり、音楽を聴いたり

そうやって、有意義な時間を過ごしてます

中でも
『住野よる』さんの作品が好きになり

『君の膵臓を食べたい』
(8月19日、朝日系列のテレビで、実写映画版が放送されるので、お盆休み最後の締めくくりに観てみましょう❗)
初めて読んだ時、凄く心がしめつけられて
ラストは涙が止まりませんでした


『また、同じ夢を見ていた』
人は、いろんなやり直したい事を思いながら生きていく
僕にも沢山ありすぎて、凄く共感させられた物語でした

『よるのばけもの』
半分まで読み終えて、これからクライマックスへと進んでいくんですけど
僕も、小学、中学と、同じ経験をしたので
なんであんな事をしてしまったのだろうと
幼かった自分と照らし合わせながら読んでます

後の作品は
読み終えたら、随時読んでいこうと思ってます

住野よるさんの作品は
この歳になって読むことで
いろいろ経験してきた事ばかりなので
主人公達の気持ちと一緒なって物語を歩んでいけるので
読みやすいんですよね

忘れちゃいけない気持ちとか
純粋な気持ちとか

そんな気持ち達を思い出させてくれるので
いちファンになったんですけど

今日放送の
実写映画版
『君の膵臓を食べたい』を観て
物語が好きになったら
その他の作品も
ぜひ読んでもらいたいです