1stライブReady Steady Go!に参加しました。今回はバンド付きのライブでした。いのりんのライブで、バンドさん付きでやって欲しい願いが1番強かったので会場入って期待が高まりました
前置きはこれくらいで感想へ
最初映像がありました。ですが会場暗転して3秒で僕のペンラの電池切れてアタフタして微妙な記憶しか残ってないので、ここは誰かのブログに任せます
1.夢のつぼみ
1曲目に来るんじゃ?と思ってたらマジで来てしまった。最近アーティスト原点の曲が中盤に持って来る事が多い中1曲目からの夢のつぼみは強強でした。いのりんMVで着ていたような白いワンピースの衣装で歌っていてMVとリンクさせながら見る事が出来た。キントリで聞いてからバンド付き夢のつぼみが大好きで偏差値1に成り果ててました。

2.Melody Flag
歌うま美少女水瀬いのりをただただ感じてるオタクの面してた。(キントリのカメラワーク使ったMFがやばいくらい好きなのでもう少し使ってくれても良かった願いが少し)

3.Lucky Clover
🍀の花言葉が気になりライブ終わって調べて見たら、「私のものになって」,「幸運」らしい。ファンを自身のポテンシャルアビリティ(潜在的能力)で掴んで虜に気づいたらなってる様子を花言葉に含んでいるのかと思った。でも時には(僕も含む)幸運、偶然にも水瀬いのりさんの事を知った人もいる。そういう人をも私のもの(ファンをここでは指す)にしてしまうという意味で花言葉を繁栄してる曲なのかとも思った。ライブで強いぶち上がる楽曲の中にも後々考えるとしみじみ深いものを感じた。

-MC-

4.Ready Steady Go!
EC前ラストに来ると予想してた。いのりんの曲はほとんど歌詞に聞き入ってしまう・いのりんの歌声・表情に見入ってしまいがちになると思ってたので、タオルを回して演者とノリノリで盛り上がれる曲はアーティスト"水瀬いのり"のまた新たな挑戦曲だったのでは?と思った。めっちゃ楽しかったです。

5.笑顔が似合う日
タイトルあざと(失礼)とか思ってたけど、この後harmony ribbonで"笑顔が似合う"って言うのを実感するのでした。歌うま美少女の歌に圧倒されてた。"笑顔が似合う日"1stライブ、始まりの日でしかも誕生日にこの歌はズルいよ(めっちゃよさみ深かった)

-バンド紹介-

6.Dreaming Girls
気球に乗っていのりん登場。衣装はアニメで言う魔法学校の制服みたいな可愛い衣装。自分の場所からはセットで隠れ途中までいのりんが見えなくてブチギレそうだったが、いのりんが可愛かったので🙆‍♂️(高い所得意とか、ダイオウグソクムシ好きとか意外な一面を持つ人に昔から惹かれるのでそういう所を包み隠さず出すのも水瀬いのりさんらしくチャーミングで良いですね)

7.コイセヨオトメ
力強いいのりんの歌声の魅力が他曲と比べ引き立つ楽曲。この曲はもう1つライブならではの魅力がありました。
いのりんが振り付けをやっていたのです。インタビュー等を通してダンス・振り付けが苦手と公言していた、いのりんがハートを作ったり(それも少しぎこちなく)、女性がお化粧しているような振り付け(💄をつけたり、鏡を見たりする仕草)をしていました。歌詞の「ト・キ・メ・キ スパイスでほら〜可愛くなるよ」という箇所に合わせるかのように、振り付けという苦手だった物(スパイス)をコイセヨオトメの強さに加えた化学反応のようであった。まとめるとぶち上がる曲に可愛さをスパイスで入れ、新しいコイセヨオトメがメインディッシュとして完成したと言った感じでしょうか。

8.アイマイモコ
言葉に乏しいので辞書で曖昧模糊を調べて見たら「物事があやふやではっきりしない様」らしい。気持ちのすれ違いでなかなか上手くいかず、そんなはっきりしないモヤモヤした様を歌詞に乗せて歌ってるいのりんに半分地蔵になりながら見とれていました。

9.涙のあとは
ダンスが苦手ないのりんが、キュートなダンスを可愛く踊っており、ただただ可愛く、いのりんしゅきーってなってた。

-映像-

10.星屑のコントレイル
クールいのり楽曲パートの始まり。前日にこの曲を初めて聴いてから(遅い)1番楽しみだった。幕間映像で荷物倉庫から天体望遠鏡を取り出し星を眺める映像からの星屑来たのはエモエモ過ぎた。ステージも後ろを星空に見立てながら歌ってるいのりんがもう星というか、それ以上の輝きを放っておりました。またエモさとは裏腹にぶち上がる曲調で偏差値極低マンになってた。

11.Will
いのりさんひたすら美しい。歌声はぁーやばい…しか言ってないオタクと化してた。

12.リトルシューゲイザー
後ろのステージを青と赤のライトでライトアップさせ、ロックテイストをバリバリに押し出していた。いのりんの歌声に聞き入ってしまう曲もいいが、ロックテイストの曲をキレッキレにやっているいのりんがとても良かった。可愛い人がロックテイストをバリバリにやるのが大好きな私にとっては堪らない。

-MC-

13.Starry Wish
不毛な家虎論争はどうでもいいとして、(てか気にしなきゃ割と平気だった)いのりさん明らかにこの曲(に関しては特に)歌い方上手くなってましたよね。弱さをイメージさせる楽曲をいのりんの力強い歌声で強い"水瀬いのり"を重ねて来るの嫌いじゃないです。

14.いつもずっと
ここから、ドエモパートの始まり。
夜空の月がバックに表れる演出がまた壮大な世界観を感じさせつつ優しい歌声がまた味を出していた。自然と涙が流れて来そうだったが、強い"水瀬いのり"さんを前にして簡単にオタク如きの自分が涙を軽率に見せてはいけないと言うよく分からない思いがあって、堪えた。Blurayが出たら1人家で号泣は間違いないだろう。(それくらいは許して)

15.Winter Wonder Wander
Winterとタイトルにあるよう、雪を降らせる演出。その雪景色の中でいのりんが雪で無邪気に楽しんでいる癒しの光景だった。

16.旅の途中
あまり、声優とソロ活動を混同してはいけないけど、正直歌詞見たときは水瀬いのりさんの声優・ソロデビューのこれまで・これからをそのまま載せてる曲か??と思いました。(詳しい楽曲考察今度やるかも)
“最後に笑っていれるかな”と疑問形で不安だったのに、曲の最後で"最後に笑っていれるから"そう。めちゃめちゃ芯が強くなってるんですよ。(おそらくは水瀬いのりさんが6歳で声優を夢見た時から)→声優の夢を叶える→声優としての苦悩→アーティストとしてソロデビュー→オタクが予測出来ない(簡単に言ってはならないであろう)アーティストとしての苦悩→ソロ活動2年を経ての"水瀬いのり"の詰まった1stライブで見せた満面の笑顔・これからの声優"水瀬いのり"とアーティスト"水瀬いのり"
とインタビュー等も参照してからこの歌詞をもう一度見てみるとこんなことを思いました。

17.Inocent Flower
いのりんから、皆へ送られた歌。正直前曲旅の途中の世界が大きすぎて、気持ちがグラグラだったので全力で聞き入れなかったのが悔しいので、Blurayでチェックするのが楽しみである。

EC1.春空
🌸を散らせる演出。いやほんと今回演出がどの曲においても素晴らしすぎるんですよ。
あと、いのりさんの楽曲の歌詞を見て思ったのが一見、弱さを歌詞に載せてる曲が多い(この曲だといつもためらう道 一歩踏み出してみようと言う部分など)しかし弱さを垣間見せつつでも、強く鳴り響く歌声で歌う水瀬いのりさんが歌うのを見れるのもこの時期の1stライブだからこそなのかな、そんな漠然としたことを考えさせられた。

-大西沙織さんからのバースデー映像,記念撮影,MC

EC2.Happy Birthday
歌詞のto youを皆で歌う客と演者の一体で作り出す曲。12月誕生日のオタクは記念になるバースデーソングにもなったのではないだろうか。いのりんの誕生日にこの曲歌える機会は今後なかなかないから自分にとっては、いのりんの誕生日を祝える記念に残るバースデーソングになった。

EC3.harmony ribbon
「皆と私を繋ぐ固い固いリボン」とか水瀬いのりさんが言い出して泣きそうになった。歌唱中は満面の笑顔を出しつつ時にうるっとしている表情を出す水瀬いのりさん。強い人が流す涙ほどこの世に素晴らしい涙ってないですよね。最後のla la la la…♪の所の合唱は楽しかった。純粋に楽しめる一曲でもありました。


ソロデビューから2年と長い時間を経て完成した1stライブ。水瀬いのりさんは自分でトーク苦手とか言ってますけど、予想以上にトークが素晴らしくて…。(てか完璧過ぎて仰天してます)
22歳という若いながらも、しっかりと1つ1つの曲に対してアーティスト"水瀬いのり"の像を持ってるし、オタクの煽り上手いし(【来場者アンケート】の10代に対して…「私より年下?お酒飲めないんだ〜(笑)…って所が可愛さ爆発してた…)でもデビューした時は不安でダメダメでと言っててほんの少し弱い部分を見せて来るし、(MCで喋ってる時に叫ぶオタクを一刀両断したのはよかった)純粋に応援して行きたい気持ちが以前よりも強くなりました。過去に行った1stライブでは間違いなく1番強い1stライブです。
上にも述べましたが、芯の強い"水瀬いのり"を多岐に渡り感じつつもMCで少し弱い"水瀬いのり"(決して悪い意味では無い)を見せる最高のソロ(ライブ)"水瀬いのり"のスタートの場にいれた事にとても感激です。僕自身は今年の3月に初めていのりさんの曲を生で聴いただけの新規町民(と簡単に言っていいのだろう?)ですが、MCで1stシングルのリリイベ(新規なので詳しくわからないので違ったらお許しを)について話してて「分からない人も多いよね。でも出会いが遅くても好きな気持ちに皆変わりはないんですよ」という事を言っていた水瀬いのりさんの素直にそういう事を言える所にも尊敬・感心・好きという気持ちになりました。
そして、終始来れなかった人をも心配していたのも水瀬いのりさんのファンへの思いな強さの表れなんでしょうね。
これからも水瀬いのりさんの活躍・検討を心から願いつつ新しい形で結成された町に町民税(会費)を払い新規入会する事を決意した私なのでした…。水瀬いのりさん、改めて22歳のお誕生日おめでとうございます🎉素敵な一年になりますよう。
おわり