1stライブReady Steady Go!に参加しました。今回はバンド付きのライブでした。いのりんのライブで、バンドさん付きでやって欲しい願いが1番強かったので会場入って期待が高まりました
前置きはこれくらいで感想へ
最初映像がありました。ですが会場暗転して3秒で僕のペンラの電池切れてアタフタして微妙な記憶しか残ってないので、ここは誰かのブログに任せます
1.夢のつぼみ
1曲目に来るんじゃ?と思ってたらマジで来てしまった。最近アーティスト原点の曲が中盤に持って来る事が多い中1曲目からの夢のつぼみは強強でした。いのりんMVで着ていたような白いワンピースの衣装で歌っていてMVとリンクさせながら見る事が出来た。キントリで聞いてからバンド付き夢のつぼみが大好きで偏差値1に成り果ててました。

2.Melody Flag
歌うま美少女水瀬いのりをただただ感じてるオタクの面してた。(キントリのカメラワーク使ったMFがやばいくらい好きなのでもう少し使ってくれても良かった願いが少し)

3.Lucky Clover
🍀の花言葉が気になりライブ終わって調べて見たら、「私のものになって」,「幸運」らしい。ファンを自身のポテンシャルアビリティ(潜在的能力)で掴んで虜に気づいたらなってる様子を花言葉に含んでいるのかと思った。でも時には(僕も含む)幸運、偶然にも水瀬いのりさんの事を知った人もいる。そういう人をも私のもの(ファンをここでは指す)にしてしまうという意味で花言葉を繁栄してる曲なのかとも思った。ライブで強いぶち上がる楽曲の中にも後々考えるとしみじみ深いものを感じた。

-MC-

4.Ready Steady Go!
EC前ラストに来ると予想してた。いのりんの曲はほとんど歌詞に聞き入ってしまう・いのりんの歌声・表情に見入ってしまいがちになると思ってたので、タオルを回して演者とノリノリで盛り上がれる曲はアーティスト"水瀬いのり"のまた新たな挑戦曲だったのでは?と思った。めっちゃ楽しかったです。

5.笑顔が似合う日
タイトルあざと(失礼)とか思ってたけど、この後harmony ribbonで"笑顔が似合う"って言うのを実感するのでした。歌うま美少女の歌に圧倒されてた。"笑顔が似合う日"1stライブ、始まりの日でしかも誕生日にこの歌はズルいよ(めっちゃよさみ深かった)

-バンド紹介-

6.Dreaming Girls
気球に乗っていのりん登場。衣装はアニメで言う魔法学校の制服みたいな可愛い衣装。自分の場所からはセットで隠れ途中までいのりんが見えなくてブチギレそうだったが、いのりんが可愛かったので🙆‍♂️(高い所得意とか、ダイオウグソクムシ好きとか意外な一面を持つ人に昔から惹かれるのでそういう所を包み隠さず出すのも水瀬いのりさんらしくチャーミングで良いですね)

7.コイセヨオトメ
力強いいのりんの歌声の魅力が他曲と比べ引き立つ楽曲。この曲はもう1つライブならではの魅力がありました。
いのりんが振り付けをやっていたのです。インタビュー等を通してダンス・振り付けが苦手と公言していた、いのりんがハートを作ったり(それも少しぎこちなく)、女性がお化粧しているような振り付け(💄をつけたり、鏡を見たりする仕草)をしていました。歌詞の「ト・キ・メ・キ スパイスでほら〜可愛くなるよ」という箇所に合わせるかのように、振り付けという苦手だった物(スパイス)をコイセヨオトメの強さに加えた化学反応のようであった。まとめるとぶち上がる曲に可愛さをスパイスで入れ、新しいコイセヨオトメがメインディッシュとして完成したと言った感じでしょうか。

8.アイマイモコ
言葉に乏しいので辞書で曖昧模糊を調べて見たら「物事があやふやではっきりしない様」らしい。気持ちのすれ違いでなかなか上手くいかず、そんなはっきりしないモヤモヤした様を歌詞に乗せて歌ってるいのりんに半分地蔵になりながら見とれていました。

9.涙のあとは
ダンスが苦手ないのりんが、キュートなダンスを可愛く踊っており、ただただ可愛く、いのりんしゅきーってなってた。

-映像-

10.星屑のコントレイル
クールいのり楽曲パートの始まり。前日にこの曲を初めて聴いてから(遅い)1番楽しみだった。幕間映像で荷物倉庫から天体望遠鏡を取り出し星を眺める映像からの星屑来たのはエモエモ過ぎた。ステージも後ろを星空に見立てながら歌ってるいのりんがもう星というか、それ以上の輝きを放っておりました。またエモさとは裏腹にぶち上がる曲調で偏差値極低マンになってた。

11.Will
いのりさんひたすら美しい。歌声はぁーやばい…しか言ってないオタクと化してた。

12.リトルシューゲイザー
後ろのステージを青と赤のライトでライトアップさせ、ロックテイストをバリバリに押し出していた。いのりんの歌声に聞き入ってしまう曲もいいが、ロックテイストの曲をキレッキレにやっているいのりんがとても良かった。可愛い人がロックテイストをバリバリにやるのが大好きな私にとっては堪らない。

-MC-

13.Starry Wish
不毛な家虎論争はどうでもいいとして、(てか気にしなきゃ割と平気だった)いのりさん明らかにこの曲(に関しては特に)歌い方上手くなってましたよね。弱さをイメージさせる楽曲をいのりんの力強い歌声で強い"水瀬いのり"を重ねて来るの嫌いじゃないです。

14.いつもずっと
ここから、ドエモパートの始まり。
夜空の月がバックに表れる演出がまた壮大な世界観を感じさせつつ優しい歌声がまた味を出していた。自然と涙が流れて来そうだったが、強い"水瀬いのり"さんを前にして簡単にオタク如きの自分が涙を軽率に見せてはいけないと言うよく分からない思いがあって、堪えた。Blurayが出たら1人家で号泣は間違いないだろう。(それくらいは許して)

15.Winter Wonder Wander
Winterとタイトルにあるよう、雪を降らせる演出。その雪景色の中でいのりんが雪で無邪気に楽しんでいる癒しの光景だった。

16.旅の途中
あまり、声優とソロ活動を混同してはいけないけど、正直歌詞見たときは水瀬いのりさんの声優・ソロデビューのこれまで・これからをそのまま載せてる曲か??と思いました。(詳しい楽曲考察今度やるかも)
“最後に笑っていれるかな”と疑問形で不安だったのに、曲の最後で"最後に笑っていれるから"そう。めちゃめちゃ芯が強くなってるんですよ。(おそらくは水瀬いのりさんが6歳で声優を夢見た時から)→声優の夢を叶える→声優としての苦悩→アーティストとしてソロデビュー→オタクが予測出来ない(簡単に言ってはならないであろう)アーティストとしての苦悩→ソロ活動2年を経ての"水瀬いのり"の詰まった1stライブで見せた満面の笑顔・これからの声優"水瀬いのり"とアーティスト"水瀬いのり"
とインタビュー等も参照してからこの歌詞をもう一度見てみるとこんなことを思いました。

17.Inocent Flower
いのりんから、皆へ送られた歌。正直前曲旅の途中の世界が大きすぎて、気持ちがグラグラだったので全力で聞き入れなかったのが悔しいので、Blurayでチェックするのが楽しみである。

EC1.春空
🌸を散らせる演出。いやほんと今回演出がどの曲においても素晴らしすぎるんですよ。
あと、いのりさんの楽曲の歌詞を見て思ったのが一見、弱さを歌詞に載せてる曲が多い(この曲だといつもためらう道 一歩踏み出してみようと言う部分など)しかし弱さを垣間見せつつでも、強く鳴り響く歌声で歌う水瀬いのりさんが歌うのを見れるのもこの時期の1stライブだからこそなのかな、そんな漠然としたことを考えさせられた。

-大西沙織さんからのバースデー映像,記念撮影,MC

EC2.Happy Birthday
歌詞のto youを皆で歌う客と演者の一体で作り出す曲。12月誕生日のオタクは記念になるバースデーソングにもなったのではないだろうか。いのりんの誕生日にこの曲歌える機会は今後なかなかないから自分にとっては、いのりんの誕生日を祝える記念に残るバースデーソングになった。

EC3.harmony ribbon
「皆と私を繋ぐ固い固いリボン」とか水瀬いのりさんが言い出して泣きそうになった。歌唱中は満面の笑顔を出しつつ時にうるっとしている表情を出す水瀬いのりさん。強い人が流す涙ほどこの世に素晴らしい涙ってないですよね。最後のla la la la…♪の所の合唱は楽しかった。純粋に楽しめる一曲でもありました。


ソロデビューから2年と長い時間を経て完成した1stライブ。水瀬いのりさんは自分でトーク苦手とか言ってますけど、予想以上にトークが素晴らしくて…。(てか完璧過ぎて仰天してます)
22歳という若いながらも、しっかりと1つ1つの曲に対してアーティスト"水瀬いのり"の像を持ってるし、オタクの煽り上手いし(【来場者アンケート】の10代に対して…「私より年下?お酒飲めないんだ〜(笑)…って所が可愛さ爆発してた…)でもデビューした時は不安でダメダメでと言っててほんの少し弱い部分を見せて来るし、(MCで喋ってる時に叫ぶオタクを一刀両断したのはよかった)純粋に応援して行きたい気持ちが以前よりも強くなりました。過去に行った1stライブでは間違いなく1番強い1stライブです。
上にも述べましたが、芯の強い"水瀬いのり"を多岐に渡り感じつつもMCで少し弱い"水瀬いのり"(決して悪い意味では無い)を見せる最高のソロ(ライブ)"水瀬いのり"のスタートの場にいれた事にとても感激です。僕自身は今年の3月に初めていのりさんの曲を生で聴いただけの新規町民(と簡単に言っていいのだろう?)ですが、MCで1stシングルのリリイベ(新規なので詳しくわからないので違ったらお許しを)について話してて「分からない人も多いよね。でも出会いが遅くても好きな気持ちに皆変わりはないんですよ」という事を言っていた水瀬いのりさんの素直にそういう事を言える所にも尊敬・感心・好きという気持ちになりました。
そして、終始来れなかった人をも心配していたのも水瀬いのりさんのファンへの思いな強さの表れなんでしょうね。
これからも水瀬いのりさんの活躍・検討を心から願いつつ新しい形で結成された町に町民税(会費)を払い新規入会する事を決意した私なのでした…。水瀬いのりさん、改めて22歳のお誕生日おめでとうございます🎉素敵な一年になりますよう。
おわり



"内田彩"のソロ活動の全てが詰まった最高のライブだった。
1stライブアップルミントで種を植え、2ndライブBlooing!で芽を出して咲き誇り、ツアー、武道館を通して、まだ表立っては見えなかった咲いてない蕾も全部全部満開になり、1stシングルSUMILE SMILEで武道館で満開になった花から香りを漂わせ、SMILEを生み出した。
喉の手術を終えて、再び新しい種を植えて芽を出し始めた新木場でのESP、そして沢山のフレバー、スパイスと多くの味を出し、見たことない"内田彩"を見せてくれたアルバムICECREAM GIRL
新木場で再び育ち始めた幹に沢山のカラフルで彩られた花を満開にさせてくれた幕張2DAYSライブ
ソロ活動の始まりからこうして物語が続いていたと思うとものすごくエモい。

ソロアーティスト"内田彩"がここまでいくつもの表情、歌い方、を見せてくれるとは2年くらい前は予想もしていなかった。(特にwith you→color station→Floating Heart→with youのダンスメドレーが最高にエモすぎた。with youの続きの物語として、作られたコンセプトアルバムSweet Tears。このライブに来るまでは、物語の完結はSweet Tearsに隠されているのだと思っていた。でも実は物語の完結はwith youで、この中にヒントが隠されているのでないのだろうかと思った。本当にヤバい。

2日目はハプニング等々もあったが、バンドメンバーさんの即興演奏、トークでハプニングをも、話のネタにする内田彩さん、ソロチーム内田彩の絆の深さを直接的に感じることができた。内田彩さんは本当に強い女だ。
だからこそ、最後に彼女が流した涙が、ソロ活動の再スタート、ソロ活動約3年の思い出、今まで見た景色全てが脳内に再生されてしまい、こちらまでも泣いた。(強い女性が見せる涙だからこそ、嘘偽りなく溢れる想いがストレートに伝わる)
見たことない景色に連れてってくれた最高のライブ、また次のステージでどんな世界、どんな景色、どんな表情を見せてくれるのかドキドキが止まらない(ここで、Floating Heartのドキドキが止まらないんだよ♪と舞いながら歌っている私)

ICECREAM GIRLというアルバムは、見たことない内田彩さん、ソロ"内田彩"のデビューからの軌跡をも彷彿とさせてくれるような最高傑作のアルバムだ。
まだ買ってない人がいたら是非とも買って欲しい。内田彩さんが世界で1番大好き!改めて思えるような最高の2日間だった。ライブに携わってくださった全ての方々に感謝感謝です。

9/29、9/30Aqoursのツアー埼玉公演に参加して来ました。席は1日目→スタンド席、2日目→BOX席というところだったんですが割といい席でした。めっちゃ簡単になりましたが感想書きました。
1.HAPPY PARTY TRAIN
ツアータイトルにもなってる1曲。衣装がめちゃくそ可愛い。名古屋から始まったツアーもとうとう終着の埼玉についたんだなぁと実感した。(名古屋・神戸共に参加できてないけど…)

2.届かない星だとしても/Pops heartで踊るんだもん!
3.少女以上の恋がしたい

4.夏への扉 Never end ver.
梨子、花丸、鞠莉の曲。夏の暑さを忘れることのできるような爽快感たっぷりの楽曲!演者が水をまいていたりととても楽しいけ一曲でした。この曲で、2日目奇跡が!(2日目はステージからめちゃめちゃ遠い、Box席。始まる前は「高級感ある椅子でゆったり鑑賞だ〜(白目)」的な事を言ってた。でも歌唱後、トロッコがなんと目の前まで!自分は前から2列目だったので、めちゃくちゃ近くで見れました。そして、目の前まで退場のためにトロッコから降りてなんとbox席の方に向かい手を振ってくれるではありませんか!!アリーナに勝った瞬間でしたね。)て自己満な話は置いといて、次の3rdツアーは初夏にあるので、また披露してもらえればもっと、 夏らしさを感じられる最高の一曲に再びなりそうですね。

5.真夏は誰のモノ?
ありしゃ・ふりりんによる姉妹のデュエット曲。衣装がとにかく最高!!アジアの民族衣装のような衣装が、ありしゃはめちゃめちゃ美人で似合っていて、ふりりんは、めちゃめちゃ可愛くて最高。また、振り付けで何度も2人がめちゃめちゃ顔を近づけてる具合がオタクなので高まってしまいました。

6.地元愛♡満タン☆サマーライフ
しゅかしゅー、あいきゃんが可愛すぎてとにかく昇天した😇じもあいコールめちゃめちゃ楽しかったです!「じもあい♪じもあい♪」ウクレレ持って衣装可愛いし、特にリトルデーモンなのであいきゃんが可愛くて仕方なかったです。2日目は自分のいた席の後ろでしゅかしゅーとあいきゃんのトロッコが合流したのでずっと2人のイチャイチャしてるのを見ていられて幸せな時間でした。(オタクなので語彙力ないのは勘弁で👏)

7.夏の終わりの雨音が
千歌、果南のデュエット曲。お二人も言っていたが切なさを漂わせる歌詞だが、2人のダンスがとにかくかっこいい。(ランニングマンの所めちゃめちゃカッコよくて惚れ惚れしてたアイガワサンでした。)

8.未熟DREAMER
後ろにアニメ映像が流れていて映像と演者がリンクをしていて良かった。夏の花火大会の時に流したら絶対に盛り上がると思うという謎なことを思いながら見ていた。

9.恋になりたいAQUARIUM
恋アクの衣装がクッソ可愛いい〜と(極)低偏差値な感情が出てきた。会場の青のペンラが本当に水族館を表現しているようにも捉えることができて、その中で彼女たち18人がまるで人魚のように優雅な舞を披露してくれているようであった。

10.Daydream Warrior
ヨハネ最高かよ😈あいきゃんの曲中でのダンスがもうクールビューティで釘付けでした!!元々、ヨハネ推しだったのですが、この曲を通してヨハネ・あいきゃんが大好きになりました。可愛い人がロックテイスト曲をキレキレでやるのにメロメロになってしまう私は二日間ともに昇天してましたね😇リトルデーモン最高です😈

11.スリリング・ワンウェイ
Daydream Warrior→スリリング・ワンウェイのオタク殺しのセトリが最高に楽しすぎました。ここで体力9割は使いましたね。会場のボルテージが上がるのも一気に伝わってきたし何より演者も、めちゃめちゃクールかつテンションが上がっていましたね。オタク殺しのセトリはライブの醍醐味っすね。

12.P.S.の向こう側/近未来ハッピーエンド
13.LONELY TUNING/GALAXY Hide and Seek

14.Guilty Eyes Fever/コワレヤスキ
二言だけ。俺氏死ぬかとおもた。ドストライクすぎて、しゅき。

15.青空Jumping Heart

16.SKY JOURNEY

17.MIRAI TICKET
まさかのミラチケでひっくり返りました。この曲はアニメでAqoursの成長した姿が本当に歌とリンクしてしまって楽しい面もありつつ感動して泣きそうでした😂来週から2期も始まるし楽しみですね^_^

18.君のこころは輝いているかい?
初めてシングル買った時の事を思い出しました。MVもとても初々しくて可愛かったね。ここからAqoursの楽曲は始まったのかと思うと感慨深い。
19.サンシャインぴかぴか音頭
うちっちーがここでゲストで登場。思ってたより可愛かた😃何と言っても夏祭りの気分を味わえて楽しかた!!(ハッピ買えば良かったかもしれん…)あんちゃんの太鼓が会場中に鳴り響き、幼少期に夏祭りに行ったこととかも思い出したりもしました。
20.太陽を追いかけろ!
ここでトロッコの登場。個人的ですが、2日目この曲の最後で神席になりました。あいきゃんしゅきしゅきまんに、この瞬間なってしまったよね。アリーナの人間にこの時ばかりはかちました。みんな可愛かった。小林愛香さん気づいてくれてありがとうございました。これからもあなたのことを陰ながら応援しまふ。(
21.ユメ語るよりユメ歌おう/Landing action Yeah!!
1日目はユメユメ。本当にこの曲はPVが大好きなんです。(もちろん歌は言うまでもない)Aqoursの曲の中で当初は1番好きでした。「ユメを語る言葉からユメを語る歌が生まれるんだね」この部分の歌詞パワーワードすぎんか!??あとは歌詞からAqours(キャラ・声優)の成長を感じることができました。
最初は千歌ちゃんの突発的な思いつきで始まった。でも気づいたら1人、また1人と仲間が増えて行って、各キャラクターが悩みながらもみんなで壁にぶち当たりながら解決をしていき、どんどん成長していく。歌詞の中にもあるように、ちょっとずつ「明日が見えてきた」と思いました。
これは各キャラの声優さんにも通づるものだと勝手ながら思い込んでいます。1stライブは参加できてませんが、参加した知り合いの話を聞いていると、まだ心にゆとりがなかったのかなぁと参加もしてない奴ながら思った。でも、今回のツアーでは皆さんの頑張りが本当によく伝わってきて心に少しゆとりが出来たんだな、良かったと思う。歌詞内に「君と僕とで進むときだよ。あたらしい場所へ」と言う部分がある。きっと彼女たちは着実にキャラクター達と成長してくれてる。あんちゃんが、MC最後に「3rdツアー絶対ビックリさせてやるからな!見とけよ!」と言っていた。ツイッターでも言ったが、彼女達自身がキャラになりきってるのでなくキャラクター素のままなんだなぁと感じられた。また成長した彼女達をメットライフドームで見れる日が今から楽しみである。

今回のライブを通して、今まで以上にAqoursのことが大好きになった!一時期、モチベもなくライブ参加もこれを最後にしようと思っていた。しかし、彼女達の頑張っている部分に心打たれてしまった。あのコンテンツをやっていくのは相当不安だっただろう。でも彼女達は本当にラブライブ!が大好きでAqoursが大好きで、各々のキャラクターが大好きと言うことがとてもライブを通して伝わってくる最高のライブだった。特にAqoursのライブの魅力は衣装、楽曲ももちろんのことだが、自分はダンスに関して1番魅力を感じた。次のツアーも決まり、そして10/7からはアニメ2期も始まる。彼女達のことをこれからもラブライバーとして応援していきたい。次のツアーは出来れば全通しようと思う。本当に発車駅の名古屋から、終着駅の埼玉までAqoursの皆さんありがとうございました😃最高の時間空間を作り上げてくれてありがとう😊
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6201.JPG
おわり

↑このページのトップへ