今シーズンのB.LEAGUEも佳境を迎える中、3×3のシーズンが始まります。

渋谷で3×3チームを作り、4年。
その頃からやりたいと思っていたことをこの度、「3×3. EXE PREMIER」の開幕前イベントとして行います。

渋谷のシンボルともいえる「渋谷ヒカリエ」のフロアの一角にバスケットコートをつくります。誰でも触れることができる場所でバスケットボールができること、「非日常」の空間でバスケットボールをする快感を得てもらうこと、それらによって3×3を肌で感じ、知ってもらう機会を作りたいと思っています。

3×3は2020年、東京オリンピックの正式種目として追加採用されることとなりましたが、歴史は浅く、世界大会もスタートして間もないために世間にはまだ浸透しておりません。

一方で5人制バスケットボールにはない魅力があります。それを今回のヒカリエでのイベントや、今後展開していく「TOKYO DIME」の活動を通じて、多くの方の目や肌に触れて頂くことで、多くの方にその魅力が伝わり、さらにはバスケットボール全体の活性化に繋げたいと思います。

今回のイベントは純粋に3×3競技のPRが出来れば、それだけで成功です。皆様の情報拡散だけでも大きな力になります。開催にあたり本日、クラウドファンディングプロジェクトを立ち上げました。イベント詳細や開催に対する想いなども詳しく載せていますので、ご覧頂き、是非ご支援ください!

https://www.makuake.com/project/dime3x3/
一晩で早くも36%オーバー!ありがとうございます!

日時は6/6(水)、18:00-21:00。
場所は渋谷ヒカリエ11F 「スカイロビー」となっています。
参加・観覧は無料となっておりますので、是非ご参加ください。

detail_4328_1526661148.jpg
昨年10月、SHIBUYA CAST.(渋谷キャスト)で実施した3x3イベント。

先週末のチャンピオンシップ準々決勝で敗退し、B.LEAGUE 2017-18シーズンのチャレンジが終了しました。

今シーズンのハンナリーズは毎週のように成長を感じられるとても楽しいチームでした。若く勢いのある選手たちがたくさん入ってきてくれたので、最初はバタバタして大変でしたが終盤戦は本当にみんなが頼もしく思えました。

ブースターの皆さんの熱量も日を追うごとに高まっていったように感じました。それは観客動員数にも表れていますし、フロントスタッフの頑張りも目立ったシーズンだったと思います。チームもスタッフもブースターの皆さんも、京都ハンナリーズとして一緒に成長できたシーズンだったんじゃないかなぁ、と勝手に振り返っています。

初の天皇杯ベスト4、初のチャンピオンシップ出場、どちらも京都ハンナリーズの新しい歴史を切り開いた出来事ですし、その一員として一緒に戦えたことを誇りに思います。チームメイトもスタッフも皆素晴らしく、非常に恵まれたシーズンでした。

一方で、強豪チームには1年や2年ではなれません。結果だけ見れば強豪チームと肩を並べることができましたが、ハンナリーズが周囲から満場一致でそう呼ばれるようになるにはもう少し時間がかかると思います。「強豪チームたる文化」がなければ、継続的に勝つことは出来ないのです。

ハンナリーズは着々とその階段を登っている途中だと思いますが、さらに成長できる伸び代を大きく残したままシーズンを終えたとも感じています。最後までベストメンバーで臨めなかったことだけは唯一の心残りとなりましたが、それも含めてこのチーム、このシーズンだと思います。来シーズン以降の貴重な経験となったはずです。

個人的には、今シーズンもまたレギュラーシーズン60試合+α、全ての試合でコートに立つことが出来たことへの達成感と、コートに送り出してくれたチームへ感謝の気持ちでいっぱいです。やはりコートにいる時間が一番楽しいです。長いシーズン、痛い箇所はあちこちありましたが・・・なんだかんだでプレーしたいという気持ちが勝ってしまうあたり、まだまだ若いんだと思います。

改めまして、今シーズン応援してくださった皆さんありがとうございました。Bリーグが終わったらすぐに3x3のシーズンが始まりますので、年中バスケを観たい人はぜひそちらにも注目していてください。




2018CS.jpg
CS後に。アルバルク東京の正中岳城。11年一緒にプレーした同期です。
記者の方が写真送ってくれました。頑張れよ!

 【事務局より試合結果の配信】

 5/5(土) vs. アルバルク東京 GAME 1
 京都●71-78◯東京

 5/6(日) vs. アルバルク東京 GAME 2

 京都●68-106◯東京

 


 「京都ハンナリーズ vs アルバルク東京」は71-78で京都ハンナリーズは敗戦となりました。

 岡田優介は先発出場しました。 

 レギュラーシーズン最後の週末。勝って気持ちよく明日のラスト1戦、そしてその後のCSに繋げたいハンナリーズ。

 第1Q、序盤から攻め、中盤には岡田のアシストなどもあり、7点差まで差を広げます。

 しかし、残り4分のところでA東京に同点まで追いつかれます。その後は一進一退の攻防となり、15-15の同点で終了。

 同点で始まった第2Q。ハンナリーズは序盤から積極的に攻め中盤で9点差とリードを広げますが、またもやA東京の反撃に遭い、追いつかれ、第2Qも同点で終了。

 少しでも差をつけたいハンナリーズ。第3Qも初めから攻めて行き、残り3分で8点差をつけますが、三たびQの終盤でA東京に流れを掴まれ、残り6秒で逆転を許し、1点差をつけられて終了。

 第4Q、なんとか流れを掴みたいハンナリーズですが、序盤にA東京に追加点を許してしまい、差を広げられます。その後得点を重ねて詰め寄り、接戦に持ち込みますが、後半で失点を許し7点差で試合終了。

 第3Qまで1点差という接戦でしたが、最後でものにすることができず、悔しい敗戦となりました。

 

 

 

 「京都ハンナリーズ vs アルバルク東京」は68-106で京都ハンナリーズは敗戦となりました。

 岡田優介は先発出場し、6得点をあげました。

 レギュラーシーズンラストの試合。昨日の敗戦をバネに、勝って気持ちよくCSに繋げたいハンナリーズ。

 第1Q、序盤から岡田の2度の3Pシュートもあり、積極的に攻めていくハンナリーズ。A東京も点を返し、拮抗した試合となります。残り2分から連続で得点を重ねて4点差で終了。

 第2Q、A東京に序盤から得点を重ねられ、13点差まで広げられます。その後、ハンナリーズは7点差まで詰め寄り、逆転を試みますが追いつけず、12点差をつけられて終了。

 点を返したいハンナリーズですが、第3Q序盤からA東京に得点を許します。なんとか点を重ねるも、A東京にも追加点を許し、リードを広げられます。その後もA東京の流れのまま27点差をつけられ、第3Q終了。

 なんとか逆転したいハンナリーズ。第4Qは序盤から果敢にアタックをし、得点を返しにいきますが、最後までA東京の勢いを止められず、38点差をつけられて終了。

 今シーズンラストでしたが、第1Qの流れをそのまま掴むことができず、悔しい敗戦となりました。

 

      

 【岡田優介・主な個人成績】
5/5(土)

 プレイ時間: 21:20(先発)

 

 リバウンド(TR): 2本 

 アシスト(AS):  1本 

 スティール(ST): 2本

 

5/6(日)

 プレイ時間: 11:25(先発)

 得点: 6点

 3P(2/3)

 

 【Pick Up Tweet】

 

 
 
 
 
 


 【事務局より試合結果の配信】

 4/27(金) vs. 川崎ブレイブサンダース GAME 1
 京都●80-85◯川崎

 4/28(土) vs. 川崎ブレイブサンダース GAME 2

    京都●73-77◯川崎

 5/2(水) vs. 西宮ストークス GAME 1

 京都●69-92◯西宮

 


 「京都ハンナリーズ vs 川崎ブレイブサンダース」は80-85で京都ハンナリーズは敗戦となりました。

 岡田優介は先発出場し、3得点をあげました。

 今季初顔合わせの川崎との対戦。勝利をおさめて気持ちよく翌日の試合に繋げたいハンナリーズ。

 第1Q序盤から、ハンナリーズ、川崎共に点を取りに行き、拮抗した試合展開となります。

 中盤に岡田の3Pシュートが決まり、そこから波に乗って8点差をつけます。しかし、後半に川崎の反撃に遭い、残り1分で逆転され2点差をつけられて終了。

 第2Q、どうしてもこのQを取りたいハンナリーズ。序盤から点を返しに行こうとしますが、川崎に点を重ねられ、苦戦します。途中、岡田のアシストなどもありましたが、1点差をつけられて終了。

 第3Q、ハンナリーズが点を入れては川崎も入れ、つかず離れずの接戦に。ラスト4分半から川崎に点を重ねられ、巻き返せず7点差がついてしまいます。

 後がないハンナリーズは、第4Q序盤から点を返しに行きます。ハンナリーズはペースを握り、中盤で追いつきますが、共に点を取り合う接戦に。終盤で7点差をつけられ、点を返すことができず5点差で終了。

 序盤から拮抗した好ゲームとなりましたが、悔しくも敗戦となりました。

   

 「京都ハンナリーズ vs 川崎ブレイブサンダース」は73-77で京都ハンナリーズは敗戦となりました。

 岡田優介は先発出場し、2得点をあげました。

 前日の接戦での敗戦、序盤からリードを奪い試合を優位に進めたいハンナリーズ。岡田はスタートから5分間で3度の3Pシュートを放つなど、積極的に攻めます。第1Qを9点ビハインドで終えるも、第2Qも攻めの姿勢を崩さず3点差まで追い詰めます。

 第3Q、岡田のスティールをきっかけにした得点でこの試合初めて川崎からリードを奪い、最終Qを同点で迎えることに。第4Qは序盤から多くのフリースローを決め相手を突き放します。残り3分を切ったところで逆転を許し、1点を奪い合う拮抗した展開に。終盤、岡田の3Pシュートを軸とした攻めで試合を決めにいきますが、最後は届かず、悔しい連敗となりました。

  

  

 「京都ハンナリーズ vs 西宮ストークス」は69-92で京都ハンナリーズは敗戦となりました。

 岡田優介は先発出場し、15得点をあげました。   

 今シーズン残り3戦。しっかり勝ってCSに繋げたいハンナリーズ。
 第1Q、立ち上がりからハンナリーズ、連続得点を奪います。西宮も積極的に点を奪いに来ますが、岡田が約4分の間に4度の3Pシュートをすべて決め、一時は8点ものリードを奪います。残り3分、お互いに点を取り合う好戦となりますが、残り16秒のところで逆転を許してしまいます。1点差をつけられ、第1Q終了。
 第2Q、ハンナリーズは序盤から劣勢となってしまい、中々点を返すことができません。
 終始西宮に流れを掴まれ、相手にとってビッグQとなり、46-29で前半終了。
 第3Q、何とか点を返したいハンナリーズ。序盤から岡田が3Pシュートを決め、積極的なアタックで繋ぎます。しかし、得点が伸びず、西宮の追加点も止められずに29点差で終了。
 後がないハンナリーズ。第4Qでは岡田のアシストもあり、序盤から強気でアタックするも追いつかずに92-69で終了。
 序盤から岡田の3Pが決まり、岡田らしい活躍が見られましたが、第2Qでの差を埋めることができず、悔しい敗戦となりました。
 

     

 次戦は5/5(土) 17:05〜アリーナ立川立飛にて、アルバルク東京と対戦いたします。

     

 【岡田優介・主な個人成績】
4/27(金)

 プレイ時間: 22:24(先発)

 得点: 3点

 3P(1/3)

 リバウンド(TR): 1本 

 アシスト(AS):  1本 

 ブロックショット(BS):1本 

 

 4/28(土) 

 プレイ時間: 22:06(先発)

 得点: 2点

 2P(1/7)

 リバウンド(TR): 1本 

 アシスト(AS):  2本 

 スティール(ST): 1本 


5/2(水)

 プレイ時間: 22:09(先発)

 得点: 15点

 3P(5/9)

 リバウンド(TR): 1本 

 アシスト(AS):  2本 

  

     

 【Pick Up Tweet】

 
 
 
 
 


 【事務局より試合結果の配信】

 4/21(土) vs. 横浜ビー・コルセアーズ GAME 1

 京都●80-87◯横浜

 4/22(日) vs. 横浜ビー・コルセアーズ GAME 2

 京都◯80-76●横浜 

    

 「京都ハンナリーズ vs 横浜ビー・コルセアーズ」は80-87で京都ハンナリーズは敗戦となりました。

 岡田優介は先発出場し、14得点をあげました。

 今シーズン最終節。勝って気持ちよく次につなげたいハンナリーズ。

 第1Q、序盤から横浜に点を取られ、5点差まで広がりますが、中盤で岡田のアシストにより永吉の3Pシュートで巻き返し、逆転します。その後岡田の2Pシュートもあり、後半で5点差まで広げ、その勢いのまま追加点を重ねて7点差で終了。

 第2Q、横浜に序盤から巻き返され、その後は一進一退の攻防が繰り広げられます。終了6秒前の伊藤の3Pシュートによりなんとか5点差をつけて終えます。

 一切の予断が許されないハンナリーズ。第3Qは、横浜に追加点を許し、序盤に同点まで追いつかれますが、岡田の2Pシュート、3Pシュート、3度のフリースローによる追加点で、中盤で6点差まで差を広げます。しかし、後半残り4分のところで同点、そのまま横浜の流れになり、ハンナリーズも巻き返しを図りますが、届かず3点差をつけられて第3Q終了。

 そして最終Qがスタート。何とか勝負をものにしたいハンナリーズですが、序盤から横浜に追加点を重ねられ、中盤には15点差をつけられてしまいます。後半、マブンガの3Pシュートを切り口に、岡田の3Pシュート、フリースローにより逆転を狙いますが、悔しくも届かず7点差で終了。

 岡田のシュートが多く見られた試合でしたが、前半のリードを守りきれず、悔しい敗戦となりました。

 

  

 「京都ハンナリーズ vs 横浜ビー・コルセアーズ」は80-76で京都ハンナリーズが勝利いたしました!

 岡田優介は先発出場し、11得点をあげました。

 昨日の悔しさをバネに今日こそは勝ちたいハンナリーズ。

 第1Q、ハンナリーズは前半から攻めます中盤で岡田の2度の3Pシュート、2度のフリースローも決まり、岡田は第1Qだけで8得点。ハンナリーズは波に乗りそのまま7点差をつけて第1Qを終えます。

 第2Qでも積極的に点数を重ねて行きます。中盤に1点差まで横浜に巻き返されてしまいますが、マブンガの2Pシュートを初めとして持ち直し、流れを引き寄せ10点差をつけて終了。

 第3Q、この勢いのまま差をつけていきたいハンナリーズですが、序盤から横浜の反撃に遭い、3点差にまで差を詰められます。その後も攻められ第3Qだけで25得点を奪われ、巻き返しを図るも4点差をつけられて第3Q終了。

 後がないハンナリーズは第4Q序盤から巻き返し、岡田も3Pシュートを決めます。その後は一進一退の攻防が続きますが、残り2分から追い上げ、見事逆転勝利。

 岡田も多くのシュートを決め、粘りを見せて見事に接戦をものにしました。

 

   

 ご声援ありがとうございました。

    

 次戦は4/27(金) 19:05〜川崎市とどろきアリーナにて、川崎ブレイブサンダースと対戦いたします。

    

  【岡田優介・主な個人成績】

 4/21(土)

 プレイ時間: 27:21(先発)

 得点: 14点

 3P(2/7),2P(2/2),FT(4/5)

 リバウンド(TR): 1本 

 アシスト(AS):  2本 

 

 
4/22(日)

 プレイ時間: 25:29(先発)

 得点: 11点

 3P(3/6),FT(2/2)

 リバウンド(TR): 1本

 アシスト(AS):  1本 

  

    

    

  【Pick Up Tweet】

 
 
 
 
 



 【事務局より試合結果の配信】

 4/14(土) vs. レバンガ北海道 GAME 1

 京都○73-71●北海道

 4/15(日) vs. レバンガ北海道 GAME 2

 京都○73-71●北海道  

   

 「京都ハンナリーズ vs レバンガ北海道」は73-71で京都ハンナリーズが勝利いたしました!

 岡田優介は先発出場しました。

 リーグ戦も残りわずか。一戦一戦勝ちを重ねてチャンピオンシップに弾みをつけたいハンナリーズ。今日は常に僅差の、拮抗したゲームとなりました。第1Q中盤、勢いが北海道に傾きかけるも、岡田のアシストとスティールによりスミスの連続得点を呼び込み、流れはハンナリーズへ傾き、そのまま逆転。3点をリードし第2Qへ入ります。第2Q終了時は5点差、第3Q終了時点では1点差と、リードしながらも気の抜けない戦いが続きます。第4Q、開始早々北海道にフリースローを与え、ついに逆転を許しますが、その後ハンナリーズもすぐに追いつきます。一進一退の攻防が続く中、試合終了残り3分で再び岡田が出場します。インサイドを中心に攻めつつ、守りを固め北海道に逆転を許しません。最後は北海道トラソリーニの3Pがはずれ、2点差リードのまま、試合終了。最後まで守り抜き、接戦をものにしました。

 

 

 「京都ハンナリーズ vs レバンガ北海道」は73-71で京都ハンナリーズが勝利いたしました!

 岡田優介は先発出場し、10得点をあげました。

 今シーズン残り僅か。昨日の接戦をものにした勢いのまま、連勝を狙いたいハンナリーズ。

 第1Q、序盤から北海道ペースとなり、中盤で4点差まで広がります。その後スミスの2Pシュートなどで逆転、残り3分のところで岡田が戻り、3Pシュートを決めましたが、残り約1分半のところで再び逆転され、そのまま追加点を許し3点差となりました。

 3点差で始まった第2Qは、序盤から巻き返したいところでしたが、北海道の追加点が重なり中盤で12点差まで広がりました。そこから点差を縮めるも、7点差で後半へ。

 北海道の追加点を許せない状況のハンナリーズ。第3Qは岡田のアシストによるスミスの追加点で、開始3分で3点差まで追い上げ、残り5分半で同点。岡田の2Pシュートを切り口に追加点が重なり、逆転。1点差をつけて最終Qへ。

 一切の予断を許さない1点差で最終Qがスタート。ハンナリーズ、北海道共に点を取り合う展開に。中盤以降ややペースは北海道に傾く中、残り5分で岡田が再投入され、残り13秒、岡田のバスケットカウント3Pが見事決まり逆転、フリースローもきっちり決めます。すぐに2点を返されますが、再び岡田がファウルをもらい、自らフリースローを決め、そのまま試合終了。終了間際での岡田の活躍が光り、昨日に続き接戦をものにし連勝を飾りました。

   

  

  

 ご声援ありがとうございました。

   

 次戦は4/21(土) 18:05〜ハンナリーズアリーナにて、横浜ビー・コルセアーズと対戦いたします。

   

 【岡田優介・主な個人成績】

 4/14(土)

 プレイ時間: 19:52(先発)

 

 リバウンド(TR): 1本 

 アシスト(AS):  1本 

 スティール(ST): 1本 

 

 4/15(日)

 

 プレイ時間: 26:00(先発)

 得点: 10点

 3P(2/5),2P(1/1),FT(2/3)

 リバウンド(TR): 3本 

 アシスト(AS):  2本 

 スティール(ST): 2本 

 

   

   

 【Pick Up Tweet】

 
 
 
 



【事務局より「DIME Basketball School」開校のお知らせ】

この度、ゴールドジム(株式会社THINKフィットネス)様と3人制プロバスケットボールチーム「TOKYO DIME(東京ダイム)」の共同事業として、オーナー岡田優介がプロデュースするバスケットボールスクール「DIME Basketball School」を5月から開校いたします。

小学生(低学年・高学年)・中学生クラスを3クラスに分けた合計6クラスで、スキルアップコース・シューティングコースの2つのコースをご用意しています。

開校に先立ちまして、プレ体験スクールが4/17(火)から始まります!
プレ体験スクール申し込み ご希望の方はこちらから。

TOKYO DIME(東京ダイム)のTwitter上に詳細が出ていますので、こちらも是非ご覧ください。










また「#岡田優介3x3コラム」は、Twitterアカウント「TOKYO DIME(東京ダイム)」上で不定期に発信いたします。是非ご登録ください!

TOKYO DIME(東京ダイム)Twitterアカウント


  【事務局より試合結果の配信】

  4/7(土) vs. 滋賀レイクスターズ GAME 1

  京都◯77-75●滋賀

  4/8(日) vs. 滋賀レイクスターズ GAME 2

  京都●72-74◯滋賀

  

  「京都ハ<ンナリーズ vs 滋賀レイクスターズ」は77-75で京都ハンナリーズが勝利いたしました!

  岡田優介は先発出場し、7得点をあげました。
昨日の逆転勝利の勢いのまま、連勝を狙いたいハンナリーズ。昨日のように出だしで相手に主導権を渡さず、第1Q、第2Qの終盤まで一進一退の攻防が続きます。第2Q終盤、滋賀の連続ポイントなどでリードを奪われ、前半を7点差で終えます。後半開始直後も滋賀の連続ポイントで第3Q開始約1分で点差は14まで広がります。ここで相手の勢いを断ち切るように、岡田がバスケットカウント3Pを決めます。フリースローこそ外れたものの、オフェンスリバウンドからチームは2点を獲得。その後岡田のアシストからの伊藤の3Pなどが決まり、一気に2点差まで縮めます。流れがハンナリーズに傾きかけるも、滋賀が再び勢いを取り戻し、第3Q終了2分前からの連続ポイントで点差は再度広がり、第3Q終了時には13点差に。昨日のような逆転勝利を目指し、第4Q、ハンナリーズの反撃が始まります。中盤までは差が縮まりませんでしたが、試合終了残り3分からハンナリーズの連続ポイントで一気に差を縮め、試合終了残り1分で岡田のシュートが決まり、ついに2点差。あと1本を狙いますが、最後は届かず逆転勝利はならず。今週末は1勝1敗となりました。

  

  「京都ハンナリーズ vs 滋賀レイクスターズ」は72-74で京都ハンナリーズは敗戦となりました。

  岡田優介は先発出場し、5得点をあげました。

  昨日の逆転勝利の勢いのまま、連勝を狙いたいハンナリーズ。昨日のように出だしで相手に主導権を渡さず、第1Q、第2Qの終盤まで一進一退の攻防が続きます。第2Q終盤、滋賀の連続ポイントなどでリードを奪われ、前半を7点差で終えます。後半開始直後も滋賀の連続ポイントで第3Q開始約1分で点差は14まで広がります。ここで相手の勢いを断ち切るように、岡田がバスケットカウント3Pを決めます。フリースローこそ外れたものの、オフェンスリバウンドからチームは2点を獲得。その後岡田のアシストからの伊藤の3Pなどが決まり、一気に2点差まで縮めます。流れがハンナリーズに傾きかけるも、滋賀が再び勢いを取り戻し、第3Q終了2分前からの連続ポイントで点差は再度広がり、第3Q終了時には13点差に。昨日のような逆転勝利を目指し、第4Q、ハンナリーズの反撃が始まります。中盤までは差が縮まりませんでしたが、試合終了残り3分からハンナリーズの連続ポイントで一気に差を縮め、試合終了残り1分で岡田のシュートが決まり、ついに2点差。あと1本を狙いますが、最後は届かず逆転勝利はならず。今週末は1勝1敗となりました。

  
  

  

  ご声援ありがとうございました。

  

  次戦は4/14(土) 18:05〜北海きたえーるにて、レバンガ北海道と対戦いたします。

  

  【岡田優介・主な個人成績】

  4/7(土)

  プレイ時間: 25:31(先発)

  得点: 7点

  3P(2/5),FT(1/3)

  リバウンド(TR): 4本 

  アシスト(AS):   1本 

  

  4/8(日)

  プレイ時間: 24:39(先発)

  得点: 5点

  3P(1/5),2P(1/1)

  アシスト(AS):  1本 

  

  

  【Pick Up Tweet】

  
  
  
  




【事務局より試合結果の配信】

3/28(水) vs. 西宮ストークス 

京都◯96-78●西宮


3/31(土) vs. 琉球ゴールデンキングス GAME 1
京都●70-75◯琉球
4/1(日) vs. 琉球ゴールデンキングス GAME 2
京都●65-76◯琉球



「京都ハンナリーズ vs 西宮ストークス」は96-78で京都ハンナリーズが勝利いたしました!

岡田優介は先発出場し、6得点をあげました。

4連勝と波に乗るハンナリーズ。ホームに西地区5位の西宮を迎え5連勝を目指します。

攻めては52得点、守っては30失点と、前半だけで22点の大量リードを奪います。後半に入ると、西宮が徐々に得点を伸ばし、詰め寄られますが、ハンナリーズも攻撃の手を緩めず、岡田も第3Qで2本の3Pを決めるなど、前半で得たリードを保ちます。第4Qもそのままリードを保ったまま逃げ切り、5連勝。今週末は連勝の勢いそのままに、ホームで西地区首位、琉球ゴールデンキングスを迎えます。




「京都ハンナリーズ vs 琉球ゴールデンキングス」は70-75で京都ハンナリーズは敗戦となりました。

岡田優介は先発出場し、8得点をあげました。
5連勝中のハンナリーズ。西地区首位・琉球をホームに迎え、連勝の勢いそのままにライバルからの勝利を目指します。試合開始直後、岡田のアシストからスミスが決めて先制点をあげます。その後も岡田は3Pを決めるなどし、チームも試合を優位に進め、琉球相手に第1Qだけで7点のリードを奪うなど、9点差で前半を終えます。第3Q、ハンナリーズの得点が伸びず、琉球にこのQだけで5本のオフェンスリバウンドを奪われるなど、主導権を握られ、逆転を許し、3点のリードを許し最終Qを迎えます。第4Q、前Qの勢いのまま点差を広げられ、試合終了残り3分の時点で9点差となるも、そこから約2分間で3点差まで詰め寄ります。しかしあと一本が遠く、試合終了。ホームで悔しい逆転負けを喫しました。


「京都ハンナリーズ vs 琉球ゴールデンキングス」は65-76で京都ハンナリーズは敗戦となりました。

岡田優介は先発出場しました。

昨日の借りを返し、今週末の対戦成績を1勝1敗に持ち込みたいハンナリーズ。序盤から競り合いが続きます。ハンナリーズがリードを奪ったり、逆転する場面も見られますが、第1Qで4点、第2Qで2点、第3Qで2点、と少しずつ点差が開きます。それでも琉球を射程圏内にとらえたまま、最終Qを迎えます。第4Q、「逆転の京都」を目指し攻めますが、琉球との差は縮まりません。第4Q残り約4分、岡田も交代出場し逆転勝利を狙いますが、最後まで琉球をとらえることができず、敗戦。ハンナリーズにとってホームゲームで悔しい連敗となりました。




ご声援ありがとうございました。


次戦は4/7(土) 18:35〜ウカルちゃんアリーナ(滋賀県立体育館)にて、滋賀レイクスターズと対戦いたします。


【岡田優介・主な個人成績】

3/28(水)

プレイ時間: 17:09(先発)

得点: 6点

3P(2/5)

リバウンド(TR): 3本 

アシスト(AS):  1本 



3/31(土)

プレイ時間: 26:02(先発)

得点: 8点

3P(2/6),FT(2/2)

リバウンド(TR): 1本 

アシスト(AS):  1本 


4/1(日)

プレイ時間: 22:43先発

リバウンド(TR): 1本 

アシスト(AS):  1本 




【Pick Up Tweet】












【事務局より試合結果の配信】

3/24(土) vs. 島根スサノオマジック GAME 1

京都○83-68●島根

3/25(日) vs. 島根スサノオマジック GAME 2

京都○78-68●島根



「京都ハンナリーズ vs 島根スサノオマジック」は83-68で京都ハンナリーズが勝利いたしました!岡田優介は先発出場し、5得点をあげました。
連勝を伸ばしたいハンナリーズ。アウェイでの戦いが続きます。前半は両チームとも攻めあぐね、特にハンナリーズの守りが光り、前半の滋賀の得点を26点というロースコアに抑えます。岡田は得点をあげるだけでなく、前半だけで4本のディフェンスリバウンドを奪うなど、守りの面でも貢献します。後半に入ってもハンナリーズ優成の戦いは変わらず、第3Q時点で20点の大量リードを奪います。第4Qでは徐々に点差を詰められ、一時10点差まで詰め寄られましたが、その直後に岡田の3Pが決まり再びリードを広げるなど、終わってみれば15点差の快勝。岡田はリバウンド、アシストなども多く記録するなど、攻守にわたり活躍しました。

京都ハンナリーズ vs 島根スサノオマジック」は78-68で京都ハンナリーズが勝利いたしました!岡田優介は先発出場し、1得点をあげました。

4連勝を目指すハンナリーズ。第1Q、開始早々岡田がシュートを放ち、リバウンドからスミスがシュートを決め、先制点をあげます。その後、両チームが点を取り合い、一進一退の攻防が続く中、第1Q終了間際に島根がフリースローなどで得点を重ね、ハンナリーズは3点のリードを許します。第2Q、序盤に島根が得点を重ね、勢いが島根に傾きかけますが、中盤以降はハンナリーズが得点を重ね、逆転。前半終了時点で1点のリードを奪います。後半、ハンナリーズは島根を突き放します。第3Qだけで12点差、第4Qも最後は点差を詰められるものの、最大16点差までリードを広げるなど終始ハンナリーズのペースでゲームを支配し、4連勝。3月の戦績は7勝1敗となり、次戦は久々のホームゲームでさらなる連勝を目指します。



ご声援ありがとうございました。


次戦は3/28(水) 19:05~ハンナリーズアリーナにて、西宮ストークスと対戦いたします。


【岡田優介・主な個人成績】

3/24(土)

プレイ時間: 25:20(先発)

得点: 5点

3P(1/2),2P(1/1)

リバウンド(TR): 5本

アシスト(AS):  3本

ブロックショット(BS):1本


3/25(日)

プレイ時間: 24:36(先発)

得点: 1点

FT(1/2)

リバウンド(TR): 1本

アシスト(AS):  1本



【Pick Up Tweet】












↑このページのトップへ