月別アーカイブ / 2015年10月


中村佑介サイン会ツアー
 
名称未設定 2
会場はこのページで随時発表、詳細は店舗名をクリックして下さい。
店頭並びに、お電話でのご予約も受け付けしております。
講演会スケジュールはコチラ

■12/26(土)@東京 ジュンク堂書店池袋本店 SOLD OUT
■12/27(日)@新潟 ジュンク堂書店新潟店 ☎025-374-4411 ご予約受付中

■10/17(土)@
大阪 旭屋書店なんばCITY店 終了
■10/25(日)@那覇 ジュンク堂書店那覇店 終了
■10/31(土)@神奈川 ジュンク堂書店藤沢店 終了
■11/1(日)@東京 三省堂書店有楽町店 終了
11/3(祝・火)@仙台 紀伊國屋書店仙台店 終了
11/7(土)@札幌 三省堂書店札幌店 終了
■11/13(金)@大阪 スタンダードブックストア 終了
■11/21(土)@広島 紀伊國屋書店広島店 終了
11/22(日)@岡山 喜久屋書店倉敷店 終了
11/23(祝・月)@名古屋 星野書店近鉄パッセ店 終了
11/28(土)@秋田 ジュンク堂書店秋田店 終了
11/29(日)@千葉 三省堂書店そごう千葉店 終了
12/5(土)@福岡 ジュンク堂書店福岡店 終了
12/6(日)@鹿児島 ブックスミスミオプシア 終了
12/12(土)@京都 丸善京都本店 ☎075-253-1599
12/13(日)@大阪 紀伊國屋書店グランフロント大阪店 終了
12/19(土)@徳島 平惣徳島店 終了
12/20(日)@香川 宮脇書店本店 終了
 
10

参加方法
会場書店にて下記を購入された方に整理券をお渡しします。 
①2016カレンダー(定価1,200円)+イラスト教室(定価870円)
②2016カレンダー(定価1,200円)+クリアファイル1枚(4種類いずれか・定価432円)
③画集『NOW』(定価3,000円)
④画集『Blue』(定価4,104円)

書店により参加条件が異なる場合があります。 
サインする商品は下記の通りです。色紙や関連グッズにはサインは出来ませんのでご了承ください。
・『2016カレンダー』/画集『NOW』/画集『Blue』…イラスト入り
 ・イラスト教室…イラスト無し、中村佑介の名前のサインのみ
定員(150名)に達し次第、受付終了とさせて頂きますので、お早めにお申し込み下さい。 

先週末に発売されたみんなのイラスト教室、皆さまのご賛同とご協力のもと、おかげ様で重版がかかりました。これを機に、書店での偏りや売り切れが解消し、一人でも多くの届くべき人の目に留まることを切に願っております。 また、同時発売された2016カレンダーも含めた全国サイン会ツアーを只今行っておりますので、お近くに伺った際にはぜひ、絵や本のご感想を直接お聞かせ下さい。近々は神奈川、東京、仙台。スケジュール詳細はコチラからご確認下さい。

CRz62iLUAAA1ZQN
10

さて、そんな中、本日はTwitterで1通のお便りを頂きました。以前、講演会でお会いした絵を描くことが大好きで、漫画家志望の高校生の女の子、そのお母さまからです。

本来ならTwitterでやりとりするべきなのですが、とても140字の内容で収まらないことと、おそらく若い読者の中にも該当する方が多いだろうと思い、こちらのブログでお答えさせて頂く事になりました。まずは以下、相談全文です。

"今日は先生のツイート拝見して以前からプロの先生方にお聞きしたい事があり、この場でお尋ねさせて頂きます。世の中に出たいなら、自分の作品へのアンチ的な書き込み、評判は必ずあるもので、それに打ちのめされるようじゃプロを目指す事は無理、心が強くないとと思いますが、先生ご自身は、ファンとは間逆のアンチ的な人達がいらっしゃるとしたら先生ご自身はどういうお気持ちで対応していらっしゃるか参考に是非お聞かせ頂けると嬉しいです。

今はなんでも匿名でコメントや評価を書き込みされる時代なのでプロもアマチュアも色々メンタル強く無いと好きな事もやり続ける事も難しいかと。先日、プロの漫画家先生がそんなアンチ的な人達の書き込みでついに連載を休止されました。大好きな漫画家先生でしたのでショックと同時にあれだけのキャリアがある先生も今の時代のあからさまな書き込みについに休止せざるを得ないまでにされてしまうのだのだと、まだまだこれから夢に向かっている娘はそんなアンチ的な人達にどう向き合って行けばいいのか。

comico
で投稿していて本当に沢山の娘のファンになって下さった方々がいますが、本当にたまにですが、粗探ししてアンチ的なコメント書き込まれる事もあります。そのコメントにはファンになって下さった方々は忠告したりコメント欄がそこで荒れてしまいます。娘はcomicoはプロでは無いしそんなには気にしてない様ですが辛辣な書き込みあります。

この先もしプロになれた時に本職としてお仕事がもし出来るようになった時のアンチ的な人達の対応と言うか心構えと言うか、中村先生ご自身の常のモットー等お聞かせ頂けると参考になります。お忙しい中長々と大変申し訳ありません。"


comico…オリジナル漫画や小説の投稿・閲覧サイト。http://www.comico.jp/


以上、相談全文。『みんなのイラスト教室』とは謳ってみましたが、とうとう教室を抜け出し、実際の学校の相談室のようになってきましたね。臨むところですとも。内容を要約すると、『アマチュア時代の表現媒体としてのネットとの付き合い方』。そのことについては、本書にも詳しく書きましたが、今回はその裏側で起こる「作品に対するネガティブな意見や詐欺中傷と、どう向き合うべき?」ということについてお母様はご心配されています。

僕が娘さんと同じ高校生の頃、同じように絵を描いていましたが、まだインターネット自体が普及しておりませんでしたので、ネットを通して家族や友人以外に絵を見せて感想をもらえるなんて、本当に羨ましいなぁと思う反面、頂いたお便りのように、同時にそんな傷つく可能性も出てくることに、大人として心配している部分もあります。

インターネットが普及して15年ほど、少なからず自分に対しても、他人に対しても、ネガティブな意見に接することはありました。そして、その「ファン」の反対に位置すると考えられている「アンチ」と呼ばれる行動には、悪意というよりは、別の2通りの力が働いているのだと、僕は捉えるようになりました。


①エネルギーの反発


1つは"エネルギーの反発"。アンチや炎上の対象になる作品や発言は、意識的にも、無意識的にも、実は先に攻撃をしかけている事が少なくないことに気付きました。それは一見見えにくいのですが、例えばお店のトイレを綺麗に使って欲しい場合、次の4パターンの貼り紙を考えたとします。

A.「お前、見ているぞ!トイレを汚く使うな!!」
B.「トイレを汚く使わないで下さい!」
C.「トイレを綺麗に使って下さい」
D.「いつもトイレを綺麗に使って頂きありがとうございます。」


同じ内容と目的でも、けっこう印象が違いますよね。は今いちばん多いパターンで、言葉遣いが丁寧で、先に好意が立っているので、「あ、自分も綺麗に使うよう心掛けよう」となりやすいです。そしても、間違ったことは言っていないのですが、これが先に攻撃をしかけているパターン。綺麗に使っている人も含め、全方位的に犯人扱いをしていて、その上、言葉遣いも荒いので、「せっかく綺麗に使おうと思っていたのに…それならワザとおしっこ引っかけてやろう」とはさすがに大人なので思いませんが、トイレを出たあと「どんな店長だろう?」と顔を見たくなります。僕ならほどほど美味しくても、そのお店に、出来れば2度目は行きたくなくなります。

さて、これがインターネット上の発言ひとつひとつに適応される可能性があるという事です。しかも気を付けないといけないのは、先程の例はお店なので、「ま、料理は美味しかったので…いいか」となる人も多いかもしれませんが、ネット上のコミュニケーションのほとんどは、商売や等価交換の上に成り立っておらず、かつもっと全方位的な点。つまり、トイレの貼り紙ではなく、店先まで出て、町中に向けて「おいお前ら!見ているぞ!トイレを汚く使うな!!」とメガホンで四六時中、叫ばれている状態になります。するとやがて「下品」「近所めいわく」「筋違い」「意味不明」「気味悪い」…etc、近所の声が集まってきます。そしてネット上ではこちらも顔が見えないので、言葉遣いに気を使わず、また騒動が大きくなる。もとはトイレを綺麗に使ってほしいだけという、何も間違った想いじゃなかったはずなのに、過剰なエネルギーが放射されることによって、まるで磁石のS極とN極のように反発を生むわけですね。

そんな風に、僕から見ると、ほとんどのアンチと呼ばれる発言や炎上は、実は内容の正誤より、無意識を含める攻撃性、挑発性、優越感の誇示、他者への軽視等への反感な事が多いと感じています。ここを抑えて、どんな場面でも目的を正しく伝えるために活かしたいものです。


②未成熟と同世代性

2つ目は"未成熟と同世代性"。どんなアーティストでもファンがいればアンチはいる。「でも、ビートルズのアンチってあまり見かけないよね?」と父に言ったところ、「いや、お父さんの青春時代、まだビートルズがリアルタイムで活躍していた頃は、"ビートルズ派"と"ローリングストーンズ派"に別れていて、お互いファンがアンチな発言もしていたよ」と返され驚きました。だったらデビュー時は手塚治虫さんにも、作品に対するアンチな目線はたくさんあったのかもしれません。もうまったく想像も出来ません。

そんなところから、まだデビューしていない、もしくは超有名になっていないという未成熟な時期であることと、「同じ時代に同じような年代で活動している」という同世代性が、大いに関係があると思いました。言葉は難しいですが、例えば知らないおじさんが「おじさんも昔はテストでカンニングしたもんさ」と言っても笑って返せますが、同じクラスの同じくらいの成績の子のカンニングを見つけたら、ちょっとムっとしちゃいますよね。そんな感情の差だと捉えて下さい。

相談者の娘さんの場合は、作品を見た所、とても素直で優しい作品なので、①の原因は考えにくく、この②があてはまるのではないかと思いました。そしてこの条件は、まだプロとしてデビューしていないほとんどの創作者にあてはまります。「もっとたくさんの人に見て欲しい」"たくさん"には、「あなたが作品を発表することを楽しく受け取れない人」も含まれているのです。ここがポイント。

「あなたの作品を楽しく受け取れない人」ではなく、「あなたが作品を発表することを楽しく受け取れない人」と書きました。先程のカンニングの例を思い出してみて下さい。「同じ年代で、同じくらいの成績」という条件さえ当てはまれば、例えカンニングしたのがAさんであっても、Bくんであっても、同様に「ム」もしくは「え」となると思います。つまり、お母さんが見て思わず相談の筆を取らずにはいられなかった辛辣なメッセージは、娘さんでも、娘さんの作品でもなく、「同世代が発表していて、周りから一定量の評価を得た」という事自体に向けられているのです。もちろんさっきのは例えであって、娘さんはカンニングのようなズルして評価を得た訳ではなく、努力して評価を得ている。ただし他人がそれを「ズル」と思うか思わないかは、こちらは決めることができません。(ネット上でのパクリやトレース騒動が過剰に起こる原因もここにあると、僕は捉えています) 「お金持ちの家に産まれてズルい!」「容姿端麗に産まれてズルい!」だって、これ本人がズルした訳じゃないですもんね。


③まとめ

だから②のケースは娘さんだけでなく、ネット上に発表している以上どの作家にも該当します。それなのに作家の数だけの中傷の事例がないのは、口にしていないか、慣れちゃってるか、気にしてないか、そもそも見ていないだけでしょう。そして、コメントが毎回1つで、それが決まってアンチな発言だという事例はほとんど見かけないことからも、それは娘さんの作品が他者に受け入れられているという何よりの証拠なのです。

もちろん、他にも様々なケースがありますし、思春期にネットがなかった世代としては、伺い知れない心の部分もありますが、作者側はそんな風に捉え、作品に専念すれば良いと考えています。だって作家にとって最大の敵はアンチではなく、「相手にされない」「描けない」なのですから。それに肉親の過度な心配こそが、作家として自立する際の、一番のネガティブな姿勢として感じてしまう年頃でもあります。今後ともドーンと構え、彼女を信じ、ネガティブな意見をケロッと忘れちゃうくらいの、いちばんのファンでいてあげて下さい。


以上、『みんなのイラスト教室』番外編。教室から飛び出し、相談室からお送りしました。





先日ご紹介させて頂いたみんなのイラスト教室と同じ10/23に、中村佑介2016カレンダーも出ます。そしてその2冊の発売を記念して、年末にかけ全国サイン会ツアーも行います。

COYtER_UwAAfE5w
2015年10月23日(金)発売/見開きB3サイズ/1200円(税込)/飛鳥新社

壁掛けカレンダーは2011年度のものから定期的に発売しており、今年、2015年度は毎年要望の多かった卓上カレンダーとして、雑誌「イラストレーション」~中村佑介特集号の付録として付けて頂きました。
カレンダー
イラストレーション

「イラストレーション」付録の卓上カレンダーは来年3月まで使え、ボリュームのある特集内容も、これまでにないほど充実しておりますので、在庫がある今のうちにぜひ読んで頂きたい1冊になっております。(雑誌は出ている分のみで追加生産がありませんので)

さて、それでは「2016年カレンダー」の内容をご紹介します。毎年カレンダーの感想を聞いていると、「今年も破るのが勿体なくて使えませんでした」という声がすごく多かったです。それは絵の作者としてはとてもうれしいご意見なのですが、同時にカレンダー制作者としては、やはり寂しいものがありました。そこで今年は破らなくても済む見開き式を採用しました。
名称未設定 5
見開き式のメリットは、綺麗に使い終えられるだけでなく、全体のサイズが2倍に大きく出来るので、日付欄も絵の中に入り込むことなく、別枠に大きく配置できるので、スケジュールも書き込みやすくなりました。以下が昨年のものとのサイズ比。ちなみに畳むと昨年のものより小さくなります。
size
そして中身。毎月めくる度にどんな絵になるのか楽しみにして下さる方もいらっしゃると思いますので、ここでは半分だけお見せしますが、お馴染みの本の表紙やCDジャケット、オリジナル作品を昨今のものを中心に季節に合わせた12枚。(下部に各月コメント入り)
COYtEPiUwAAkb8C
さらに、最後の1ページは見開きを利用して、表紙絵柄のB3巨大ポスターになっております。ポスターのお問い合わせが非常に多かった事と、カレンダーは使い終わると用途もなく、実は置き場に困るものであること。この2点を同時に解決させました。
名称未設定 4
縦36.4×横51.5cmの大きさで、左側が12月分の重さがあるので、この最終形態だけは額などに入れて飾るとより安定します

また、画像ではわかりにくいですが、今年のカレンダーも表紙には高級感溢れる特色の金色を使っており、角度を変えるとキラっと光るので、これもぜひ現物で楽しんで頂きたいポイントの1つです。

DSC03067

以上がカレンダーの内容紹介でした。 続きましてその『2016』カレンダーと『みんなのイラスト教室』の刊行記念サイン会ツアー、以下、全17県20会場のスケジュールです。

2016カレンダー』&『みんなのイラスト教室
中村佑介サイン会ツアー
名称未設定 2
会場はこのページで随時発表、詳細は店舗名をクリックして下さい。
店頭並びに、お電話でのご予約も受け付けしております。
講演会スケジュールはコチラ

■10/17(土)@大阪 旭屋書店なんばCITY店 終了
■10/25(日)@那覇 ジュンク堂書店那覇店 終了

■10/31(土)@
神奈川 ジュンク堂書店藤沢店 0466-52-1211
■11/1(日)@東京 三省堂書店有楽町店10/14~受付)03-5222-1200
11/3(祝・火)@仙台 紀伊國屋書店仙台店10/17~受付)022-308-9211
11/7(土)@札幌 三省堂書店札幌店 011-209-5600
■11/13(金)@大阪 スタンダードブックストアサイン会13時~/トークショー19時半~)06-6484-2239
■11/21(土)@広島 紀伊國屋書店広島店 082-225-3232
11/22(日)@岡山 喜久屋書店倉敷店 086-430-5450
11/23(祝・月)@名古屋 星野書店近鉄パッセ店 052-581-4796
11/28(土)@秋田 ジュンク堂書店秋田店 018-884-1370
11/29(日)@千葉 三省堂書店そごう千葉店 043-245-8331
12/5(土)@福岡 ジュンク堂書店福岡店 092-738-3322
12/6(日)@鹿児島 ブックスミスミオプシア 099-813-7012
12/12(土)@京都 丸善京都本店 075-253-1599
12/13(日)@大阪 紀伊國屋書店グランフロント大阪店 06-7730-8451
12/19(土)@徳島 平惣徳島店 088-622-0001
12/20(日)@香川 宮脇書店本店 087-851-3733
■12/26(土)@東京 ジュンク堂書店池袋本店 03-5956-6111
■12/27(日)@新潟 ジュンク堂書店新潟店 025-374-4411
 
10

参加方法
会場書店にて下記を購入された方に整理券をお渡しします。 
①2016カレンダー(定価1,200円)+イラスト教室(定価870円)
②2016カレンダー(定価1,200円)+クリアファイル1枚(4種類いずれか・定価432円)
③画集『NOW』(定価3,000円)
④画集『Blue』(定価4,104円)

書店により参加条件が異なる場合があります。 
サインする商品は下記の通りです。色紙や関連グッズにはサインは出来ませんのでご了承ください。
・『2016カレンダー』/画集『NOW』/画集『Blue』…イラスト入り
 ・イラスト教室…イラスト無し、中村佑介の名前のサインのみ
定員(150名)に達し次第、受付終了とさせて頂きますので、お早めにお申し込み下さい。


今年はじめの画集『NOW』サイン会ツアーでは周れなかった県も出来るだけ入れてもらいました。(他県の方は次回ツアーでは必ず) 会場となる書店、参加方法などにつきましては、現在調整中ですので、決まり次第、すぐにこのページで更新してゆきます。参加予定の方は詳細発表までスケジュールにをつけておいてください。

それでは、2016年もご一緒できますように。


追伸/Amazonで5000円のプレ値がついてしまっている「2014カレンダー」、不本意なので、オフィシャルサイトで元価格の半額500円で通販はじめました。ただし送料もかかりますし、2014年のものですので、「どうしても」という方向けの50部限定です。

中村佑介2016カレンダー
中村佑介
飛鳥新社
2015-10-23


この度、10/23(金)『みんなのイラスト教室』という本を全国書店にて発売することとなりました。

CN9vU5LUsAADI9J
中村佑介著/ソフトカバー単行本/130P/A5サイズ
870円(税込) 2015年10月23日(金)発売
 
これはいわゆる「~の描き方」「~の方法」みたいな、イラストやデザインの"ハウツー本"なのですが、今作のタイトルや表紙通り、下は小学生から上は大人までを対象にしています。そしてこの商品を買った人はこんな商品も買っていますの部分を見てもらえばわかる通り、専門書の平均価格が1500円~2000円のところ、フルカラー130ページで870円(税込)にしました。その理由を語るには、僕が中学生の頃までさかのぼります。


当時の僕も絵には興味がありましたので、「何か絵がうまくなれる本ないかなぁ…?」と本屋さんに行って数時間後、結局何も持たず家に帰って来てしまいました。というのも専門書の平均価格1500円は、中学生からは高く、また内容も「難しそう…」と引いてしまったのでした。

そうこうしているうちに、中学校2年生、3年生となるにつれ、クラスで絵を描いている子の数は見る見る減ってゆき、高校を卒業する頃には僕のレッテルは「絵の上手い子」から教室で1人の「オタク」「変わり者」に変わっていました。小学校の時はクラスメイトの大半は絵を描いていたのに。あの子もあの子もかつては絵が上手い子だったのに。なぜこのような事が起こるのだろう、とずっと気がかりでした。それが義務教育の図工や美術の授業に問題があると思ったのは、それから随分経ち、大人になってからです。

僕はプロのイラストレーターになっており、全国の学校を講演会でまわる日々を過ごしていました。そこで高校生から絵を描く上での具体的な質問より、「イラストレーターに憧れているけど、なれる自信がない」「イラストレーターになりたいけど、親に反対されている」と言った、相談というより嘆きのような声を多数聞くようになりました。またサイン会を周っても必ず「絵には詳しくないんですが…」という前提つきで、絵の感想を言われるようになりました。大人になるにつれ僕の周りで絵を描く子が減ったのも同様に、これらの原因の多くは、先程言った「義務教育の美術の授業」での誤解から生まれるものだと思いました。

例えば、絵を描いていたら「遊んでないで勉強しなさい!」と親に注意されたことはないでしょうか? またお子さんに言ってしまった事はないでしょうか? れっきとした義務教育の通信簿に採点が載る教科だというのに、おかしいですよね。

これは、「自由な感性を育もう」、「個性を大切に」、「ピカソは解らないからスゴイ!」、「芸術は爆発だ!!」…などなど、あまりにもボンヤリと片寄った教育をしてきたおかげで、図工や美術が"主要五科目"(算数・国語・英語・理科・社会)よりも、ほとんどの生徒にとってはどちらかというと"休み時間"の延長線上に位置しているからです。その証拠に、絵の中で安定した収入になるイラストやデザイン、長者番付にも載るような高収入に繋がる漫画家の仕事紹介は教科書には載っておらず、いまだに昔の名画ばかりが並んでいます。(※名画を学ぶのももちろん大切です)

そして、「絵はよくわからない」「お金にならなさそう」という誤解へとごく自然に繋がり、親に頭ごなしに反対される要因となります。逆を考えれば、主要五科目は親も通った道であり、将来直接的に大学や就職、つまりお金に結び付きやすそうなので、褒められ、やめていく人が少ない訳です。そこで唯一すがれるものが専門書のはずなのですが、僕が中学時代に体験したように、値段と内容が中学生向きではないんですよね。だからと言って、「日本の教育制度が!」と嘆いていても物事は何も解決しないので、自分で教科書を作る事にしました


まずは値段。今回教科書を作るにあたり、やはりフルカラーで100頁以上ある単行本となると、どれだけ制作費や材料費を抑えても1200円以上になるは仕方のない事だとわかりました。そこで単純に、僕の印税(本が売れたら作者に入ってくるお金)と広告費を削り、さらには今回の刊行元である飛鳥新社の偉い方に「教育の為に!」とご理解頂き、出版社としての利益率も抑えてもらいました。そしてようやく870円(税込)という値段を実現することに成功しました。

次に内容。大人になってからいくつかの専門書を読んでみて、中学生当時の僕が難しいと感じたのは、"内容"ではなく"言葉"だということがわかりました。特に専門用語。「色彩」「明度」「彩度」「構図」「感性」「タッチ」「テーマ」「モチーフ」「パース」「センス」「才能」…etc、絵を描いている人以外の生活ではほとんど出てこない用語が、ごく当たり前の顔をしてバンバン登場する。だから、それをなるべく廃止し、誰でも知っている言葉のみを使って、プロの方法を紹介することにしました。

だから、今回の『みんなのイラスト教室』は参考書の中でとても安く、平たい言葉を使っていますが、決して子供向けでも、品質が低い訳でもなく、プロが教える普通の専門書です。僕は全年齢向けの"あたらしい絵の教科書"として使ってほしいので、裏面に名前記入欄も作っておきました。

ura

 さて、前置きが長くなりましたが、ここまでが本を作るにあたってのご説明。ここからが内容紹介です。まずはもくじをご覧下さい。(文字が見にくい人はクリック→拡大して下さい)
pdf

初級から中級までの計12回では、各回1名ずつ、実際に生徒作品を使って、授業をしています。

名称未設定 5

上記は例として1ページずつ抜き出してみました。よくある「描き方」ではなく、生徒それぞれの絵柄は変えずに、「置き方」と「色のえらび方」のみで、絵を見やすく、また、見てもらいやすくする方法を数ページに渡って丁寧に解説しておりますので、どんな絵を描かれる方でも、当てはまる部分を数多く見つて頂けると思います。

また、それ以外のページでは、実際に僕が絵を描くときの考え方進め方、素晴らしい日本のイラストレーションの解説などの読み物。そして僕がこれまで手掛けてきた数々の書籍カバーやCDジャケットのラフ完成品との違いを紹介するコーナーもあります。

名称未設定 6
 ラフ
さらに、絵を描くときのことだけではなく、周りに絵を専門的に学んでいる人がいない中高生のために、進路の参考や決め方も詳しく載せております。

1

2

 以上のような内容の全130ページが『みんなのイラスト教室』です。前述した通り、どんな年齢の方でも、出来るだけ手に取りやすい値段に抑えるために、印税だけでなく広告費も削っておりますので、通常の本のように雑誌、新聞、テレビ、有名ニュースサイトなどには告知を出すことが出来ません。だからどうか、絵を描いていない人も、周りに心細く1人で絵に立ち向かっている人がいたら、「安くて本格的な本あるみたいよ~」とぜひ、この本の存在を教えてあげて下さい。もちろん絵を描いていない人でも十分に楽しめる内容にしております。

という訳で、どなた様も10/23に本の中の教室でお会いしましょう。学費は870円(税込)。入学資格はもはや「絵を描く人」でも「絵がわからない人」でもなく「絵が好きな人」のみ。年齢も作風も問いません。最後に、写真を撮り直す費用も削った為に、襟が立ったままになってしまっている校長の肖像画を見て、起立、礼、解散!!

名称未設定 3


中村佑介2016カレンダー
中村佑介
飛鳥新社
2015-10-23

前編に引き続き、本の表紙を描くときのメイキングをご紹介。
後編は8/25に発売された森見登美彦さん『新釈 走れメロス 他四篇』 について。

新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫)
森見 登美彦
KADOKAWA/角川書店
2015-08-25


①テーマ
森見さんとはこれまで『夜は短し 歩けよ乙女』の単行本版と文庫版、 『四畳半神話大系』の文庫版という計3冊でご一緒させて頂いておりました。

名称未設定 1
だから『新釈 走れメロス 他四篇』はこれらに続く4冊目となる訳なのですが、今作は他のものとは少し趣向が違いました。それはタイトルからもわかる通り、誰もが一度は目にしたことがあるだろう過去の日本純文学の森見さん流の京都を舞台とした現代的翻訳となっているのでした。音楽でいうと、歌詞やアレンジを少し変えたカバーソング集といった趣き。

さらに角川書店の担当編集の方からは、「舞台が地続きにある『夜は短し~』(文庫版)、『四畳半~』のシリーズとして刊行したいので、表紙も"アップの女の子"と、それを縁取る"大きなアイコン"(上記のリンゴや畳の事)を入れてほしい」とのリクエストが。何という無理難題(笑) なぜなら表題作である「走れメロス」はご存じの通り男性2人が主役であって、それは森見版でも変わらず、唯一登場する須磨さんという女性でさえ、ヒロインというよりは名脇役に留まっているからなのでした。
名称未設定 2のコピー
原稿を読んでいる途中にメモした須磨さん


しかし、よく考えてみると、実はこの本の大きなテーマは、収録されている5篇ひとつひとつの物語というよりは、1冊を通して「純文学の再生」にあると感じました。そしてその「再生」とは同時に、一時休筆なさっていた森見さん自身の復活をも意味する大切な1冊となることを、原稿を読み進めるごとに確信してゆきました。そこでカバーでの主役は「走れメロス」から須磨さんの姿をお借りし、"文学を見守る女神"であると同時に"文学(と締切)で苦しんでいる森見さんの化身"を描こうと思いつきました。

②アイデア

 そこで、①のテーマを元にメモ帳にアイデアをいくつか描いてゆきます。

名称未設定 5
 アイデア初期段階

左から段々、ぼんやりしていたイメージがクッキリしていく事がお解り頂けると思います。周りの枠(アイコン)も、窓が扉に変わり、最後はインク瓶になっていますね。ただしポーズだけは頑なに頬杖をついている。それはなぜか。森見さんも並々ならぬ想いがあるだろう、このお方からです。

Dazai_Osamuosamu_dazai

そう、表題作である『走れメロス』の作者・太宰治さんのお馴染のポーズ。オマージュの意味も込めて、彼女には頬杖をしてもらう必要があると判断しました。しかし頬杖をつかせる為だけに、正面を向いていると、彼女が意思を持ち過ぎて、主人公のようになってしまう。そこで横顔にしたアイデアも描いてみました。
 名称未設定 6
 アイデア完成

そして、バストアップの構図において、左のアイデアでは、頭の草冠や髪形から、女神的な昔の人物(お話)だと店頭で間違って認識されないように、あくまで現代解釈として、髪も現代的にポニーテールにすることにしました。また、読者をすんなり物語の世界へいざなえるように、本を開く左向きの顔にしています。これでアイデアは完成です。


③ラフ

 それでは次に②で決まったアイデアを元に、今度はメモ帳ではなく、大きな紙にラフを描いていきます。まずは鉛筆で下書きから。ここでもっと細かくアイデアを足したり引いたり、書きながら考えてゆきます。
名称未設定 4
ラフ下書き 

アイデアの時点で最終的に削除した"草冠"は、"インク瓶"の代わりに、周りを縁取るアイコンに変更しました。或る程度、目途が立ったら、その上からペン入れをしてゆきます。
名称未設定 1
ラフ線画

 ここでは、線の差をわかりやすくする為に、下書きの線は紫色にしております。この時点で、アイデア時に削除されたインク瓶も下に入ってきましたね。そして細部を描き込むことにより、リボンにもマフラーにも鎖にも見えていたものが"しおり紐"だとわかるようになりました。それにより、背景の分割された部分に、ひとつひとつの物語を入れ込みます。ペン入れが出来たら、スキャナでパソコンに取り込み、フォトショップというソフトで着色してゆきます。

僕の場合は、色は面積の一番大きな部分から決めていきます。それが店頭において遠くから表紙を見つける際の最大のポイントになるからです。『新釈 走れメロス』の場合は、過去の名作たちが新たな命を吹き込まれた意味でも、過去に発売された祥伝社文庫版の表紙へのリスペクトの意味でも、パッと目を引く鮮やかな黄色を択びました。

ラフ_SX344_BO1,204,203,200_

そして、脇役であるメロスの草冠の、指し色になるリボンのを、テーマカラーの黄色に合うように調整し、残りの部分はそれらより目立たぬよう、かつ引き立たせるように、次々に塗り絵をしてゆきます。

4
ラフ着色

この時点で、一度、編集担当さんと森見さんに「こんな感じでいかがですか?」と見てもらいます。本読みから始め、ここまでで約一週間(×15時間)の作業です。そしてOKが出たら、いよいよ本描きに進みます。


④本描き

制作工程自体はラフと同じなので、下書きは飛ばしてペン入れから。本描きではきちんと定規やコンパスを使い、より綺麗な線を描きます。僕の場合はラフが丁寧なので、パッと見は見分けがつきませんが、ラフと本描きを重ねて比べると、ものの大きさや位置、つまり構図もさらに整えている事がお解り頂けると思います。
 meros
黒:本描き線画/オレンジ:ラフ線画

まるでジェンガを積み重ねていくように、こうして手に取った人の脳がさらに気持ち良くなる絶妙な安定感を産み出してゆきます。なので、ラフとは違い、慎重に慎重に神経を使い、線画だけで丸4日(×15時間=60時間)くらいかけています。そしてラフと同様に、これが終わると着色です。

名称未設定 2
本描き(左:線画/右:着色)
この着色も、作家や編集者にだいたいのイメージだけを伝えれば良いラフ時より、完成品としてかなり細かい調整をしてゆくので、丸3日(×15時間=45時間)くらいパソコンにかじりついています。本描き合計1週間。ここでようやく僕の担当する作業は完成です。それではここでもう一度、ラフと完成品を並べて比べてみましょう。

 名称未設定 3
本描き完成

あれだけ丁寧に見えたラフも、こうして完成品と比べてみると、かなり簡素で粗く、バランスが傾いていたことに気付かれると思います。そんな細かいことはわからなくとも、本描きの方がピッチリ、そしてズッシリした印象がありますよね。これがイメージのみを伝えれば良い"ラフ"と、手に取ってレジまで持って行って貰わなくてはならない商品である"本描き"の差です。「家ではズルズルのジャージだけど、パーティにはパリッとしたドレスを着て行こう」、そんな意識の差だと思って下さい。苦労した甲斐もあり、著者である森見さんにも気に入って頂けたようで、ひとまずはホッと胸を撫で下ろしました。

さて、そうして出来あがったイラストのデータを出版社に転送して、デザイナーさんが内容と絵に合うタイトル、作者名、帯などをデザインして下さいます。

DSC03065

その後、印刷所、取り次ぎを通過し、書店、そして読者の方々のお手元へとようやく届くのです。本屋さんに並んでいる本は表紙だけ考えても、みんなそうして作られています。それを思うと、メロスの走った距離と同じくらい長い道のりなのかもしれませんね。以上、2冊の新しい昔話に関するメイキングでした。(絵の細かなモチーフ・内容に関しましては、ネタばれはさせたくありませんので、各自、各小説の中にてご確認下さい)

名称未設定 3
森見3姉妹
 
最後に、今回のような、より細かなメイキングも掲載されているイラストハウツー本みんなのイラスト教室と、今回のメロス表紙も収録されている中村佑介 2016カレンダー10/23(金)に発売されます。ご興味のある方はそちらもぜひお楽しみ頂ければ幸いです。それでは良い週末を。
870円(税込)

中村佑介2016カレンダー
中村佑介
飛鳥新社
2015-10-23
1200円(税込)

↑このページのトップへ