月別アーカイブ / 2015年06月

こんにちは。中村佑介です。
まずはLINEブログ開始早々、たくさんのコメントありがとうございます。
とても励みになります。また質問や要望などある場合も、あっちのオフィシャルLINEアカウントでは、せっかく話しかけて下さっても、僕からは見えませんので、こちらのコメント欄までお寄せ下さいね。

さて先日、同志社女子大学で講演会がありました。

名称未設定 2
イラストレーターという職業柄、普段は芸大や専門学校が多いのですが、同志社女子大学にもデザインを学べる「情報メディア学科」があり、そこの学生さんたちが呼んでくれました。「とは言え、芸大のデザイン学科とは趣向が違うだろうし、何を話せば良いのだろう?」や「人は来てくれるのだろうか?」など当日まで迷っていましたが、蓋を空けると、会場は立ち見まで出るほどの超満員。芸大を含めた最近の講演会の中で、一番たくさんの方が参加して下さいました。

特にこの日は同志社女子の在学生だけではなく、半分くらいは一般参加者。これも学校で行う講演会では非常に珍しいことです。そりゃそうですよね。「入っていいよ」と言われても、自分の学校以外にはなかなか入り辛い。ヒミツの花園こと女子大なら「入っちゃダんメ!」と言われても、ぜひとも入りたい妄想が膨らむけど、現実はやっぱ気軽には入れないでしょう。

で、この不思議な現象を「なぜなんだろう?」 と考えてみると、そういえばTwitterで告知した時にも、この日の講演会だけはRT数が3ケタ行ってたんですよね。その時の情報メディア学科の学生さんが作った告知画像がコレ↓。

CEydG2GUkAAyURT
デザイン的に、赤と黄色の組み合わせは、踏切やマクドナルドからもわかる通り、パッと目が行きやすいんですよね。その上、フォント(書体)が真面目すぎない。「講演会」と聞くとよほど絵やその人に興味がないと「なんか難しそ~」と腰が引けるけど、こんな可愛いデザインならRTしたいし、気軽に参加してみたくなるイメージだったのです。

つまり、講演会をはじめる前から、あんなにたくさんの一般参加者を集められた時点で、その情報メディア学科の学生さんは、デザイン面でもマーケティング面でも、すでにプロ顔負けに秀でているので、もう教えることがなくなってしまったのです(笑) そこでその日の講演会の内容は、「そんな能力を得た上で、では次にどうやって本当にプロの道に進み、その後、生活をしてゆくか」という内容にしました。

名称未設定 1
無事2時間の講演を終え、その後の懇親会(←これまた堅苦しい字面だけど、飲み食いしてお喋りしてるだけ 笑)でも、実際に見せて頂いた情報メディア学科の学生たちの作品も、とてもレベルが高く驚いてばかり。僕の方が勉強させてもらった1日でした。参加して下った皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました。


という訳で、僕はいま、全国を講演会ツアーで回っています。早いところでは来週の福岡をはじめ、東京兵庫神戸愛媛仙台那覇大阪と続きます。中には高校生限定の会もありますが、基本的に一般参加OKですので、「学校どこにしよう…」という方から「絵を描いてないけど、見るのは好き!」という方まで、ぜひとも遊びにいらして下さい。『講演会』といいつつ『トークショー』に近く、内容は会場ごとに変えておりますが、大体こんな感じ。身近なイラストを題材に、「なぜそれが素晴らしいのか」、「どうやってそんなものを作るのか」をお話しております。学校によっては実際の絵の添削も行っておりますので、「自分の作品を見て欲しい!」という方は、各会場までお問い合わせ下さい。ブログでもLINEでも会場でも、どこかでお会いできること、楽しみにしています。

中村佑介講演会ツアー2015

■5/10@
福岡 (日本デザイナー学院九州校) 終了
■5/16@東京 (ワニスタ) 終了
■5/23@京都 (京都市立芸術大学) 終了
■6/3@京都 (同志社女子大学) 終了
6/20@福岡 (ヒューマンアカデミー福岡校) 終了
■6/27@東京 (ヒューマンアカデミー東京校) 終了
■7/11@兵庫 (尼崎市総合文化センター) 終了
7/19@神戸(ヒューマンアカデミー神戸校) 終了

■7/25@
愛媛■ 高校生・在校生限定
日時:2015年7月25日(土)10:30~14:00
入場料:無料(※要予約)
お問い合わせ:0120-495-338

■8/1@インターネット
会場:schoo
日時:2015年8月1日(土)19:00~21:00
入場料:無料
詳細:https://schoo.jp/class/2529

■8/22@大阪
日時:2015年8月22日(土)12:00~
入場料:無料(※要予約)
詳細:
http://www.oca.ac.jp/event/special/201507/nakamura.html

■9/27@仙台
日時:2015年9月27日(日)13:00~
入場料:無料(※要予約)
お問い合わせ:0120-050-459

■10/24@那覇
日時:2015年10月24日(土)13:00~
入場料:無料(※要予約)
お問い合わせ:0120-55-7815

■11/14@大阪
日時:2015年11月14日(土)13:00~
入場料:無料(※要予約)
お問い合わせ:0120-06-8601

work
意気揚々と「ブログはじめました!」と言いたいところですが、前ブログからのお引越しということで、正確には「LINEブログはじめました!」ですね。イラストレーター中村佑介です。

以前使用していたエキサイトブログは2006年から書きはじめておりましたので、9年。その間にもインターネットはmixi、Twitter、Facebook、そしてLINEと様々なコミュニケーションツールが登場し、その都度、古いツールはひっそりと姿を消していきました。ただそれでも「ブログ」という、それらに比べると書く方も読む方も面倒くさいと思えるツールがこうしてドシンと残っているのは、何かしらの意味があるのではないかと思い、それを探ってゆこうと思っています。

さて、僕の昨今の状況や情報は、ひとまず既にたっぷりある9年分の過去記事からご参照頂くとして、最新としてはLINEの公式アカウントというものをはじめたんですよね。

子供の頃に発売したばかりのファミコンを一緒に遊ぼうと父に勧めると、「そんなボタンの多いものややこしくて出来ない」と言われ、「え~、ボタンなんて2つだけで簡単なのに」と爆笑した僕も、今やプライベートでLINEは使いこなせていないくらい、リアル37才のコンピュータスキル。あ、ちょうどその頃の父親と同い年くらいなんですよね。お父さん、あの時悪かった。

そんなもので、最初「LINEの公式アカウントに参加しませんか?」とお誘いを受けた時は、正直戸惑いました。だってこちらは、「スタンプって何?」ってくらいLINEの使い方もままならない。しかも基本、自動返信しかできないなんて、使ってる側からしたらつまんなく冷たい、ネガティブなイメージもありました。しかし後日、LINE社の方から直接ご説明をお聞きし、「あ、できそう!むしろ知らないからこそ、僕にしか思いつかない面白いことが出来そう!!」と腰が上がったのでした。

という訳で、まずは中村佑介オフィシャルLINEとぜひお友達登録をして頂いて、いろいろ話しかけてみて下さい。

友だち追加数

もちろん自動返信なのですが、特定のワードを入れると、例えばNOWなら画集を立ち読み、サインならサイン動画、今日ならその日の日記というふうに、100個くらいの該当ワード(文章ではなく単語)に反応しますので、いろいろ話しかけて発見し、遊んでみて下さい。

名称未設定 2 (2)

また、↑の画像のように、僕の作品集BlueNOWをお持ちの方は、そこに収録されている各作品の解説もお楽しみ頂けます。↓の2冊ですね。


こちらには基本的にイラスト自体の画像はなく、文章だけですので、画集を開き、絵を見ながらお楽しみ下さいね。例えばBlueの1ページ目ならB1と、NOWの15ページ目ならN15と話しかけると、時にラフ画像なども添えて、お返しします。「え~!画集なんて高いもの持ってないよ~!!」という方はゴメンナサイ。その代わり【画集】と話しかけてみて下さい。解説は現在途中までしかありませんので、随時追加してゆきます。


と、こんな風に、まずはすぐに思いつくサービスであるスタンプを使わずに、公式アカウントの限界に挑戦して行こうと思いますので、皆さま末永くお付き合いの程、宜しくお願い致します。で、そのうち慣れてきたら、おいおいスタンプは考えます。その時はあの時のお父さんに謝る「笑ってゴメンね!」から作るべきだな、これは。

img_01
中村佑介画集「NOW」
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケット、『謎解きはディナーのあとで』の装丁画などで知られる大人気イラストレーター・中村佑介の五年ぶり、待望の第二弾画集。
上記のような代表的仕事はもちろん、さだまさしベストアルバム、『四畳半神話大系』キャラクターデザインなど。また、一般的には目に触れる事の少なかった、音楽の教科書や季刊エス、文芸誌『きらら』に描きおろしたイラストも数多く収録し、一冊目以上にキャッチーさと見ごたえを増した充実の内容です!
  • 出版社:飛鳥新社
  • 発売日:2014/12/16
  • ISBN:9784864103848
  • 判型・ページ数:200mm×283mm×20mm・226ページ
  • 本体2,778円+税






img_02
きららちゃん
中村佑介×豪華人気アーティスト11人!
人気イラストレーター・中村佑介氏が描いた架空アイドル・きららちゃんのイラスト30点に、豪華アーティストたちがインスパイアされて書いた詞が並ぶかたちの新しいスタイルのイラストレーションブックです。
【参加アーティスト】
いしわたり淳治 カジヒデキ 小西康陽 小宮山雄飛(ホフディラン)高橋久美子 堂島孝平 西寺郷太(ノーナ・リーヴス)秦 基博 ボニー・ピンク 山田稔明(ゴメス・ザ・ヒットマン)ワタナベイビー(ホフディラン)(敬称略・五十音順)
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2014/5/28
  • ISBN:9784093883696
  • 判型・ページ数:206mm×148mm×2mm・200ページ
  • 価格:本体1,200円+税




img_03
中村佑介ステーショナリーブック

中村佑介の最新作を含めた5点のイラストをあしらったステーショナリー+小冊子のセットです。大人女子にぴったりのお洒落でかわいいデザインでお届けします!
【セット内容】
  • 小冊子・ペンケース・ボールペン・一筆箋・しおり・ラッピングペーパー
  • 出版社:飛鳥新社
  • 発売日:2013/11/08
  • ISBN:9784864102865
  • 判型・ページ数:その他・規格外
  • 価格:本体1,500円+税




img_04
中村佑介ポストカードブック「RED」
小説の装画やASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケット、TVアニメ『四畳半神話大系』のイラストの他、画集に収録されたオリジナル作品など、26枚のイラストポストカードを収録しました!
AKB48の柏木由紀さんとコラボレーションした『ビッグコミックスピリッツ』31号表紙イラストも収録!
  • 出版社:飛鳥新社
  • 発売日:2012/11/28
  • ISBN:9784864102186
  • 判型・ページ数:100mm×148mm・26枚
  • 価格:本体952円+税




img_05
中村佑介画集「Blue」
人気ミュージシャン「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のCDジャケットや、『夜は短し歩けよ乙女』(森見登美彦)、赤川次郎ベストセレクションの文庫カバーで知られる人気イラストレーター中村佑介の初作品集。
数々のCDイラストに加え、森見登美彦、赤川次郎、石田衣良、枡野浩一、池上永一などの小説カバーもすべて収録。
中村佑介の200点あまりのイラストを網羅的に収録し、その10年の軌跡を追う初の画集。
  • 出版社:飛鳥新社
  • 発売日:2009/8/11
  • ISBN:9784870319226
  • 判型・ページ数:202mm×200mm×2.6mm・200ページ
  • 価格:本体3,800円+税

img_01
中村佑介(なかむら ゆうすけ)
1978年生まれ。兵庫県宝塚市出身。大阪芸術大学デザイン学科卒業。ASIAN KUNG-FU GENERATION、さだまさしのCDジャケットをはじめ、『謎解きはディナーのあとで』、『夜は短し歩けよ乙女』、音楽の教科書など数多くの書籍カバーを手掛けるイラストレーター。ほかにもアニメ『四畳半神話大系』や『果汁グミ』TVCMのキャラクターデザイン、セイルズとしてのバンド活動、テレビやラジオ出演、エッセイ執筆など表現は多岐にわたる。初作品集『Blue』は、画集では異例の9.5万部を記録中。

↑このページのトップへ