月別アーカイブ / 2011年10月

さて明日28日(金)は新宿ロフトプラスワンで、トークショー『本日休業』。

これはタイトル通り、講演会などではお話できないような
これまでの人生や、イラストの裏側までザックバランに喋る
大阪限定で行われてきたイベントの総集編第2段です。
おもしろいのでぜひお気軽にお越しください。

中村佑介トークライブ 『本日休業vol.2』
日時:2011年10月28日(金)
OPEN 18:00 / START 19:00
会場:新宿ロフトプラスワン
(新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2)
出演:中村佑介(イラストレーター) 司会:B・カシワギ
チケット:前売¥1500 / 当日¥1800(飲食別)

前売はローソンチケットにて発売中!【L:35067】
当日学生証を受付にて提示の方はドリンク1杯無料(500円まで)

お問い合わせ:03-3205-6864(18:30〜24:00)

尚、このイベントはニコニコ動画でリアルタイム有料配信(300円)されるようですので、
会場に来れない会員の方はぜひコチラでご視聴下さい。
放送ページ http://live.nicovideo.jp/gate/lv68768603
購入ページ http://ch.nicovideo.jp/ppv_live/ch264/lv68768603



そして翌日29日(土)にも、何とブログのイラストも描かせて頂いた
あの平田薫ちゃんと一緒にインターネット番組に出演させて頂きます。
こちらはUSTREAMでの配信ですので、無料でご視聴頂けます。

アメーバピグ連動特別番組
平田薫&中村佑介スペシャル

日時:2011年10月29日 14:00~
番組視聴はコチラ⇒
http://www.amebastudio.jp/stream_start.cgi

もちろん僕はイラストレーターとしての出演ですが、
こうして一ファンが対談できるなんて、『電影少女』コミックス第12巻の巻末にある
酒井法子さんと、作者である桂正和先生の対談以来じゃないでしょうか。
恐縮です。全国の平田薫ファンの皆さまに怒られないよう、
精一杯、ねほりはほり聞いてきたいと思います。



更に来週月曜日(31日)にはニコニコ動画やUSTREAMだけでなく
何と本物のテレビ番組にも出演させて頂きます。詳細は以下。

10月31日(月) 21:00~22:00 日本テレビ
『人生が変わる1分間の深イイ話』
~ヒットの秘密スペシャル

ゲスト:麻木久仁子 伊集院光 ケンドーコバヤシ チュートリアル 
西田敏行 西村賢太 藤森慎吾 マツコ・デラックス ローラ(50音順)

■人気イラストレーター中村佑介
アジアン・カンフー・ジェネレーションのCDジャケットイラストなどを描いている中村。女の子が印象的なイラストなのだが、このイラストのモデル、実は男性だった!なぜ?
■自衛隊専門誌「MAMOR」
ある特集を組んだ所、売り上げが大幅にアップ!読者を増やした特集とは何なのか?
■芥川賞作家西村賢太が芥川賞を利用して行ったこと
彼が芥川賞を受賞したことで作家になる前からしたかった “ある事”を行った。西村がどうしてもやりたかったこととは?
■西田敏行の笑わせる演技のコツとは
あえて???に演じる!その秘密が明らかに!
■荒牧陽子 モノマネ披露!
大注目のモノマネ歌手荒牧陽子が番組初登場!スタジオで驚異の歌声を披露!

など 次回も深イイ話が盛りだくさん!
お楽しみに!



とのこと。人生が変わるかどうかは責任を持てませんが、
僕の大学時代の再現VTRをバナナマンの日村さんがしてくれていることを祈って、
どうぞご覧ください。

以上イベント、テレビの告知でした。
そのうちラジオも出来るかも。関西の方、お楽しみに~

チェコ日記も途中なままですが、日本で溜まっていた仕事を片付けたり、
なぜか海外しか発売されていないXbox360とNintendoDSとiPodtouch版の
『Sonic & Sega All-Stars Racing』を輸入して移植度を比べたりの大忙しな毎日、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、以前から告知していましたが、明日土曜日は
関西学院大学、通称"関学(かんがく)"で久々の講演会があります。
関学といえば、僕が17才頃まで多感な時期を過ごした西宮の家のすぐ近所にあり、
おじさんもそこ出身ということで、よく学祭にも足を運んでいました。
つまり小さなころの憧れの大人像が通う大学にて、
今度は教える側に回るなんてなんとも不思議な感じですが、
それよりも久々に降り立つ甲東園の町に、とても楽しみです。
詳細はコチラになります。来て下さる方々、一緒に楽しみましょうね。

そして翌日日曜日といえば、NHK『日曜美術館』の
23日(朝9~10時)放送の"ロートレック特集"にVTR出演します。
ゲストの夏木マリさんもロートレックの少し気だるいような独特の美しい女性像にピッタリで、
どういった発言をされるのか非常に楽しみですが、
なんと写真家の野村誠一さんも僕と同様にVTR出演されるようで、
野村さんといえば、中高生男子の間では一番有名なカメラマン。
思春期の頃に好きだったアイドルグラビアの片隅に、
毎度毎度『撮影:野村誠一』という文字を見つけては、
「僕の好きなあの娘の水着姿を間近に見れるなんてなんと羨ましい!!」と思ったものです。

あぁ、あの頃僕は甲東園でそんな青春を過ごしていたなぁ。
もしかしたらあの土手で毎週拾っていたヤングマガジンは
関学生が捨てたものだったのかもしれません。
ならば関学生に恩返しをしなければなりません。

ということで日記はふりだしに戻ります。


他にも、28日(金)には新宿ロフトプラスワンでトークショー『本日休業~出張編』の第2回。
30日(日)に僕の本当の母校・大阪芸術大学の学園祭にて講演会。
来月11月5日(土)には金沢美術工芸大学の美大祭にて講演会。
そして、11月10日(木)にはイラストレーションにもコメントを下さった
東川篤哉先生の『謎解きはディナーのあとで2』も発売です。
フジテレビにて、櫻井翔さんと北川景子さん、そして椎名桔平さんによるドラマもはじまりましたね。
もちろん今回も僕が表紙を担当させて頂きました。ぜひ。

最後に11月12日(土)はかつて暮らしていた阿倍野の寺田町にある
FIRELOOPというライブハウスで、THEラブ人間、ひらくドア、アシガルユース
という超豪華メンツとセイルズがライブさせて頂きます。

上記の件はすべて、ドシドシご予約受付中ですので、
ぜひ、どこかでお会いしましょう。詳細はリンク先にてご確認ください。

それでは。

という訳で無事チェコはプラハから帰国しました。

まずは大阪から飛行機で10時間程かけてアムステルダム国際空港まで。
なぜオランダに降り立ったからかというと、「ちょっと合法大麻を…」という訳でなく、
「ちょっと飾り窓を…」という訳でもなく、チェコはとても遠い国なので
関西空港からは一本で行けないのです。そしてそこで合流したのが、このお方。

いえいえ、確かに顔は濃いですが、決してヨーロッパ人の通訳さんではなく、
毎度おなじみ画集『Blue』の出版元・飛鳥新社の沼田さん

旅立ったのが結婚式翌週で妻も一緒だったので、
友人からはてっきり新婚旅行だと思われていたのですが、
何を隠そう、人生で2度目の海外(一度目は台湾)も旅行ではなくお仕事。
チェコの有名なイラストレーターであるイエジ・ボトルバさんとの合同展覧会の為だったので、
沼田さんにもついてきてもらいました。


しかし僕はおろか、妻も沼田さんもヨーロッパははじめてだったので、
隠しきれない不安を抱えたままチェコはプラハに降り立ちました。

チェコアニメなんかを見ていると、寒く暗い雰囲気の国というイメージがあったのですが、
まるで南国に来たのかと思うほど10月だというのにとても温かく、
空港まで出迎えて下さったチェコ大使館の方も、本物の通訳さん(日本人の方)も、
とても陽気で気さくで、いっきに飛行機で凝り固まった心も体もほぐれて、
1日目は、翌日からの展覧会に備え、ホテルにチェックインし、
通訳さんに地元の美味しいチェコ料理店を紹介してもらい、
少し歩いてそのまま夕食を食べに出かけました。

店に入ったところで早速アコーディオン弾きのおじいちゃんがいて、
同じくバンドではアコーディオンを担当している妻も大喜び。
僕も「あぁ、ヨーロッパに来たんだなぁ」とひとしきりテンションも上がったところで、さぁ注文。
しかしさすが地元の料理屋さん、メニューがすべてチェコ語で表記してあり、
「う~ん読めないね。あ、でもチェコで有名なものといえば…とりあえずビール!」と沼田さん。
しかし店員さんは「??」。沼田さんもう少し下を巻き「ビァーゥル」。店員さん「???」。

そこではじめてチェコ旅行ガイドブックを広げてみると、
どうやらこちらでは"Beer(ビール)"は"Pivo(ピボ)"と言うらしく、
そりゃあ「とりあえずビール」も取りあってくれないビールな訳だ。
そして本を見ながらこの調子で料理も注文。

ようやく来た料理と、灰皿に溜まった煙草の本数が、何よりも注文までの悪戦苦闘ぶりを物語っています。

ビー…ちがう、ピボのジョッキから、料理の何から何までチェコは大きなサイズで、
やはり文化の違いに戸惑いましたが、それだけに明日からの展覧会、
その方たちに僕の絵がどう受け止められるのかドキドキしながら就寝しました。

おかげさまで先月25日に無事結婚式もおわり、
慌ただしい日々も段々落ち着いてきて、
日常が戻って来た時に楽しみなのは週刊少年ジャンプの発売日。
現在発売中のイラストレーション142号にも書いたように、
冨樫義博先生の「HUNTER×HUNTER」だけで毎週月曜日がとても楽しみです。

しかし今日はもう1冊、雑誌「

なんとその「FACTORY_A」というコーナーページに、
「笑っていいとも!」以来お久しぶりのロンドンブーツ1号2号の田村淳さんとの
5ページに渡るかなり面白い内容の対談が掲載されておりますので、
全国の書店、コンビニでチェックしてみて下さい。

またこの対談はCIRCUSのWEBサイトにお試し版が掲載され、
10月16日(日)17:30~18:00にはなんとCSテレ朝チャンネルで放送されますので、
ぜひこちらもご覧ください。

と言いながら、今から僕は展覧会の為、
チェコはプラハに旅立つ為に読めません。
日本の皆さま、どうか僕の分も、FACTORY_Aと
HUNTER×HUNTERのチェック、宜しくお願い致します。
結婚式の模様は帰国後ゆっくりお話ししますね。


それではいってきます。

↑このページのトップへ