月別アーカイブ / 2010年03月

47都道府県に行くも憶えるも人生ではじめての体験なのですが、
僕は齢32つにして未だ体験していないものがもうひとつありました。
そういうのが苦手だった友達も、就職して先輩や上司なんかに
「人生勉強だ!」と最初は無理やり連れて行かれ、
今では進んで後輩を連れて行ってやるような年齢なんです。

そのはじめての瞬間は三重県に行った時に訪れました。
「ここでいいんじゃない?」と沼田さんが指さしたのは韓国のお店でしたが、
人に聞いた通り、本で見たとおり、その女性は「お客さんはじめて~?」と聞いてきて、
慣れた手つきで水分をつけ、僕のものを優しく包んでくれました。
「もう大人なんだから、これくらい出来なきゃダメよ」と言われ、
その後も色々なことを話して、「三重に来た時はまたウチに寄ってね~」と
お土産に韓国のりまで頂いて、その店を後にしました。
今度は僕が誰かを連れて行ってあげよう。
こうして人は大人になっていくんだなぁ、
と衣服についた少々の残り香がする度に、そう思うのでした。

そんな三重四日市で訪れた韓国家庭料理『新羅』でのお話。
あれれ、なんか誤解受けちゃった?
だってもうお肉がなくてもそれだけでご飯3杯くらい行けちゃう程の
"エバラ焼き肉のタレ"だけで十分な日本のシンプルな焼き肉とは違い、
豚肉をごま油につけて、にんにくと辛みそをのせて、レタスやエゴマの葉に包んで食べる。
誤解を受ける曖昧な表現の日本語よりも難しい韓国風焼き肉。
健康的で美味しくてしかも安い。韓国をまたひとつ好きになりました。
近鉄四日市駅すぐなので、三重の方はぜひ。

あくる日、いつものように沼田さんとホテルのロビーで待ち合わせ。
44県目にしてはじめて遅刻しなかったけど、寝不足風の僕を見て、
「また部屋で仕事して寝てないんですか?でもついにやりましたね。
さすが焼き肉も巻けるようになった大人ですものね」と言ってくれましたが、
実はそんな風に、中国に続き韓国づいてしまった僕は、
昨夜あの後、映画『誰にでも秘密がある』をDVDで観て、
銀縁眼鏡のチェジウがあまりにも可愛過ぎて一睡も出来なかっただけなのです。

しかし女性の美を描き出す前に、そのように身体に取り入れる作業も仕事といえば仕事、
「…はい」とだけ答えておきました。

そしてサイン会会場であるシェトワ白揚四日市書籍館へ移動。

同じく眼鏡がトレードマークの兄弟お笑いコンビ"勝又"が四日市出身だったことは知っていましたが、


かのジョニー・デップや、

ノエビア化粧品のCMでもお馴染みの鶴田一郎先生までもが三重在住だったとは驚きました。
やはり全国津々浦々、また三重も来てみないとわからないものですね。
でも鶴田先生は仕事択んで下さい!

奇しくも同日、シェトワ白揚2階で行われていたトレーディングカード大会の盛り上がりのも負けないほど
おかげさまの大盛況のうちサイン会は無事終了し、
来てくれた方に勧められた三重名物のトンテキ屋に行くも、
分厚いお肉に目もくれず、沼田さんははじめて頂いたファンレターを読みふける姿を見て、
春も近付き、花よりだんごとはよく言いますが、
若い僕らはだんごよりもやはりお花だなぁと思う今日この頃です。

三重の皆さま、シェトワ白揚四日市書籍館スタッフの皆さま、
ほんとうにどうもありがとうございました。

さて九州編をお送りしている途中ですが、一旦告知を挟みますね。
まずは今後のサイン会日程です。

サイン会@三重 日時:3月13日(土) 14時~ 
シェトワ白揚四日市書籍館 お問い合わせ: 059-354-0171

トーク&サイン会@岐阜 日時:3月20日(土) 13時30分~ 
三省堂書店岐阜店 お問い合わせ: 058-212-0690

トーク&サイン会@和歌山  日時:3月22日(月・祝) 13時~
TSUTAYA WAY ガーデンパーク和歌山店  お問い合わせ: 073-480-5900

トーク&サイン会@茨城  日時:3月28日(日) 13時~
リブロひたちなか店  お問い合わせ: 029-265-2655

サイン会@東京 日時:3月27日(土) 13時~
紀伊國屋書店国分寺店 お問い合わせ: 042-325-3991(10:00~22:00)


また久々の大阪での講演会もあります。

創っ展2010《ツクッテン》ATC関西学生卒業作品展 vol.15
中村佑介講演会
 日時:3月21日(日) 入場料:無料 16:00~17:30
会場:ATCビル ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ10階 特設会場

関西の建築、インテリア、建築デザイン、プロダクトデザインなどの勉強をする
学生のための総合的な卒業作品展ですが、一般のお客様でもご入場できます。
講演会と銘打ってありますが、いつもの(久々の)柏木くんとのトークショーです。
その後にサイン会も予定しておりますので、ぜひ遊びに来て下さいね。


そして今年初めてのセイルズのライブは名古屋。

2010年4月2日(金) ~GRANCHと音の旅~
GRANCH『Photograph』レコ発イベント

会場:名古屋新栄クラブロックンロール
開場 18:30 /開演 19:00
チケット:前売り1,800円 /当日2,000円 (別途ドリンク代500円)
出演バンド:S▲ILS 雰囲気 DIEZEL GRANCH

セイルズは只今レコーディングに入っており、今年はCDを発売しますので、
ぜひ、応援に来て頂けるとうれしいです。
また大阪は5/29日(土)、東京は6/12(土)を予定しております。
こちらは詳細が出次第、また告知しますね。


そしてサイン会全国制覇記念イベントがあります。

4月24日(土)『47都道府県のBlue Film
中村佑介『BLUE』トークイベント

会場:VACANT(東京・原宿)
時間:展示 / 13:00~16:30 トークショー/ 17:00~(※予定)
トークショー入場料金:1500円(1ドリンクがつきます。)

まだ未定のところが多いのですが、これまでのトークショーの集大成的内容を中心に、
47都道府県ツアーのトークやスライド、ビデオの上映、対談や実演のコーナーもあります。
原画展示の閲覧は無料となっており、夜からのトークイベントは入場制となっております。
また色々決まり次第、こちらも告知してゆきますので、
とりあえず、関東の方は4月24日(土)のスケジュールを空けておいて下さいね。
おねがいします。こちらも大阪と名古屋でも開催予定です。


最後にイラストのコーナーです。
まずは、本日10日(水)にポプラ文庫ピュアフルより

↑『私の大好きな探偵』に引き続き表紙を描かせて頂いた
仁木兄弟の事件簿シリーズ第2段『

仁木悦子著『猫は知っていた~仁木兄妹の事件簿
ISBN:978-4-591-11677-7 / ポプラ文庫ピュアフル / 定価:620円 (本体:590円)

仁木悦子さんは学校教育を受けず独学で江戸川乱歩賞を受賞し、
当時日本のミステリーは売れても6000部だった時代、
実に13万部売ったという作品、それがこの『猫は知っていた』になります。
ミステリーとしても、児童文学としても、昭和をひも解くキーワードとしても、
大変重要な作品の再版、ポプラ文庫ピュアフルさま、ありがとうございます。
皆さまも是非この機会に"日本のクリスティ"こと仁木悦子の世界に触れてみてはいかがでしょう。

そして、雑賀俊郎監督『海の金魚』という映画作品のキービジュアルを担当させて頂きました。
主に上映館でのポスターやポストカード、グッズなどに使われるそうです。

鹿児島を舞台にヨットレースに挑む高校生5人のひと夏の物語。
3月13日(土)からの九州先行公開、そして4月10日より全国順次ロードショーです。
お、九州づいてますね。こちらもぜひ。詳しくは公式サイトをご覧ください。


以上、臨時ニュースをお伝えしました。
引き続き『僕のアベノライフ~九州編』をお楽しみください。

そして長崎トークショー・サイン会に、
まずはお集まりいただいた皆さま、紀伊国屋長崎店スタッフの皆さま、
ほんとうにどうもありがとうございました。の前に、
実は謝らないといけないことがひとつありました。
それは今回訪れるまで、この32年間長崎が九州にあることを知りませんでした!
ゴメンナサイ!!
いつもライブやイベントに来てくれるアヤカンの故郷で、
つい先日もその話で盛り上がっていたところだったのに。
大好きなチャンポンや中華街があるところなのに。
画集にも乗っているFM長崎のラジオ番組『ヒラミンゴ』のイラストの舞台なのに。
それ以前にもう32歳なのにー!!

おかしいなとは思っていたんです。
せっかく九州に来たのにまた本州に戻るなんて、
だって長崎って社会で習ったよ。"ヒロシマナガサキ"だから広島の隣でしょ?
で次の佐賀はあんまり知らないけど、ということは隣あたりで、
(佐賀の人も先に誤っておきます。ゴメンナサイ!!)
最後の大分でまた九州に戻るって、
何か書店と出版社との大人の事情でスケジュールの兼ね合いがやはりあるんですかねぇ?
と運転する沼田さんに話しかけていましたが、ずっと黙ったままでした。
まぁしかし沼田さんもここまで一緒に旅を続けてきて親友のようになったけど、
やはり出版社の、しかも課長だし、これから5時間も運転するから
疲れないように黙っているんだろうなと思っていました。

だから僕も気を使って黙ることにしていたらいつの間にか眠ってしまい、
次に起きたら海を渡って広島の隣あたりにあるナガサキに到着しておりました。
また港町っていうのが信憑性あるじゃないですか。
「あぁ、大好きなフェリーに乗ってる間も寝ていたなんて、損なことしたなぁ…」
とまで思っていたほどです。

お気づきのように、このように僕は長崎どころか47都道府県、ほぼ場所を知らなかったし、
「近くだと、大阪、兵庫、京都、奈良、三重、和歌山、
それから東京、埼玉(マニアック!おばあちゃん家あるから知ってた)、
千葉(超マニアック!!生まれたとこだから知ってた)、
名古屋、広島、長崎…あとは北海道でしょー 九州でしょー 四国でしょー」
とこのように、サイン会ツアーを回るまでは、47っていうのは鯖読みで、
全国はこの15県くらい、せいぜい多くても全20県くらいだと思っていたほどです。

少子化と呼ばれる今の時代からでは想像もつきませんが、
僕の世代はすごく子供が多く、"受験戦争"や"スパルタ教育"なんて言葉が流行っていた程、
有名私立中学へ行く為、小学校の時からいわゆる"お受験"用学習塾へ
どの家庭もみんな行かせておりました。
僕も類に漏れず、「有名中学校入学率100%!」と、
アレは赤ペンではなく、血文字で書かれてるんじゃないかという程、
厳しい塾に通わされた初日のこと、あれは小学校4年生だったと思います。
まずは「47都道府県の地名と場所を全部言えるまで、家に帰ってはいけない!」
という課題が出され、家に帰れないどころかトイレにも行かせてもらえず、
お受験という類には漏れなかったものの、教室でおしっこを漏らしてしまい、
僕だけ例外として「憶えなくても帰ってもよい!」というか、
「おしっこ臭いから頼むから帰って下さい」的に家へ帰らされた道すがら、
「今後の人生、47都道府県なんて、絶対に憶えてやるもんか!」
と上からも下からも涙を流しながら、強く誓いを立てたのです。

だから、その誓いを守り続け大人になった僕にとって
今回の47都道府県サイン会ツアーは、きっとお受験のカミサマが
「あん時は悪かった…お前がそこまで強情だとは知らなかったんだ。
今は悪いと思ってる。そ、そうだ。ほら、画集売ってあげるから、
頼むから全部回って憶えてきて下さい!もうっお願いします!!(土下座)」
というメッセージなんだろうなぁと思い、
そこまで言うならと重い腰を上げ、驚きの連続で回っている気がします。
(あるんですね、本当に47県。でもまだ信じてはいませんよ。今はまだ全国は43都道府県です。)
それにしても、あぁ、人どころかカミサマを許せるようになったなんて、
僕も随分大人になってものだ。思えば遠くに来たもんだ、ほんとに。

という訳なので、長崎の人ゴメンナサイ!
大人だからアナタ達もどうか許してやって下さい!!

さて、言い訳弁明が長くなってしまい、肝心のレポートを書く行がなくなってしまったので、
長崎レポートは同行してくれた真理藻ちゃんの日記をご参照ください。
感想としましては、長崎の人はみんな積極的で明るくて、ランタンも綺麗でしたが、
女性がみんなすごく…と本当の感想を書き連ねたところで、
この流れからだとフォローにしか聞こえないので、
やはり言い訳はするものではないなと勉強出来た長崎in九州の旅でした。

ちなみにその"小学校3年生の47都道府県お漏らし事件"の前も、後の高校3年生の時までも、
毎日オネショはしていたので、それもただの八つ当たりでした。
だからカミサマもごめんね。でもあと4県で制覇です。


つづく

みなさま、お久しぶりです。
と言っても、このブログを観てくれているたくさんの方にも
全国各地のサイン会にて実際にお逢いすることが出来たので、
そんな感じはしませんが、きちんと日記を描くのはやはり久しぶりなので、
ぴんと背筋が伸びますね。髪を切ったので、首筋も良く見えることでしょう。
え、誰に?…ゆ、幽霊!?ギャー恐い!!こうなったら今日はお風呂入んない!!
まぁ、昨日も入っていないんですけどね。

まずは九州ですね。先月末、残りの九州4県を周ってきました。
いちばんはじめに行ったのは宮崎。
宮崎は空港からホテルまでの道路にずっとヤシの木が並んでいることからもわかる通り、
まるで沖縄のようにもうすでにとっても暑かったです。
その前の週に青森・山形という雪国に行っていたので、
全国各地というよりも、まるで季節をまたいで旅しているような気分になり、
来月(4月号)の小学館「

こちらは今月(3月号)のきららの表紙。
そう、今回の旅は4泊5日と、僕もホームシックになりそうな程家に帰れないので、
絵を描く道具一式を持ってきて、ホテルで作業せざるを得ませんでした。

「を得ませんでした」なんて書くと誤解されて、
「大変ですね!」「お疲れ様です!」といったお気遣いや激励コメントが頂けそうですが、
お気持ちだけで取るに足りません。
なぜなら僕はナルシズムというお酒を飲んでいつも酔っ払っており、
"ホテルまで来て仕事して ふぅ…やれやれ、これだから人気者は辛いぜ"
などと自惚れしているので、正しくは「ホテルで作業せざるを"得ました"」になるのです。
がしかし、宮崎の書店回りが終り、サイン会開催地である次の長崎に向かう途中、
「今日のホテルは楽しみにしていて下さい。長崎の港が一望できます!」
と言う沼田さんが5時間かけて運転して着いた先は、おんぼろホテル。
もう幽霊からも嫌がられて、逆に出なさそうなホテル。
まだお金入れるとこがあるテレビなのに、なぜか無線LANは完備という、
まるで「うちスーファミもPCエンジンもないけどネオジオならあるよ。」
という何か順番を間違えてる小学生のようなホテル。(メガドライブ完備して!)

しかし確かに窓の外は長崎の港が一望できる絶景。
はっ、そうか!より海が綺麗に見えるようにコントラストで部屋の中を汚…違う。
「でもまぁ、今日は仕事するだけだからいっか…」と
トレース台やパソコン、スキャナ、画材を用意をして「さぁ描くぞ!」と座ろうとすると、
足がガツン!机の下は"お冷蔵庫様"が占領していました。
桂正和の名作「電影少女(ビデオガール)」の愛ちゃんは、
まったく良いところがなさそうな主人公・洋太くんに、
毎日「洋太のイイトコまたひとつ見っけ!」と言って元気づけておりましたが、
そんな良いとこ探しが大得意なさすがのビデオガールもお手上げになりそうで、
テレビの横に200円投入しても出てきてはくれないでしょう。

結局冷蔵庫を引き出し、その上にシーツを引き、その上に座って、
その日は作業することにしました。
あぁ大変だ、僕の目の中に写る長崎の海は夜の満潮で溢れ、頬にこぼれおちてきた。
僕のナルシズムが全く役に立たなくなるとは、
そうか神さまが「鏡ばかりを観てたら自分病になるよ」と、
戒めてくれたのかもしれない。
ちなみに画集『Blue』の表紙は、そういう内容のイラストです。
だから彼女も表紙をめくったらいなくなったのですね。
青春との決別、大人になるってそういうこと。

ちなみにもうひとつ言うと、もちろん壁は薄かったです。
左隣の部屋の真理藻ちゃんの「壁薄いですねー!聞こえますかー?」という肉声が聞こえたので、
いつもは隣の部屋でも電話で聞くんだけど、
右隣の沼田さんに「明日何時ですかー?」と大声で何度聞いても、
一向に答えは返ってきませんでした。
きっと、ホームページの写真に騙されてこんなホテルを択んでしまった
自分の判断ミスを認めたくなかったので、
壁は分厚いという設定にしていたに違いありません。
次の日、「昨日朝まで仕事してましたね。iPodの音聞こえてましたよ」
…って、壁が分厚いという沼田設定は最後まで守ってね!!

という訳ですので、来月号のきららの表紙が言っていたのとは違って、
汚いホテルの絵になってしまった場合は、小学館編集長!
飛鳥新社沼田さんまでお電話下さい。また返事がないかもしれませんけど。

つづく

九州から帰ってきました。
長崎・佐賀のサイン会に来て下さった皆さま、
紀伊国屋書店、ならびに積文館書店スタッフの皆さま、
本当にどうもありがとうございました。
日記はまた後日改めて書くとして、先に今後のサイン会スケジュールです。

トーク&サイン会@埼玉 終了しました
日時:3月6日(土) 13時~ 
場所:三省堂書店大宮店
お問い合わせ: 048-646-2600

トーク&サイン会@東京 終了しました
日時:3月7日(日) 13時~ 
場所:有隣堂ヨドバシAKIBA店
お問い合わせ: 03-5298-7474

サイン会@三重
日時:3月13日(土) 14時~ 
場所:シェトワ白揚四日市書籍館
お問い合わせ: 059-354-0171

トーク&サイン会@岐阜
日時:3月20日(土) 13時30分~ 
場所:三省堂書店岐阜店
お問い合わせ: 058-212-0690

トーク&サイン会@和歌山
日時:3月22日(月・祝) 13時~
場所:TSUTAYA WAY ガーデンパーク和歌山店
お問い合わせ: 073-480-5900

トーク&サイン会@茨城
日時:3月28日(日) 13時~
場所:リブロひたちなか店
お問い合わせ: 029-265-2655

書店によっては、既に画集をお持ちの場合でもご参加できますので、
お近くの方は是非問い合わせてみてくださいね。
何しろ、地図がもう↓こんな感じですので、47都道府県ツアーもとうとうこれで最後になります。

なので「もうサインしてもらったよー」という方も、
トークショーだけでも聞きに来て頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします。

また今回の九州ツアーでは、宮崎・大分はスケジュールの都合上、
書店回りだけでしたので、サイン本がある店舗一覧を記載しておきます。
<宮崎>旭屋書店イオン宮崎店 / 明林堂書店ボンベルタ橘店 / 蔦谷書店宮崎高千穂通店
<長崎>紀伊國屋書店長崎店
<佐賀>紀伊國屋書店佐賀店 / 積文館書店佐賀デイトス店
<大分>ジュンク堂書店大分店 / 明屋書店セントポルタ店 / 紀伊國屋書店大分店 / リブロ大分わさだ店

以上の店舗となります。まだ画集をお持ちでない方は、
ぜひこの機会に。でも数に限りがありますのでお早めに。

<近況>





昨日はサイン会とインタビュー2本、
もうホテルでもこんな感じ。

↑このページのトップへ