月別アーカイブ / 2009年04月

昨日は溜まっていた洗濯物をしたり、髪を切りに行ったりと、
5月に向けて、色々ザバッと心のベランダを洗い流しました。

美容院の担当さん、相変わらずへんてこりんな感じで、
男性の新人さんを紹介してもらう際、
「この人、以前いた○○さんに似てませんか?ほら、あのホストみたいな感じの」
「じゃあ、僕がホストみたいってことですか…」と新人さんに早速突っ込まれてたり、
「今日はさわやかな好青年風にしときました」と仕上げに言われたので、
「じゃあ今までは爽やかじゃなく仕上げてたということですか?」と突っ込んでみたり、
もう髪切りに行くというより、遊びに行ってるようなものだなぁ。
それで髪もさっぱりするんだから、一石二鳥!
あれ、なんか違う、まぁいいか。

その後は、お待ちかねのタイフーン・ミニスターズのワンマンライブの為、
梅田まで自転車でひとっとび。
会場のムジカジャポニカにはベベチオの早瀬さんがいたり、
以前、大会でご一緒させてもらったトレーニング・ボイジャーの方々がいたり、
今回アルバムに参加してるキャラメル・バッヂの面々や、
カルマセーキの方など、とにかくお客さんはもう満員。

実はジャケットを担当しておきながら、はじめて見るタイフーンミニスターズのライブ。
音源やイメージ通りの、ピアノとドラムの2人とは思えないほど賑やかで元気な音楽、
見てるこっちも笑顔になってくる幸せな時間でした。
ライブ終了後、白石さんのおばあちゃんに、
「わたし大正生まれだけど、素敵な絵ですね。ありがとう。」と言われ、
平野さんのおばさまもポスターを部屋に貼ってくれてるみたい。
とても親孝行なことが出来たなぁと3人で笑ってました。
そうそう、白石さんのおばあちゃんはインターネットも駆使するらしく、
ハイカラだなぁと思っていると、それとは逆にベベチオの早瀬さんは
「最近パソコン繋がないで、こないだは友達と糸電話をしてみた」とのこと。
ローファイにも程がある!早瀬さん、糸Blog、糸mixiがんばってください!!

帰りにタワレコ行ったらフリーペーパーがウディ・アレン特集。
とは関係なく、「FORSE OF NATUREⅢ」と「Robochu&Dau」を買って帰宅。
早めに寝た。石田ゆり子さんが夢に出てきた。

もう1度寝た。

5月2日(土)中目黒バンタンで行われる、実に3年ぶりの東京講演会。
おかげさまで先着定員に達しましたので、応募を締め切らせて頂きました。
どうもありがとうございます。楽しみですね。
間に合わなかった方も、また次があると思うので、
元気に5月を乗り切りましょう。

また、講演会のパートナーである柏木くん主催の大阪ライブ詳細も出ましたので、
以下に載せておきますね。

5月8日(金) ぶっちょカシワギ×悪魔大根共同企画我ニ問ウナカレ
会場/難波ベアーズ
前売 \1500 当日 \2000 OPEN 18:30 START 19:00
出演者/THEヒト・蛇山・中村佑介・宮城ゆか
お問い合わせ/難波ベアーズ(06-6649-5564 / bears@zab.att.ne.jp)

僕はその2日後に京都大会で、バンドのライブがありますので、
こちらは弾き語りで出る予定なのですが、共演者が実に怪しい。
柏木くんが自分のバンドもままならないのに、なぜかバックバンドをつとめているいるパンクバンド。
大阪オタク界のカリスマ"悪魔大根"くんが本気でやりはじめちゃったバンド。
地方のメイドの子の弾き語りと、合成着色料のような実に怪しいラインナップ。
しかし赤色ウィンナーを食べながら「…残念なほど美味い!」と言い放つ柏木くんらしいイベント。
みなさんぜひ、遊びに来てください。僕も負けないぞ!(競うところではない)

さて、最近は石田ゆり子さんの『天然日和』というエッセイを読んでおります。
随分前に幻冬舎より出た本なのですが、ちょうど今の僕と同じ31才だった頃の石田ゆり子さんは、
『バイオハザード CODE:Veronica(完全版)』が通常版とあまり差がないことにご立腹な様子。
仕事から帰ってきて、愛猫・愛犬・そしてセコムにまで「ただいま~」というゆり子さん、
一息ついて攻略本片手にプレイステーション2のパワーボタンを押すゆり子さん、
「カプコンめ~」と腹を立てつつもしっかり企業名を憶えているゆり子さん、
「でもやっぱりこんなゲームを作れる日本は凄い!」と丸く収まるゆり子さん。
春にぴったりの、カーデガンのようなとても優しいエッセイです。是非。


もしかして、ゲームキューブ版?…ま、まさかドリームキャスト版!?
あぁ、30代のオンナは渋い!!

今日の大阪は雨だったけど、遠く南の宮古島は晴れだったかなぁ。
高校まで一緒だった友達の結婚式がそこで行われたのだ。
小学校の時、僕が牛乳を飲んでいると必ず、子供らしからぬシュールなことを言って
笑わせて来ては、鼻から噴射していたので、牛乳の匂いの思い出の彼がだ。

さて、友人の結婚式にはウェディングボードを描かせてもらう。
ある時は新郎を、ある時は新婦の事を深く知っていても、
そのパートナーになる方も同じ気持ちで描きたいので、
僕は今回も彼女(もう奥さん)のことを根掘り葉掘り聴いて、
描く際には写真を横に置き、穴があくほど見つめて、話しかけて、寝るときには枕の下に…
と、最後のは冗談だけど、とは言えまるで人妻に秘かな恋心を寄せる男子中学生のように
怪しい感じに聞こえるだろうが、そう僕は好きになるのだ。
彼を好きな気持ちと同じくらい彼女のことも好きになって、
シーソーが傾かないよう左右均等な絵を描く。
そうすれば、新居の壁に飾ってもらっても何十年とまっすぐなままだろう。

しかし、彼にしても大学からは東京、僕は大阪だったので、
高校を卒業してから一度も会っていなかったのだが、
今回を期に、一度大阪で会うことになった。
最後に会ったのはもう10年以上も前のことだ。
お互いクラスやグループやクラブ活動(僕は帰宅部)も違っていたので、
あまりベタベタした仲ではなかったが、
二人とも同じ時期に宝塚へ引越し、西宮の高校へと通う阪急電車の中、
コソコソとラジオやお笑いの話をしていた。
高校最後の文化祭で「何かやらなくちゃいけ(モテ)ない!」と奮い立ち、
彼を誘って漫才でステージ出演したことも、
それによって結果を得られなかったことも、今では懐かしい。
そして久々に会った彼と数分でまたラジオやお笑いの話になり安心していると、
不思議なことを言い出すではないか。
「CD屋さんでアジカンのジャケットを見た時、すぐわかったよ。
買って、クレジットを見たらやっぱそうやった。」と。
あんな画風になったのは大学も卒業の頃で、
高校まではドラゴンボールのような少年マンガばかり描いていたし、
まして女の子なんて一人も描いたことなかったので、驚いた。

「誰も僕(わたし)のことをわかってくれない!」なんて思うことはあるが、
いやいや違うんだ。自分が一番自分のことをわかってないんだね。
そして"こうである"と思い込んでいる自分の姿などほんと鼻クソほど大したことはないのだ。
そんなことを古い友達と絵に教えてもらって、フッと肩の力が抜けて、
可笑しくなってしまい、また抹茶ミルクが鼻から出そうになった。
相変わらずだということだ。

そんな風に彼のことを見守り、理解してくれる彼女に感謝をしつつ、
絵を描きあげた。おかげでとてもいいものが出来たと思う。
結婚おめでとう。ありがとう。


昨日は柏木くんと一緒に舞台版『夜は短し 歩けよ乙女』の大阪公演に行ってきました。
もちろん原作は読んでいたのであらすじは知っていたのですが、
これが演劇となると、こうも栄えるか。と圧巻。
劇団や役者の方々は言うまでもなく素晴らしかったのですが、
何より舞台初主演のお二方のがんばりに素直に感動しました。

今回、パンフレットやポストカード用に似顔絵を描かせてもらったご縁もあり、
公演が終ってから楽屋にご挨拶とお礼をしに行きました。
まずは主演の乙女役を演じられたモデルの田中美保さんにご挨拶。
そこで柏木くんが一言、「モ、モデルって可愛いっすね」…な、なんと!
「逆、逆!!東大生だから勉強が出来るんじゃなくて、
勉強できるから東大生になれたんだよ。」と言うと、
「わ、わからんくなってきた…」とあまりの田中美保さんの美しさに、
教育大出身で、実家は学習塾を営んでいる柏木くんのスーパーコンピュータがショートして、
頭から煙が出ておりました。夜は長いぜ、走ろう相棒。
田中美保さんは気品のある大変綺麗な女性でしたよ。

そして、もうひとりの主役、先輩こと渡部豪太さん。
今回の出演者の中で、一番大きな声を出されていた渡辺さん。
もう20回以上の公演をされて、まだ枯れていないとは、
一体どんな喉をしているのだろうと不思議でしたが、
ポストカードやCDなどのお土産を渡すと、
「うおぉぉぉぉぉ!」と身悶えしてガッツポーズした次の瞬間、
凄いきれいな角度でお辞儀をされて、思わず笑ってしまうほど
気持ちよい方だなぁと思いました。
あんな風にスルっと気持ちが喉を通って言葉になるので、
痛むことがないのでしょう。素晴らしい。

その後はラジオ収録のある柏木くんと別れて、
大学時代の友人と一緒にご飯を食べてきました。
これは秘密です。
と、たくさんの刺激を受けて充電出来た、久々の休日らしい休日。
また絵にして歌にして冗談にして、みなさんにお返し出来ることを。

そういった話もいいのですが、そればかりになるとあぁなので、
いくつか告知を挟もうと思います。

以前にもお伝えしていた東京は中目黒・バンタン電影アニメマンガ学院にて
5月2日(土)に行われるトークショー
3年ぶりの東京講演会で一般参加30名はちょっと寂しいなと思い、
司会の柏木くんや学校側とも相談して、2部構成にして、
100人まで参加出来るようにしました。もちろん無料です。
第1部(11:00~12:30)はこれまで通り学生のみで、
第2部(13:00~15:00)が一般参加となります。
惜しくも終ってしまったサイキック青年団のイベントみたいですね。
でも2部だからといって、下ネタ全快な訳ではございませんので、ご安心ください。
参加受付は先着順となりますので、コチラの予約ページからお早めお願いします。
これまで手掛けたCDや本、原画展示や参加者全員プレゼントなどもありますので、
ふるってのご参加、お待ちしております。

と一息でちょっと疲れたので、一休みを挟みましょう。

これは、きらら連載中『さんぽ文庫』第7話からの一コマです。また文章もあわせてどうぞ

気を取り直してお次は、これも以前お伝えした
現在、渋谷駅前・大盛堂書店にて開催中のイベント『SHIBUYA GIRLS POP』に、
参加しております。

色々なイラストレーターの展示やグッズ販売、僕もこれまで手掛けた書籍のコーナーがあったり、
先日発売された江戸川乱歩『D坂の殺人事件』の絵柄のポストカードも無料プレゼントしております。
こちらも数に限りがありますのでお早めに。19日()まで。



最後にライブ情報です。
5月10日()京都西院にあるカフェバー大会にてS▲ILSのライブがあります。
出演/ロッテンマイヤーさんのメガネS▲ILSice cream shoutSECURITY BLANKETS
会場/京都カフェバー大会(地図はコチラ) 開場18:30/開演19:00
charge adv/1500yen +1drink{500yen}
door/1800yen+1drink{500yen}
チケット予約は詳細はコチラから。
Myspaceで聴いたところ、以前の大会に出た時とはまた違った色の出演陣で、
これがライブでどうなるのか、僕も楽しみです。
またCDプレゼントや新曲も用意してお待ちしております。

と、最近は東京と京都ばかりでホームグラウンドがおざなりになっていたところ、
柏木くんが新しいバンドを組んで、聖地なんばベアーズのライブに誘ってくれました。
5月8日(金)、長くなってきたので詳細はこの次に。(実はまだ決まっていないだけ)

↑このページのトップへ