月別アーカイブ / 2008年09月

昨日は神戸にてライブでした。
共演してくださったバンドの皆さま、ライブハウスのスタッフの皆さま、
そして誘ってくださった主催者の青山さん、
どうもありがとうございました。
時間の都合上、『愛里ひなに捧げるバラード』がお披露目できなかったことが心残りでしたが、
新曲『おしりのふとん』と『ほんとはね』が好評なようで、良かったです。
次は、10月31日にdigmeoutCAFEにて、
12月に心斎橋クラブジャングルでワイキキレコードのイベントに出演させていただきます。
たぶんまた新曲をたくさんすると思うので、
はじめての方もどうぞこぞって。

今回来てくれたみんなも、どうもありがとね。
終ってから声をかけてくれた帽子の可愛いガール2人組、
熱血硬派くにおくんの話、また聞かせて下さい。
11月の嵯峨美講演会で逢いましょう。
静岡から来てくださったケーキ屋のレディ、
似顔絵を待ってもらっている間、背中で珍しく、
ベース飼原さんと、お誕生日だったキーボードあっちゃんが接待をしているので、
何かなぁと思い、お待たせしましたとノートを開くと、
先に2人の描いた似顔絵とメッセージがありました。
どうやら彼女もまたお誕生日だったようです。
なんてめでたいんだ。お土産どうもありがとう。

物事はぐるっとまわって円になって、
ぶつかっておい!と振り向かせた背中は自分のものだったりします。
可愛いものを突き詰めていくと、何と淫靡なものになるんだと、
昨日の主催者青山さんが作ってきたお手製パンフレットの、
ファンシーなキノコの切り絵を見ながら、
水木しげる並に鼻を噴射させ一人楽屋で興奮していました。
ということはですねぇ…おっと仕事の催促だ!
戻ります。

さぁ、そして今日は神戸でライブです。
最近肌寒くなってきて、心なしか浮かないなぁという人がいましたら、
僕は冬生まれでそれは得意な方なので、センチメンタルの海に飲み込まれないよう、
上に引っ張り上げて差し上げましょう。ならばお手を拝借。
おっと、おぼれてる方が服着てるのに、ボートの上の人、裸みたいなね。

orangenoise shortcut、スパゲッティ・バビューン!、
Soda fountains、そしてラウンドテーブル。
DMCや何やで最近、渋谷系に興味が出たという方、
ピコピコとしたヒューチャーポップではない
純粋な古きよきギターポップの面子です。
僕もとても楽しみ。それでは後ほど。

『POP STEP PICNIC "SUN"』
日程:2008年09月28日 (日)
時間:open16:00 / star16:30 ~ close 20:30
場所:神戸WYNTERLAND 会場地図はコチラ
料金:前売\2,000 / 当日\2,500 共に別途1d+1food(2dでもOK)
出演:ROUND TABLE / 杉本清隆 (ex.orangenoise shortcut) /
    spaghetti vabune! / S▲ILS / Soda fountains /
チケット予約はコチラ

公式サイト:http://www.neo428.com/picnic/

小学館きらら新連載『さんぽ文庫』の第2回を描き終えました。
何かこう、絵の調子がすこぶるいいです。
ぐんと伸びた枝から自分でもびっくりするよな花が咲きます。

クチロロのニューアルバム『TONIGHT』と
『北の国から』のサントラ完全盤を買いました。
新しいものと古いもののようで、これがどちらもクラシックなのです。
クチロロは前作よりもっと針が振り切れた感じで、気持ちいいです。凄い。
小沢健二が"BUDDY"や"夢が夢なら"でやりたかったポップスとヒップホップの融合って、
こんなのじゃないのかなぁという理想郷のようだ。
『北の国から』はドラマ『Dr.コトー診療所』のDVDで、
吉岡くんの顔を見ると、やっぱり純のテーマが頭ん中で止まらないので。
さだまさしは名曲"遥かなる大地より"を、脚本家・倉本聰の前で
即興の5分で作った(作らされた)らしいんだけど、それって凄い話だよねぇ。
こうグググッとその人の中から引き出す、そういう人の業であったりドラマの魅力であったり、
また音楽からグググッとストーリーも広がったことでしょう。
そんないい連鎖、いうことなし、まったく奇蹟のようだ。

そう新しいものを手に入れたと思えば、
近所からまたリプトンのティオレが姿を消しました。
何かを手に入れるということは一方で何かを手放すということなんでしょうか。
ほんとうにほんとうにそうなのでしょうか。
僕はやっぱり違うと思うのです。
後から付け足したただの言い訳のような気がしてならないのです。
必要なのは2つも3つも抱えられる大きな手や腕力かもしれません。
また、相反するように見えていたものでも遠くどこかの接点が見つかるような
視力や洞察力なのかもしれません。
そもそも、何かを手に入れるということ自体が出来ないことなのかもしれないし、
そんな風に思いたいだけなのかもしれないしって、
おいおいティオレがないだけで、こんなに頭を悩ませてしまうなんて、
まったくいい女のようじゃないか、ミスリプトン。

さんぽ文庫1冊目「檸檬」より。ストーリーはコチラで。

締切とライブ、しばらく家を出れない。
実際には前の自販機まで煙草やジュースを買いに出てるけど、
つっかけじゃなくスニーカーで、徒歩でなく自転車で、
クチロロのアルバムや紺野さんのDVDを買いに行きたいんだ、僕は。
こんな時に窓の外にぽっと銀河ステーションが現れてくれれば、
銀河鉄道にまたがってタワーレコード南十字店までひとっとび。
つじあやのだってもう発売されているはずだ。

それはそうと、ジョバンニとカンパネルラはまるで
翼くんと岬くんよりも早すぎたボーイズラブの世界じゃないか。
僕はアニメのイメージしかなかったので、
てっきり猫が主人公の物語だと思ってたんだけど、
どちらかというと賢い犬のようなまっすぐの瞳をした少年たちで、
あぁ、それともタチとネコの隠喩なんだろうか。

そんなことをゆらゆら考えてるもんだから、
焦点が定まらずラフを何度も描き直す。
気分転換にギターの弦を張り替え、
愛里ひなちゃんに捧げるバラードを作る。
それでもう一度机に向うと文章がすとんと心に落ちてきたので、
こぼさないように線にしてなぞってみる。
この線路なら南十字まで繋がってそうだ。
すると、どこからともなくアナウンスが聞こえてくる。

「銀河ステーション、銀河ステーション」。

日記が滞ってましたね。
コメント、いつもありがとうございます。
返信遅れてすみませんでした。

絵に音楽に生活にバタバタと慌しい日々を過ごしています。
そして一昨日、アルバムジャケットが完成しました。
今回は難産だったのですが、「藤沢ルーザー」をもっと推し進め、
グイッと広げた世界がそこにあります。美人な子が産まれました。
嬉しい。みんなの前に現れる日を楽しみにお待ち下さい。

昨日は夜、バンドの練習でした。
音楽もまた新しいところに足を突っ込んだ感じ、
次回ライブで新曲いくつか、是非聴きに来てね。
同じ海の街、神戸。

『POP STEP PICNIC "SUN"』
日程:2008年09月28日 (日)
時間:open16:00 / star16:30 ~ close 20:30
場所:神戸WYNTERLAND 会場地図はコチラ
料金:前売\2,000 / 当日\2,500 共に別途1d+1food(2dでもOK)
出演:ROUND TABLE / 杉本清隆 (ex.orangenoise shortcut) /
    spaghetti vabune! / S▲ILS / Soda fountains /
チケット予約はコチラ

公式サイト:http://www.neo428.com/picnic/


日々思うことはあるけど、
あの人もこの人もおチンチンがついてるんだから
決めた事だけには目を逸らさず、
必死にしがみ付いてでも頑張ってほしいと思う。
何より僕が困る。友達くらいずっと一緒にいられますように。

↑このページのトップへ