月別アーカイブ / 2008年08月

大きな仕事がひとつ終わりました。
ポートレーション~とあるアーティスト編と言っていた例のアレです。
もうすぐ発表になるので楽しみにお待ち下さい。

昨日は『ダークナイト』という映画を見に行きました。
バットマンの最新作で、恋愛研究会。の西野さんがオススメしてくれました。
西野さんのオススメは、食べ物もゲームもアイドルも映画もハズレがなく、
今回も類に漏れず面白"そう"でした。
そう、と言うのもこれは前作『バットマン・ビギンズ』からの続きであり、
「ビギンズ見てからの方が面白いよ」との忠告を無視して、
気持ちフライングで前作を観ずに先走ってしまったのです。
悔しいのでその帰りに安くなっているビギンズDVDを買って、
今度もう一回観に行こうと思いますが、
それから感想を話したところで、また西野さんは類稀なるサディストでもあるので、
一通り黙って聴いてから「それにしても、話が長い!」と言うでしょう。
僕はサディストではないので中々いつもその優しさに気付くことが出来ませんが、
浴びて気持ちよくないことはないです。

フライングと言えば、肩の荷がひとつ降りたというのもありますが、
最近夜が涼しくてよく、ホントよ~く眠れます。
一時的なものでまた暑くなるという話だそうですが、
寒いの大好きな僕は、間違えて部屋に入ってきた彼女の
「スミマセンっ!部屋間違えました!!」と振り返った隙に後ろ髪を引っ掴んで、
羽交い絞めにしながら、口にハンコを加えさせて、
婚姻届けに押し付け、その足で提出したい勢いですが、
今はまだ泳がせておこうと思います。
なんてことを思いながらワイン(ティオレ)グラスを傾け、
フッと遠い目をして窓の外を見るのもまた情緒というものです。
どの道、2ヶ月もしたら君は僕のものになるのですから。
あぁこれか、サディストの気持ちがちょっと分かってきた。
それにしても夏、長い!!

追伸/小学館きらら、来月から新連載はじまるよ。

corneliusのリミックスワーク集『CM2』を買ってきた。
この題名は"C"ornelius re"M"ixの第2弾なのとコマーシャルのCMをかけていて、
3rdALBUM『Fantasma』のリミックス集だと『FM』でラジオ局のよう、
4thALBUM『Point』のリミックス集は『PM』で午後のようになっていて、
となるといずれ出る5枚目『Sensuous』のリミックス集だと、
実に淫靡な響きになってしまうので、
もうパパの小山田さんは一体どう出るのかが気になって、
from Abeno to Everywhere、僕もソワソワしている。

SMと聞いて思い出すのがアクションゲームの金字塔"Super Mario"。
名前だけでなく、亀は出てくるはキノコで大きくなるは、
ピーチ姫なんて名前はお尻を、主人公兄弟(また兄弟って)の髭は
山本晋也監督を連想させてもう"ほとんどビョーキ"なんだけど、
そうじゃなく、テレビ大阪で夕方にやっていた『スーパーマリオクラブ』という
任天堂オフィシャルのファミコンの番組。
司会の渡辺徹が段々と変な関西弁になってきたのは、
大阪のローカル番組だからかなぁ?と子供心に思ってたんだけど、
よく考えると、テレビ東京の番組だったので、いまだにその謎は深まるばかり。
謎といえば、その番組のアシスタントをずっと務めていた加藤紀子が、
徹さんの"で"じゃなく最初の"な"にアクセントを置く変な「なんでやねん!」のツッコミを、
一手に引き受けていたあの加藤紀子さんが、「フランスに行きます!」と突然
"SMクラブ"こと公開処刑場から脱獄、いや卒業した。
大阪の通天閣は凱旋門とエッフェル塔を足した形なので、
本場のが見たくなったのかなと思ったけど、同じ理由でそれも違う。

何年かして帰国した加藤紀子さんが出したアルバムは、
今までのアイドル路線とは打って変わって、フレンチやソフトロック、ボッサを基調とした
いわゆる渋谷系ど真ん中の音楽性で、参加ミュージシャンも、
カジヒデキ、ニール&イライザ、ファンタスティックプラスティックマシーン、
宮川弾(元・ラブタンバリンズ)、高浪敬太郎(元・ピチカートV)という
そうそうたるメンバーが名を連ねる。
名前もフランス国旗のトリコロールカラーにちなんで"ノリコロール"と名乗り、
ドッカと腰を下ろしていた渡辺満里奈を椅子から引き摺り下ろす勢いだ。
ただその頃はもう、雑誌オリーブが休刊したことから読み取れるように、
渋谷系ブームを終わりかけていた頃なのでノリコロール不発に終ったんだけど、
今聴き返してみるとこのアルバムが実にいい。
作家がその手の一流揃いなので当たり前なんだけど、
他の渋谷系アーティストに見られる歌詞においての生活感のなさや、
ベタなものを受け入れないことによる格好よさの美学がなく、
今の時代にとても潔く響く。

徹さんのエセ大阪弁に嫌気がさし本場のフランス語を習得しようと決意し、
結果このアルバムが世に出たのだとしたら、
ラガー刑事も太陽に吠えて無駄じゃなかったということだ。
是非今年あたり"ノリコトール"と改名したユニットでアルバムを出して欲しい。












って、"な"んでやねん。

私はあなたがいなかった3ヶ月を一体どれほど長く感じていたことでしょう。

毎日2度口付けをしていた夏の到来を予感させるある日に、
あなたは私の元から突然姿を消してしまいましたね。

その頃はあまりにも急な出来事で訳がわかりませんでしたが、
今考えると、幸せを当たり前のものだと思い始めていた
私への当然の報いだったのかもしれません。

あなたのいない私は、夏の太陽に溶けてしまった硝子細工のように、
決して楽しくない日々を送っていました。

寂しさを紛らわすため、時にはお金で愛と寝たこともありました。

けれど私は気付いたのです。やっぱりあなたしかいないと。
いつも薄茶色のワンピースを着ていたあなた。
悲しい時もミルクのように優しい笑顔をしたあなた。

その想いをいつも胸のポケットに静かに抱きつつ、
夏も過ぎようとしていた少し肌寒いある日に
真っ赤なルージュに紺色のカーデガンを羽織り、
少しオトナっぽくなったあなたが再び私のもとに現れたのです。

あぁ、神様。私は誓います、左手の薬指に。
今日からは私、いやオレは、
あなたでなくオマエと呼びこの人生を共に歩いていこうと。

そうリプトンのティーオレ。俺じゃなくオマエ!
もう離さないんだからっ!!


あれ、ストローどこだっけ…


昨日スーパーへ行くとマロンのお菓子が売っていて、
気付けば近頃は朝夕もめっきり涼しく、
たばこ屋の角から秋の背中が見え隠れしていました。
それもありつつ、仕事のラフも全て通り、
心配だったいくつかの事もとりあえず過ぎて、
最近とてもよく眠れるのです。
また、涼しくなると少しセンチメンタルな気分にもなり、
水をかけるようにたまとFAIRCHILDとJITTERIN'JINNを聴いています。
YOUは本当に本当に可愛かった。中学生のMY天使でした。
そうそう、僕の愛車ストライダの前輪はまだ取り寄せ中ですが、
『自転車』を聴いていると、「自転車買ったで~」と言いながら
緑のオートバイに乗って誰かがドアをノックしました。
せっかくなので同じく最近良く眠れるらしい彼と、
イベントの打ち合わせをラジオのようなものにしてみましたので、
通勤時間や、これから長くなる夜のお供にどうぞ。
内容があまりにも正直というべきかお下品なので、
何事もバランスが大事という事でこちらは手紙調にした訳ですが、
伸びない内にまたお便りします。かしこ。


↑このページのトップへ