月別アーカイブ / 2008年06月

昨日は朝5時に起き画集作業、3/4まで終わらせました。
その後、ART HOUSEに置いていた原画を取りに行き、
digmeoutCAFEハマジに音源と歌詞カードを渡して、
東心斎橋でS▲ILSバンドとしての久々の練習。
ベースの飼原さんが傷ついたガラスの30代のハートを癒しに
京都なんぞにひとりでとぼとぼ行ったらしいので、
今度、金沢までドライブに行くことにしました。
行くことに、は語弊がありますね、連れて行ってもらうことに。
ぼくはひとの車に乗せてもらうのが3度の飯より大好きです。
その人に命のハンドルを握らせることほど、
無条件で無防備になれる瞬間はないものです。
となると、スピッツの"君の青い車で海へ行こう"というフレーズは、
タイトルにもなっている『青い車』より『君の』の方が肝になってきますね。

そんな中大阪の梅雨は女心と秋の空のように、
天気予報は数時間ごとにコロコロとマークを変え、
ここまで行くと"天気中継"と呼んだ方がしっくりくるほど、
傘を持って外へ出た人は嬉しいようながっかりしたようなアンニュイな顔つきで、
家に帰ってくるでしょう。
ビニール傘、シャーペンの芯、小銭、ライター、本、あげたつもりで貸すもの。
そんな風に預けられたらなぁと思うのです。
だからドライブ、楽しみです。ほら。

Blogがふたつに増えたので、どっちに何を書こうか迷うのは、
嬉しい悲鳴のうちに入るかもしれませんが、
どうやらお仕事で3つに増えそうなので、これは考えねばなりませんね。
増えて喜ばしくないのは体重だけではないようです。
ということで、フランス座のママ・石野奈緒ちゃんが、
今回はダイエットを順調に続けていて「偉いなぁ」と思う昨今、
先日、恋愛研究会。でデザイナーの西野ヒロシさんが、
仕事の特性を活かし"未来の奈緒ちゃんシュミレーション画像"を、
フォトショップで作ってきました。
それは是非お店に行って直接見て欲しいものですが、
思いの他、ダイエットに成功した奈緒ちゃんが美人になってしまったらしく、
自分で作っておきながら、終始「なんかムカつく!」と言っていた西野さんの
奈緒ちゃんへの当たりは、台詞とは裏腹に心なしかいつもよりソフトでした。
未来の石野銀行に貯金したのかもしれません。
増えて困らないのはお金と幸せですもの。

増えるといえば、6月14日のカフェライブ
当初はアコースティックセットなので、僕と藤野さんだけでポロンと弾きに行こうかなと
思っていたのですが、シフゾウの2人も参加してくれることになりました。
いつもS▲ILSでドラムを叩いてる豊福さんは本来のピアノで、
スガワラさんはドラムでなく、色々なパーカッションで。
そしてもう1人、digmeoutCAFEの看板娘はまじがコーラスで参加してくれます。
先日のPORTRATIONで「何か嫌いなものある?」の質問に、
「歌が下手なのに歌ってる人が許せない!」と言っていたので、
あまり歌唱力に定評のない僕は心配で仕方ないのですが、
「これがオリジナルなの!」という間違ったアーティスト志向で突っ切ろうと思っています。
結局5人になったので、増えても減ってもいないけど、
梅雨の為のアレンジとセットリストでお送りする予定ですので、
皆さま、是非ご来場下さい。当日雨降ったらいいなぁと僕は思っております。

無印良品でアイロンとアイロン台を買って、
ご飯を作ってドラマを見ながら食べる。
ぼくの中の団地妻がベランダから顔を出した日。

夫が返ってきたら妻はもう寝る時間。
パソコンをつけ画集の作業をしはじめる。
決して会うことのない2人のセルフ結婚生活。

今日はイベント"思う壺温泉"に最近好きなアナおとぎ話が両方出るとのことで、
梅田シャングリラまで行ってきました。
1番手のアナは噂に聞いていたエレキギター電動ドリル奏法とハジケっぷりで、
内省的な音楽的志向と若いエネルギーがミックスして、
こりゃネオ渋谷系どころの騒ぎじゃないなと思いました。

そして2番手、アナログフィッシュの時間に少し外で休憩していると、
今度ニューアルバムも発売する、ぱぱぼっくすのお二方が居ました。
ギターの樽谷先生にボーカルの澤田さんが一言、
「アナ、アナログフィッシュ、おとぎ話って言うからいつもの調子でドモッてるんかと思ってたら
3バンドやん!!」なんてぼ、ぼ、ぼくはおにぎりが食べたいんだなぁみたいな、ね。
そういえば先生、日記に足の骨が折れたと書いていたので、
「どっかから落ちたの?」と聞くと、「歩いてたら勝手に折れた」と
それこそ勝手な発言をしていましたが、もう足も大分良くなってるそうで、
「誰か女の子紹介して!」とアッチもソッチも元気そう。
一応、どんなの女性がタイプなのか聞いてみると、「何でも良い」とのこと。
穴があったらいいのなら、ちょうど出番の終ったアナに
ドリルで穴開けてもらったらいいよ、先生。
本当のぱぱになる日はまだまだ遠そうです。

そんな話をしていたら、もうトリのおとぎ話の時間、
おとぎ話も思ったより大分元気いっぱいで、
サニーデイサービスなどの喫茶ロック系に影響を受けたみたいだけど、
銀杏ボーイズやサンボマスターなんかに近い新しいストレートさがありました。

イベントが終了し外へ出ると、今度は元・クリンゴンの木村ひさしさんが居ました。
木村さんのサポートは元・ゲントウキのイトケンもしてるので、
僕のことは知っていてくれてたみたいだけど木村さん、
僕はもう10年も前からあなたのことは知ってたんですよ。
音楽を始めて、はじめてのライブの対バンがクリンゴン、からふうりん(現キセル)、百面相でした。
そしてクリンゴンは休止したけれど、木村さんの笑顔やうたはその時より力強く魅力的で、
逆にその時1人だった僕がバンドをしているのは何だか不思議なもんだけど、
そんな話はもういいやと思うほど、逢って気持ちいい人。
僕もそうであったらいいなぁと思いました。

その後は今回、イベントでDJを担当していたdigmeoutCAFEの古谷さんと愛ちゃんと、
これまた会場に来ていた結婚1周年でめでたいロンたちと、上の喫茶店でご飯を食べました。
食後に煙草を吸いながらボーっとしていると、
愛ちゃんのミルクティが何だか薄い。ほぼストレートティの色が少しにごってるくらい。
「何の為にわざわざミルクを暖めて付けてくれてると思ってんだ!」と言うと、
僕のほぼ白いミルクティを見ながら「ミルク大嫌いなんです!」と、
まるで「ミルク大嫌いです。でもミルク大好きな人はもっと大嫌いです」とでも言いたげな、
そんな松本引越センターの逆バージョンみたいな、で、ミルクくれた、そして2倍、まっしろ。
結局僕のミルクティも普通とは呼べない濃度になり、
何も言えないまま夜は街を通り過ぎてゆくのでした。
楽しかったからそう思うんだよ。もうわかったね。

ファンに囲まれるアナがよく見えるアナ場を見つけ、大興奮の鼻のアナ。

左から僕、木村ひさしさん、樽谷先生、ラブ、ハロー、そしてピース。

昨日はなんばハッチにアジカンのライブを見に行ってきました。
梅雨に入るというのに洗いざらしの白いシャツのようなさっぱりとした印象。
積み重ねたものをそのままにまた1から別の地平へ歩き出せる4人は
なんとも頼もしい関係だなぁとニコニコして見ていました。
もうすぐ発売のニューミニアルバムのジャケットはそんな感じを描きましたよ。

一緒に行ったS▲ILSリーダー藤野さんとその後食事がてら色々お話しました。
赤ちゃんが産まれてそりゃ色々大変そうだけど、生き生きとしているのが嬉しい。
急遽決まったカフェライブ、そんな気持ちで望むので、
時間のある方もない方も、出産祝いのつもりで是非来てください。
今までのバンドアレンジの楽曲を大幅にアコースティックセットアレンジしてお送りします。
そうそう、この度S▲ILS(セイルズ)はHPも作りましたよ。
そっちでBlogも書いているのでよろしく。

CAFE★CIRCUIT 大阪編 ~POP STEP PICNIC通~』
音楽通の男の子・女の子に贈る、不思議なお茶会の招待状!
ポップ・マエストロ達と過ごす土曜の午後の素敵なひと時

日時/2008年6月14日(土) OPEN 12:30・START 13:30・CLOSE 16:00
会場/大阪 心斎橋 twice cafe
542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-18-10 ホテルライオンズロックビル 1F
TEL:06-6484-3810
料金/前売\2,000 +1drink /当日\2,300 +1drink
出演/クノシンジS▲ILSSoda fountains,ほか

チケット予約はコチラかibusuki@fanj.co.jpから
カフェライブゆえ席数に限りがあります
定員に達した場合はフォームを廃止しますので、なるべくお早めにご予約ください

地下鉄 四つ橋駅5番出口より徒歩3分
地下鉄 御堂筋線心斎橋駅7.8番出口より徒歩6分
JR難波駅 徒歩9分

↑このページのトップへ