月別アーカイブ / 2008年06月

4時半に起きてしまった。
いつもなら夕方のだけど、じゃなく明け方の方で、
とりあえず仕事をはじめ、随分やって終っても14時半で、
途方に暮れるが日は暮れず、いかんこのままでは寝てしまうと思い、
伸びた髪の毛を切りに行くことにした。

外に出かけない日は大抵お風呂なんて入んないので、
急遽シャワーで済ませて、歩いて1分の美容室へ行く。
「先にシャンプーしますね」と言われた時、
3分前に済ませてきたから「いいです」と言おうと思ったけど、
そのシャンプー係の人は新人さんっぽくて、
仕事を憶えたくて憶えたくて仕方ない目をしていたので、
やってもらうことにした。しきりに「失礼します」と言っていた、まだ可愛いと思う。
けれどそれとは別に僕は何だかちょっと損した気分になる。
お風呂に入った後にうんこしたくなった時のような、
歯磨きした後に「甘いものあるよ~」と言われた時のような、
ただこれは僕の見栄が引き起こした自業自得だし、
いくらシャンプーをしてくれることが分かっていたとしても、
ギトギトの頭で行ってはそれこそ「失礼します」だ。

髪はおばちゃんが切ってくれることになった。
例えばこのお店にずっと来ているけど、
最近模様替えをしたので、いま少し緊張しているように、
枕が代わるとうまく眠れないという話をしていると、
「私もそうなの~」と旅館でのぎぃぎぃとした物音の話から
いつの間にかお化け系の話になっていて、
「そういうことじゃないんだけどなぁ」と思いながら、
たぶんおばちゃんもわかっていて、緊張をほぐしてくれていたんだろう。
「はい、できた!」といつの間にか終わっていた時にそれに気付いた。

せっかく髪を切った日は、無性に自転車で走りたくなる。
なんばまで行って、イノトモの新作と内村さまぁ~ずのDVDを買って、
カレーを食べてもまだ20時だった。
「そうだ」とせいちゃんのお誕生日プレゼントを買ってディグダグへ行く。
もてラジのリハシュウさんがイベントで使った机を取りに来てた。
ぼくは長いソファでいつの間にか寝てしまっていたようで、
すっかり氷が解けてしまったなっちゃん(オレンジジュース)を見て、
こんなことは久しぶりだなぁと思う。
枕が代ると眠れないのなら、枕を取ってしまえばいいのか。
とかそんなことはないけど、そんな風にして好きな人に気付くのだから、
まだまだ頭の壁は固かれど、心と身体は正直だなぁと思い、
ギコギコと帰路につくのでした。

未発表作品(2000年)

DVDで見た映画『転々』のテーマソングが、
たまたま不意をつくように"髭と口紅とバルコニー"でした。
この曲は大学入学で1人暮らしを始める時に父からもらった
鈴木慶一とムーンライダース『火の玉ボーイ』のラストを飾るフォークソングで、
僕の一番好きな曲です。
今はCDもリマスターCDも出ているし、
どうせ僕のコーネリアスのレコードプレイヤーでは傷つけてしまうので、
しばらく針は落としていませんが、何度引越してもいつも壁に飾ってあります。
父の日だったのですね、映画もそんな内容でした。

自分のやるべきことが次第にクリアに見えてきて、
少しくらいは大人になれたような気もするけど、まだまだ父には叶わないなぁ。
そう思うことこそかもしれませんが、再び画集作業に戻り見つけた昔の絵。
譲り受けた頃の10年前の僕は、大人になることをこういう風に捉えていたようです。
おいおい、違う違う。それでも今と変わらずやらしい角度で
ボールを投げるんだよなぁ、まったく。タイトル「実り」だって、わお。

あの谷間に流れさすらう、痩せたインディアンにはわかるでしょう?わたしの気持ち。

昨日は京都に向けS▲ILS(今度はバンド)のスタジオ練習。
『8 1/2』のDVDを見ているとやっぱり寝てしまい遅刻で大慌て。
そこにジョシーから電話で「すみません1時間間違えて急いで向かっています!」と電話。
小学校の時、教室でおしっこを漏らしてしまい、
みんなにバレないようにカーテンにくるまって日なたで乾かしていると、
何とすぐ後にウンコを漏らした子がいて、
みんなの目線を僕の失敗から出来るだけ逸らさせる為に、
「や~い!や~い!」とカーテンから飛び出して不自然に騒ぎ立ててしまい、
見事にスウェットのシミがバレてしまったという…
あれどこに何の例えをしようと思ったんだっけ?
まぁ、何はともあれ、愛里ひなちゃんのDVDを持ってきてくれたら、
僕はそれでいいんだよ。詳しくはコチラ参照。

練習も終わりスタジオを出ようとすると、
大阪が誇る超人気スカバンド"DOBERMAN"のボーカル・吉田くんを発見。
「おー、ゆーちゃん。サインちょうだい。下に吉田(ドラム)もおるで。」
全く接点のなさそうな音楽と風貌のS▲ILSとDOBERMAN、
傍から見れば、「ジャンプしてみ」と小銭を巻き上げられている図にも見えるけど、
彼らとは大学の同じ学科、同じ学年の古い友達で、
はじめて作った音楽(カセットテープ)も聴いてもらったなぁ。
もうその時点でドーベルマンはあって、今も続けていて、
素晴らしいなぁとほっこりした気持ちになる。
アジカンを見る時の気持ちも似ていて、
音楽自体も勿論大切なんだろうけどさ、誰かとひとつのことを続けられるって、
長くデカい才能だと思う。見習いたい。
それで吉田くんはバンドとは別に絵画教室も開いているらしく、
そこの生徒さんが僕のイラストが好きだそうで、
で、サインを描かせてもった訳だけど、
何かわかんないけど、こういう連鎖って凄いいいなぁ。
風が部屋を吹き抜けるみたいに、さぁどっか飛んでけ。

フランス座に寄ったら、せいちゃんの誕生日で、
奈緒ちゃんが特大フルーチェをあげていた。
「そうそう、中村さんにも」と、え、僕は誕生日じゃないぞと思ったら、
ぱたりろから預かっていた、もう何処行っても見つけられなかった
抹茶スイーツティのプレゼント。
わぁ、風が戻ってきた。ぱたりろ、どうもありがとう。

雨が降っていたこと、そういえばというくらい。

S▲ILSのカフェライブにお越し頂いた皆さま、
本当にどうもありがとうございました。
もう来てくれた方の顔を段々憶えてきたので、部屋みたいに心強く、
最近のライブで一番リラックスできたいつも通りのものを出せたと思います。
これが今の全てですが、じんわりすくすく育っているので、
どうか末永く見守って頂けたらこれ幸い。
赤ちゃんだから時々、おもらしはするけどね。心の、いやどっちも。

というようなうんこちんちん話をしていると、今回コーラスやタンバリン、
サンバホイッスルなどを手伝ってくれたハマジが笑ってくれるので気をよくしていると、
「だって発想がクレヨンしんちゃんなんだもん」て、
う~ん、笑わせてるつもりで、笑われてただけだった。
数日前はコジコジで一昨日はおでんくんに登場するキャラクターだったので、
ほらね、少しずつ成長しているような気もするイッツ、ポジティブシンキング。
何より人間になれたじゃないか…あれそれなのにこの目から止まらない水は何?
ねぇ、ウォーズマン。

豊福さんと菅原さんのはぐれ悪魔コンビ、もといシフゾウコンビ、
さすがのコンビネーションと角度、
藤野慶一郎のギターもいつもよりハキハキ楽しそうで、
何故か今回は客席からの飼原さんの目もいつもより輝いてた。
いい形でこれからフィードバックしていくことでしょう。
ほかのメンバーの感想はコチラ

明日(もう今日)お誕生日のせいちゃん、
髭が生えてるだけでなく本当にライオンだったやっさん、
いつもお世話になっている奈緒ちゃん、
元・S▲ILSドラマーのロン、大切に思っています。
いつもありがとう。
もしも答えがあるんだとしたら、討論して導き出すものでなく、
会って話すことそれ自体が離してはいけない(はなすのにはなさないというココ面白ポイント)
大切な答えだったんだなぁとあなた達のおかげでここ数日思えます。
今日、飛び入りで共演してくれたエレキベースの坂本さん、
だからお話できて嬉しかったんです。次は8月の東京ライブで会いましょうね。

の前に関東へは、7月に湘南へ仕事で行くことになりました。
右も左もわからないので、ここに行くといいというポイント、
どなたかご存知でしょうか。

一昨日は、土曜日のライブに向け、はまじとハモリの練習をしました。
飲み込みが早く、案外あっさり終ったので話をしていると、
リリー・フランキーに会いたいだの、みうらじゅんに会いたいだの、
いとうせいこうに会いたいだの、山田五郎に会いたいだの、
安斎肇には逢っただの言っているので、
どうやらハモリよりタモリ倶楽部に入りたかったようです。
僕もタモリ倶楽部には出たいけど、それよりもオシリ倶楽部の方がいいと思います。
"いいと思います"って、おい何だ。
また「どんな人が苦手か?」という質問に対し、
「イケメンが苦手、緊張して喋れなくなるから」と、
その後マシンガンのように喋り続ける彼女の姿を眺めながら、
嬉しいような哀しいような気分になったので、
朝の街を自転車で走ることにしました。
昨日雨が降らなかったのは僕の目から流れたからだよ。

昨日は引き続き、画集作業。
昔スキャンした絵のデータは解像度が低いので、
改めて出版用に撮り直しているのですが、
インターネットや絵葉書で発表している以前の絵がわんさか出てきて、
「これもこれでいいのだなぁ(みつを)」と思えるようになったので、
今回せっかくなので、その中からも何点か画集に載せようと思います。
またそのあたりを最新号の季刊エスのロングインタビューで答えてるので、
それを読んで楽しみに待っていてくれたら嬉しいです。

その後はS▲ILSカフェライ部でスタジオへ。
シフゾウの2人のおかげで、とてもいい感じで仕上がっています。
そういえば、いつも酒場で会っていたので気付かなかったことが1点、
お酒を飲んでいないパーカッション・スガワラさんにいつもの通り下ネタを言うと、
何といやんな顔されたので、これからはスタジオにビールを持っていこうと思っています。
酒とバラの日々、雨とハラハラの意味。

↑このページのトップへ