月別アーカイブ / 2008年03月

最近は仕事が忙しい最中、ウディ・アレンとさまぁ~ずのDVDラッシュ。
何故こんな時に、どしていつもこうあれなのかねぇ。
どちらが先かわからないけど、おそらく忙しさ故、
コントラストで他のものが輝いて見えるんだろうね。
試験勉強の時に限って、日頃読んでもいない漫画を読み返したり、
引越の時に卒業アルバム見ちゃうとかね。
いや、それにしても「スターダスト・メモリー」の初DVD化はほんと嬉しい限りです。

漫画といえば、先日フランス座で同席した男性に
「ブラックジャック(手塚治虫の漫画キャラクター)に似てますねぇ」と言われ、
イラストレーターなんてみんな無免許だし、
普段、仕事は大きさで択ばず「高くつくぜぇ、ただし出世払いでいいよ」と去って行く
ブラックジャック方式を心掛けているし、
時々友達に馬鹿にされ「先生、先生」と呼ばれているし、
実際、ブラックジャックのTシャツはよく着てるし、
顔はお友達のお尻の皮膚を移植した訳でもないけど、
それくらいお尻は好きだし~、
あとはねぇ、お、男だしぃ~…と、これだけ共通点があって、
今まで言われなかったことの方がおかしいんじゃないかという
"どや顔"ならぬ"まぁね顔"で気をよくして
「どこがですかぁ?」とさらにオペを進めてみると、
「前髪だけ白髪じゃないですか」…え、それだけ?
「だから関口宏にも似てますねぇ」
「ピノコ、汗!」「目から大量の汗!!」「もう知らないっ!オペ終了!!」
大滝詠一『乱れ髪』から"ごらん君の髪が降る"じゃないけど、
大阪が今日も雨なのは、僕の白髪が増えたのが先でしょう。

さぁ、仕事に戻るとします。


BGM:GOMES THE HITMAN『男なら女なら』

先日、嫌~な夢を見たのでみんなにお裾分けしときます。

僕は中学か高校の教室で放課後ひとり残され、
先生に「早くせんかい!」と怒鳴られています。
机には白い紙が1枚、縦線で割られた右には「イジめる側」、
左には「イジめられる側」と書いてあります。
どうやら"芸能人をその2つで分けていけ"という趣旨だとようやく飲み込んで、
とりあえず「イジめられる側」の方から手をつけてゆきました。

・高木ブー ・野々村真 ・林家こぶ平 ・田中義剛
・出川哲朗 ・山崎邦正 ・三田村邦彦 ・叶姉妹(妹)…


「おー、わかっとるやんけ!」と先生。
そして「イジめる側」も恐る恐る書いていきます。

・いかりや長介  ・浜ちゃん ・紳助 ・昔のヒロミ ・今のこぶ平(林家正蔵)…

と、書いたところで、「女も書かんかい!!」と言われました。
だけど、女性はどうしても書けない理由があったのです。
その先生は、明らかにあの、その何ていうか、
ここで言う「右側」イメージで誰もが1番に連想する、
そう和田アキ子さんだったのです。
頭の中心にそびえ立つ摩天楼のようなその名前を避けつつ、

・沢尻エリカ ・上沼恵美子 ・細木数子 ・デヴィ婦人 ・叶姉妹(姉)

…と続けたところで「わたしはドッチやねん!?」とアッコ先生。
「イジめる側」に書いても「イジめられる側」に書いても、
彼女の勘に触るような気がしてならない。
いや、そもそもはじめからもう怒っている。
どうしていいかわからず、「ひえ~!わかりませーん!!」と
泣き出してしまったところで夢から醒めました。

この夢が何を暗示しているのかはわからないし、
知りたくもない気がしますが、
どうやら僕が左側に分けられるのは確かなようです。


BGM:和田アキ子『笑って許して』

↑このページのトップへ