月別アーカイブ / 2008年02月

今日は仕事をひと段落させ、夕方から京都三条まで
とあるDJイベントを見に行ってきました。

目的の人の出番まで時間があったので、外へ出て夕食を食べ、
戻ってきたら"只今、30分押し!"とのこと。
外も寒いしせっかくお金も払ったのだからと見ていたら、
鼓膜が破れそうな程の轟音!あれは何ていうジャンルのレコードなのだろう?
サニーデイ・サービス至上最も実験的なアルバム『24時』の、
その中でも最も破壊的な"ぼくは死ぬのさ"の、その中でも最も破滅的な間奏部分を、
延々と流してる感じ。あのトランペットの感じ。
調べて、そのジャンルのCDはジャケットがいくら良くても買わないようにしなくっちゃ。
一緒に行ったメルヘンの国の住人ドリドリも、
自分が「行きたい」と言った癖して、その曲のみならず、
わかりやすい4つ打ちビートにも微動だにせず、
挙句の果てにはマフラーで耳栓し出すありさま。
それもそのはず。次の出番のVJをする映像作家さんの手伝いを、
彼女の現在東京に住んでいる友人がするとのことで、見に来たのだ。
「そう、聴きに来たのではない!あくまで見に来たのだ~!!」って、んなアホな。

「みんなはどんな顔して聴いてるのだろう?」と
僕も見る方の楽しみに移行すると、割とどうってことなさそう。
だけどとびっきり楽しんでるって訳でもなさそうで、平常心といった感じ。
音の小さなジャズバーやDJイベントなんかだと、
そういう心で、お酒呑みながら、話したりするだろうけど、
音の大きいDJイベントってもっと踊ってるイメージがあるんだけど中央フロアは空っぽで、
じゃあ、みんなは一体、どこをどう掴んでいるんだろう。
そう言えば、PSの「ぼくのなつやすみ」というソフトを"名作"というシールを見て買った時、
「退屈で何が面白いのかわからないから、貸すよ」と月島さんに言ったら、
「そりゃそうだろう。あれは会社勤めや何やで日々時間に追われてる人が、
余暇をバーチャル体験して楽しむもんなんだよ。だから僕もいらないよ。」と言われた。
ブログすら更新しないのに、その宣言もいかがなものかと思ったけど、
なるほど、彼や彼女たちは大音量という非日常を味わってるのだなぁ。
"どこもどうも掴まない時間が欲しい"が正解だったのかもしれない。

そして目的のVJとお友達のお手伝いを見て帰宅。
現在、12時で仕事再会。こういうカツカツとした時間の使い方も出来るんだなぁと、
自分で自分に感心しているところだけど、
それでもああいう非日常はもういいわ。だから、何てジャンル?

BGM:NONA REEVES『DJ! DJ! ~とどかぬ想い~』

福島へ夕食を食べに行くまで少し時間があったので、
立ち寄った梅田の楽器屋さんでとても素敵なエレアコースティックギターに出会い、買う。
今度のライブは冬なのでココア、いやミロのような、
アコースティックな音にしたいなと思っていたけど、
普通のアコースティックギターじゃ「ジャーン!(藤子不二雄A)」と鳴りすぎるし、
ウクレレじゃ想ひ出が「ポロポロ」し過ぎていてバンド向きじゃないので、
「小さいギターと大きいウクレレどっちがいいですかねぇ?」という、
「ウンコ味のカレーと、カレー味のウンコどっち食べたい?」
みたいなアベコベな質問を楽器屋のお兄さんにぶつけても、
精一杯の笑顔で繕った難しい顔しか返ってこなかった。そりゃそうだ。
楽器にはそれぞれの特性があってその形に至ってる訳で、
変わった形のものはどうしても音は期待出来ない。
「もの凄い美味しいウンコ味のカレーが食べたい」と言ってるようなもんだものね。

だけど探せばあったよ、ウンコ味のカ…じゃなかった、小さくて音のいいエレアコ。
リーダー藤野さんに聞けば、西村明正さんと同じものらしく、
3月14日は京都でお前を"抱きしめたいぜ!"。

『DENKI★SHOCK PARTY vol.1』
日時/3月14日(金) open 17:30 start 18:00
会場/京都MOJO 地図はコチラ
出演/電気キャンディCHICK-CHICK FOR PEACE(横浜)
nico-laS▲ILShachi、Sylvestar
チケット/前売2000円 当日2300円 予約はコチラから
お問い合わせ/京都MOJO
〒600-8492 京都市下京区四条新町月鉾町39-1四条烏丸大西ビル1F
TEL : 075-254-7707 (11:00-23:00)
FAX : 075-211-7049
e-mail :

BGM:西村明正『ライラック・タイム』

私は変なライター…いや、下らないライター(略して『下ライター』)を研究している。
どういったものがポイントが高いのかを細かく説明し出しても、
長い時間をかけたところで、結局行き着く先のゴールは「下らない」と書いてあるので、
そんな不毛な時間はないだろう。
詳しくは過去の日記をさかのぼるか、これこれを見てくれたまえ。
そんな時間も勿体無いという時計と睨めっこの方の為にごく簡単な例を出すと、
ファミリーレストランのレジの横にある、それそれ、違う、バブリシャスじゃなくって、
そのまた横にある携帯電話型ライター。あれが最もオーソドックスなもので50点。
要は何かの形をしたライターなのだが、それだけでは勿論「下ライター」ではない。
今日はちょうどアベノ大学で私の受け持っている『現代下ライター論』の今期最終試験の日。
その様子を見てもらって、説明と変えさせて頂くことにしよう。

1人目の受講生はチッチくん。
鹿児島のご実家に帰省した際に近くの雑貨屋で見つけた一品で挑戦。

おっと!これはいきなりの高得点が出るぞ。
まずポイントは、ギターやトランペット、ピアノなど楽器型は数あれど、
ドラムやパーカッションは恐らくライターの構造上数少なく、希少価値が高い。
そして色。パーカッションと縁遠いほぼ真逆に位置するだろうヤンキー層が好きそうな、
安っぽく下品なメタリックシルバーという、媚びるターゲットを完全に間違えたカラーリング。
挙句の果てには、無駄に高級感のある素材で出来た土台。
極め付けの「3年前から店頭で誇り被っていたそうです」で90点!!
チッチくん、卒業おめでとう。
この授業で学んだことを存分に活かし、今後の社会貢献に役立ててくれたまえ。


2人目の受講生はドリーくん。さぁ、見せてくれたまえ。
「その前に"どうしようもないライター"がいいんですよね?」
その通り、どうしようもなければ、どうしようもない程、評価は上がるよ。
そしてサッと差し出されたライター。

ん?ただのレトロなライターじゃないか。
私もお洒落なものについて否定はしないし私生活にも取り入れているが、
研究に私情は持ち込まないことにしている。
そして、この授業においてはレトロやカラフルは減点の対象にさえなりえる。
一方、不適な笑みを浮かべるドリーくん。
はは~ん、そうか。使い方が変わっておるのだな。
ドリーくんならではのオリジナリティ溢れる発想じゃないか。
カチッ、カチッ…う~ん、さすがに古そうなものだけにガスが切れているのか。
さて、もうひとつ。カチッ、カチッ…カチカチカチカチ、カッチーン!
お洒落だわ、火はつかないわ、これを一体…
「ね、どうしようもないライターでしょ?」
ガ~ン!哲学的なドリーくんらしく、
火はつかないものの言葉のあやをつくカウンターパンチで95点
ドリーくん、卒業おめでとう。
しかし日本社会では、そういう異端児的発想は杭を打たれ、
0点になるケースもあるので、気(火)をつけて旅立ちなさい。


さぁ、最後はネイクくん。
あれ?君は去年もこの授業を受けてたね。
まぁ、いい。見せてみなさい。

0点。君は来年も私の授業を受けなさい!
なっ、何故ニヤニヤしている!!


BGM:鈴木慶一とムーンライダース『火の玉ボーイ』

一昨日は銭ゲバへ行くと、いくつになっても文科系の先輩・田中さんが、
とてもとてもと~ってもいいパーカーを着てたので、
心の中で「いい緑だなぁ。しかも裾がポンチョみたい可愛いなぁ」とジーっと見ていると、
「きっ、着る…?」と言って下さったので、「そこまで言うなら仕方ないなぁ」と手を通してみると、
これがやはりばっちり過ぎる程ハマったけど、すぐ脱ぎました。
この気持ちわかるかなぁ?例えば小倉優子とプライベートでデートすることになって、
ピンクのでっかいセーター着てきたら、ヤワラちゃんが柔道着着てきたら、
杉本彩が豹柄着てきたら、岡本夏生が豹柄着てきたら、豹が豹柄着てきたら、
例えば、太った人がブタ君のプリントされたTシャツ着てきたらってもういいか、
「そりゃ、ないわ~」って気持ちになるでしょう?
それを想像すると気恥ずかしい気持ちになり、すぐ脱いだ訳ですが、
田中さんが「古着で800円だったからいいけど、
買った時は裾見てエラい損した気になったよ」とおっしゃったので、
「そこまで言うなら、ライブでなら着てあげてもいいわよ、フン!」
と言っておきました。田中さんはいつでも少し意地悪な優しい顔で笑います。

追伸・月見峠の大村くん、僕は服を借りただけでは1000円取られなかったよ。
そんなおかしな話、ある訳ないじゃん!ねぇ…?

その後、フランス座へ行くと、お客さんギッシリなのに殺伐とした雰囲気。
何だ、この違和感!そ、そうだ、音楽が鳴っていない!!
「音を出していたパソコンにジンジャーエールこぼしちゃって、潰れてん。
中村くん、音が鳴るモノ持ってたよねぇ…」とジーっと僕に何か言いたげな奈緒ちゃん。
次の日は大事な用があったので、iPodを繋いだもののちょっとして帰ろうと思ってたら、
お客さんがぼそりと言った(僕だってお客さんだよ!)、
「中村くんが居なくなったら、またBGMなくなるってこと?」
で、眠い目をこすりながらもうしばらく座っていることにした。
とうとう夜3時、カップルっぽくいいムードの男女1組だけが残っていて、
女性がトイレで席を立った際「彼女、素敵ですよね・・・」と男性がポツリ。
もう何だか僕が今、気を使って選んだロマンチックなボサノバをブチッと切って帰るってことは、
現代日本の少子化問題を推進しているような罪悪感に苛まれ、
結局、朝の5時に「あ~珍しく酔っちゃったわ」「俺も酔っちゃったよ、もう歩けない」と、
誰に向かってのアピールか言い訳かよくわかんない、
何か言いたげな言葉を残し、2人は来た時よりグッと近い距離感で、
日が昇る少し前の街へ消えてゆきました。

このように、人のポジションや役割は一通りではなく、
空気を読んだり読まれたりしながら日々暮らしているんだなぁ
なんてしみじみしたいところだったけど、そのとんだカップルの帰り際に、
ムード0の"おバ歌謡"でも流して台無しにしてやったら良かった。
だって、僕も次の日(もうその日)デートだったんだもん!


BGM:林未紀『マスカット ココナッツ バナナ メロン』

↑このページのトップへ