月別アーカイブ / 2008年01月

今日は3月14日の京都ライブでサポートをしてもらうことになったジョシーと、
軽く打ち合わせをしました。

彼女は、今は休止中ですが"猫ままニーチェとモダンロマンチカバンド"というバンドで
華やかな楽器であるピアノを担当していて、
もうすぐ卒業ですが花の女子大生だったにも関わらず、
この短い文章の中で「ですが」が2回も登場したことからも分かる通り、
読んでるみなさんも不穏な空気を感じ取っているよう"ですが"、
ずばり悩みは「モテない!」ということらしいのです。

ルックスは可愛い子なので、はじめ逢った時はそんな話を聞いて、
言葉では「なんでだろうねぇ」とか適当な相槌を打ちつつ、
心の中では「そりゃ、ないだろー!贅沢言い過ぎ!!」なんて思っていました。
年末のカウントダウンジャパンというライブイベントに行った時でも、
内木くんから、あの内木くんだよ?僕は顔はハンサムだと思ってるけど、
モテないの代名詞、平成の逆・石原裕次郎こと内木くんから、
「モテなさそうですね~」と言われていて、
またまた、お得意の意地悪ギャグでサービスかぁなんて思ってたけど、
どうやら、それは本当のことらしいのです。いや、おそらく本当です。

打ち合わせを終え、食事に行った時に趣味の話題になり、
衛星放送のアニマックスで『ケロロ軍曹』を見ることと、
ジャンプで『こち亀』を立ち読みすることに最近ハマッていて、
「"モテない"以外の今一番の悩みは?」と聞いたら、
「『ポケモン』がしたいのに、ニンテンドーDSが何処に行ったのか
わからないことですかねぇ…?」と即答。

そして「ゲームと言えば中村さん、これ面白いんですよ!」と取り出した携帯電話。
能町さんの「くすぶれ!モテない系」によれば、
"モテ系の女子の携帯電話はピンク"らしく、彼女のそれもピンク色だったので、
「やっぱりモテない系じゃないじゃないか」と思ったら、
ストラップがついていない。これはモテない系の方の特徴らしいのです。
(ちなみに僕の携帯電話には、大好きなお尻の話題にスムーズに入れるように、
おしりかじり虫の携帯電話より大きな人形をつけてますが、誰も触れてくれません)
そんなモテ系とモテない系をあわせもつ電話に「一体、どっちなんだ~?」と困惑しつつも、
何やら"iアプリ"のゲームを紹介してくれました。
針の穴にひたすら糸を通すだけのゲームで、
確かにやらせてもらうと以外に面白く、暇はつぶせそうなんだけど、
飲み込みも良い方だし、ゲームが決して下手な方じゃない僕が何度トライしても、
シビアで難易度が高く、すぐに"GAME OVER"でタイトル画面に戻る。
するとタイトルの右上に目を疑うようなハイスコアが記録されていて、
それはつまり、同時に彼女のモテない日常の集大成でもある訳で、
何だかとてもいたたまれない気持ちになって、
色んな意味を込めて「ライブ、がんばろうねっ!」と言っておきました。
なので3月14日京都MOJOに来てくださる皆さんも、
色んな意味を込めて「がんばってー!」と応援して下さい。

特にピアノの方に向かって。

「温泉卵が潰れると嫌なので…」と店員さんにレンゲをもらったのに、
目の前にある見事に粉砕された温泉卵の食べ後。
ジョ、ジョシー…色んな意味で台無しだよ…


BGM:Elis Regina『Tristeza』

なななんと、ほっと一息mixiにログインしたら、画面横の広告に僕の絵があった。
「プライベートタイムはないのかー!?」なんて嘘です。嬉しかった。
と言う訳で、石田衣良著『親指の恋人』がとうとう発売になり、
その広告が出ていたという訳です。
特設サイトでも少し中身が見れるのですが、
手元にサンプルが届いたので、見てみると本当デザインが素晴らしい。
『夜は短し~』と同じデザイナーさんなのですが、
中身もさることながら、カバーをめくったら、また今回も裸がいいんだ。
みなさん本屋さんに行ったら、ストーリーだけでなくぺラッとめくってやて下さい。
「どうだ、おっぱい膨らんできたか?」
「しっ知らないっ!お父さんの馬鹿!!」
そんなストーリーじゃまるでないけど。

宣伝ついでにもうひとつ。
先日お逢いした能町みね子さんが大阪でイベントをします。
3月3日ひな祭り、場所はdigmeou…ひっ、ひなー!愛里ひなちゃーん、お元気でー!!
…あぁ、取り乱しました、digmeout ART & DINER。
詳細は能町さんと主催者の土井コマキさんのサイトをチェック。
ついでに愛里ひなちゃんのブログもチェックしたら跡形もなくて僕ショックだけど、
めげず行きますので、関西の文科系BOYS & GIRLS TOGETHER!!

と言えば、伝説のインディポップレーベル「レフトバンク」の社長も
来るとか来ないとか噂のイベントにS▲ILSのリーダー藤野さんもDJで出演します。
こちらは2月2日。詳細は以下。

”COLOUR FIELD”
日時/2008.02.02 (Sat) 19:00~23:00
出演/DJ:HARADA 、HORIGOME (Britzkrieg pop!)
     FUJINO (S▲ILS) 、YAMAGUCHI (pop satori , LEFT BANK label)
Charge:1000yen (w/1drink)
会場/心斎橋club wonder
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-6-31
リードプラザ7FA号室 club WONDER(南警察署となり)

みんな、みんなよろしく。


BGM:S▲ILS『薫(Demo)』

今日は3月14日の京都ライブに備え、S▲ILSの新曲デモを2曲録音。
僕が先日の動物園の楽しい想い出を早速綴った叙情的な歌を、
感情を込めて歌っていると、柏木くんがやって来た。
(ちなみに、伴奏はヘッドホンで聴いているので、
気持ちを込めて歌えば歌う程、傍から見たらかなり滑稽で、
近所からしてみれば、オリジナルソングらしき聴いたことのない曲の
かなり大きめな鼻歌でしかないので、迷惑以外の何ものでもありません)
彼もバンドをやっていて、どうやらライブ帰りにお誕生日プレゼントを持って
やって来てくれたらしい。

恋の話から、すぐに下品な話になり、
話を戻そうと、創作の話から、柏木くんのブログが最近面白いという話になり、
仮面ライダーの話になり、何だかわかんないけど、とにかく下品な話になる。
ラジオにしても、草壁さんから「インターネットラジオ界で今一番下世話なラジオ」
という称号を頂いたので考えてみると、相方の内木くんは悪口は言うけど、
下品なことは言うタイプではない。
「何故か周りに下品なやつばかり」と思っていたけど、
震源地は僕そのものだったのか。灯台もと暗し。

そんな僕の下品な部分を受け止めてくれる2人に、
日頃のご愛顧を込めて、絵でお返しをしました。

ストーリーが読みたい方はきららWEBでどうぞ。

柏木くん、プレゼントにくれた岡本太郎の本の帯に
「芸術はきれいであってはならない」と書いてあるけど、
僕はやっぱり「芸術はきれいでなくてはならない」と思います。
だってこんなにも下品なんだから、帳尻合わないじゃない。
わぁ、お尻だって。


BGM:S▲ILS『2月の動物園(Demo)』

昨日は父母に福島のもつ鍋屋さんで、誕生日会をしてもらいました。
お父さんからはバーバラキャロルのCD、お母さんからはチーズケーキを貰い、
「30才なんだなぁ」とみんなでしみじみ鍋をつついていたら、僕が子供の頃の話になりました。

全く喋らない子供だったらしく、ただどうやら"喋れない"のではなく
寡黙にずっと何かを考えてるように見えたので、
お母さんは、表現する手段を持てばきっと幸せになれると思い、
おもちゃの変わりに、紙や筆やハサミや粘土をたくさん買い与えたようです。
絵を描いたり、このブログを書いたり、みんなで音楽を作ったり、ラジオを録ったり、
そうやって現在に至っていた訳だなぁ。お母さん、ありがとう。
今、とても楽しいです。

笑ってる子供の頃の写真が一枚もない僕と、今の僕より年下の母。

一方、お父さんは粋なプレゼントからも分かる通り音楽が大好きで、
子供の頃、日曜日にビングでかかっていた、
ジャズや60年代ポップス、70年代フォーク、80年代ポップスは、
今でも僕の心のお薬になっています。お父さん、どうもありがとう。
けど、もうひとつ「あぁ、そうだ」とくれた女性心理の本は余計なお世話です。
今でも、十分楽しいです。

その後、父母と別れ、ケーキはひとりじゃ食べきれないので、
「生ものだし、でもこんな時間にケーキ食べてくれる人いないよなぁ…」と考えたら、
いたいた、ケーキ大好きな人が。フランス座へ行きました。
「おいしいね、おいしいね」とペロリ食べると、
満腹中枢が満たされたからか、奈緒ちゃん突然激怒。
どうやら嫌なことを思い出したらしく、カウンターの大理石をバシバシ叩く叩く。


そしてようやく機嫌が治った奈緒ちゃん。今度はブログの更新に夢中。
お父さん、あの本やっぱり貰っといて良かったです。
みなさんも是非、どうぞ


BGM:Tetrapletrap『淋しい熱帯魚(Demo)』

ご心配おかけしました。
そして誕生日のメッセージ、どうもありがとう。
おかげさまで無事、30才を迎えることとなりました。

出来上がった絵はきらら3月号に乗ります。
どんどん、ガシャーンガシャーンと見得の鎧を外して、
最終的には藤子F不二雄先生やあだち充先生、
そして和田誠さんのような軽やかな絵を描くんだという
決意のような仕上がりとなりました。
文章担当の月島さんから"20代最後の作品だね"と言われ、
「なるほど、いいこと言うな」と思いましたが、
その後に続く"ようこそ三十路へ"の言葉も飲みかけた途中、
その中に入っていた(ダラダラしようぜ)的なメッセージの種を吐き出し、
行動を持ってストライキを起こしました。

今日は王子動物園でデートして、あっ違う、
某O子動物園で創作活動の為の動物の生態と、
女性の心理の研究をしてきました。
可愛いあの娘…こ…コモンリスザルを見て、
僕の心はキュンと、いや、創作意欲がより高まったことは言うまでもありません。

そんな、休日でしかも誕生日の日にまで仕事熱心な僕に、
神さまからのプレゼントか、その後行ったタワーレコード梅田NU店に、
ずっと探してたMOCCAの3rdALBUMがあったので購入しました。
相変わらずArinaの歌声は何の迷いもなくまっすぐと青空に伸びていく如意棒ようで、
僕もそんな歌を作って歌いたいと思った1年ぶりの誕生日でした。

BGM:MOCCAMY ONLY ONE

↑このページのトップへ