月別アーカイブ / 2007年07月

赤川次郎ベストセレクション、
来月発売分の「殺人よ、こんにちは」と、
「殺人よ、さようなら」の表紙を描き終えました。
今回で今シリーズも7、8冊目。
きららで連載していた石田衣良先生の
「親指の恋人」の時もそうでしたが、
同じ作家やシリーズで何枚か描いていると、
段々、絵で遊べるようになって来ます。
今回の2冊も、今までのタッチとは若干表情の違う、
面白い出来になっていますので、
書店で見かけた際には是非ご覧下さい。

そうそう、その"きらら"で連載がはじまります。
まだ内容は秘密ですが、
月曜相談室や「いつもの」でもお馴染みの
月島さんとの共作ですよ。
こちらもお楽しみに。


最近の出来事と言えば、
先日、コンビニで2千円札で買い物をすると、
5千円のおつりが返って来ました。
1000円以上の買い物もしていないので、
僕が出したお札を1万円と見間違えたにしてもおかしく、
恐らく店員さん、疲れていたのでしょうね。
昼夜逆転の僕が行く時間も時間だったし。
それで「おつり間違えてますよ」と返しました。

これは何も僕が「お金には不自由していない」
というアピールではありません。
他にも、例えば、ゴミが落ちてたら拾ったり、
植木鉢が夜風で倒れていたら起こしたり、
これも「僕はいい人だ」というアピールでもありません。

それは、「いいことをしたら、いいことが返って来る」
と思っているので、あ、思い込んでいるので、
少なくとも差し引いた4000円分くらいは、
どこからともなく、幸せという名のお釣りが
あ、いや、風が吹いて来るんじゃないかと、
幸運貯金をしている訳です。

 そのコンビニの店員さんも、
 きっとよい行いをしたんやろうね。
 あぁ、それにしては最近いいことないねん。
 僕の幸運借金は、一体いくらあるんやろう?

と、一緒にラジオをしている内木くんに尋ねた所、
「そういう魂胆の時点で、お釣りなしや」と言われました。

本当に神さまを信じているのは、
実は彼の方かも知れません。
ちゃんちゃん。

今日は人物のペン入れをして、少し出掛けて、
背景のペン入れをして完成、ラジオのアップ。

月末、締切、また締切に追われ、
バタバタとした日々の中でさえも、
お祭りに耳を傾ける位の余裕は持ってるんだ。
先日、近所であってね、出店が並ぶ通りを自転車で。
ふと気付いた。
お祭りって1人で行くとテンで楽しくないのねぇ。
だから通り過ぎた。

別にスネてる訳じゃなくね、
それって結構凄いことでさぁ、
冷静に考えるとね、たいして面白くない
射的や、金魚すくいや、カラーひよこ、
また、たいして美味しくないお菓子や食べ物。
それらが誰かと一緒に体験することで
1mmもつまんないなんて思わないんだよ。
つまりだねぇ、大切なのは、
モノや出来事なんかじゃなく"思い"ってこと。
だけど浴衣は綺麗だね。


最後にメモ。
Kiiiiiiiの1stアルバム「AL&BUM」と、
HALCALIのニューアルバム「サイボーグ俺達」が凄い出来。
電気キャンディタイフーンミニスターズも素晴らしい。
上記全部女の子2人組。
"働くおっさん劇場"の青柳さんが
「女性は元気」と言っていたのも頷けるけど、
風藤松原というコンビの漫才が面白い。
男子も元気。ぼくも何とか元気。

昨日はS▲ILS御一行、大雨駆け抜け
渋谷でライブをしてきました。
出演順にザッとレポート。

ババロア
兄妹によるファンシーポップユニット。
渋谷系でもないしシンガーソングライター系でもないけど、
このフワフワとした感覚、何だったっけなぁ…は、
カヴァーソングのスピッツで「そう、そう!」。
ドラムと歌が軽快で生っぽかったので、
是非、フルバンドセットでも見てみたいです。

東京パレード
ミクスチャーからポップスへの返答、東京パレード。
フロントマン2人がとにかく楽しそうにステージを飛び回り、
お客さんの乗せ方が凄く上手いなぁと思いました。
そうそう、大阪を中心に活動している海抜5000mという
ユニットのデジャブを見た気がした。
全然、音楽性は違うけど、わかるかな~?

ROUND TABLE
ずっと好きだったのにはじめて見れたライブは
想像を超える楽しいリズムに心は弾み、
"こんな恋を知らぬ人は地獄へ落ちるでSHOW"。
しあわせでした。

S▲ILS
そして僕ら。新曲とMCが上手くいったのかな。
カバーソングはつくば市立吾妻中学校の
校歌「青き理性に」をフレンズアゲイン。
ウケて良かった。

エイプリルズ
井口さんのパンキッシュなベースではじまる
「ラ・ブーム」にまずは骨抜きにされ、
「こんばんはサジヒデキです」で腰砕け。
映像が着いていたり、MC中もBGMが流れていたり、
楽器も曲によってコロコロ変わる彼らのライブの前では、
エレポップとか80sとか渋谷系とかギターポップとか、
そんなカテゴリー分けなど全然ナンセンスで、
ザッツ、エンタテインメント。
今井さんは休日、ドラクエをしてるそうですよ。

ヤマシタユウトさんをはじめ、
3人のアーティストによる会場の装飾、
転換時のBGM、各バンドによるオリジナルドリンク、
それら全てに愛情があって、
影でまとめた若松さんにもひたすら脱帽、
トータルで見ても、凄く良いイベントでした。
共演バンドの皆さま、会場・スタッフの皆さま、
足元の悪い中、見に来てくれたみなさま、
本当にどうもありがとうございました。


再び夜の雨を駆け、
大阪に戻る頃にはすっかり晴れ模様。
気持ちの良い日曜日。


昨日は一緒にラジオをやっている内木くんと、
前々から気になっていた日本橋の表通りに出来た
中華料理屋さんへ行ってきました。

内木くんとはじめて出逢ったのは、
まだ別々のラジオをやっていた3年ほど前、
変わった形の餃子を食べながら、
「その頃、嫌いだった」と告白される。
当時僕としても、初対面ながら何となくつれない態度だったので、
極度の人見知りか、そうなんだろうなぁとは
感じていたものの、今となり喉元過ぎれば、
「好きだった」より「嫌いだった」の方が、
何倍も嬉しいことばになるから日本語は不思議だ。

料理の方もとても美味しかったので、
また特別な日に行こうっと。

明日は原宿でS▲ILSのライブ。
昼にリハーサルなので、早朝にバンドワゴンで出発予定。
東京は夜の7時なら、阿倍野は朝の5時に。
是非、遊びに来てください。


2007年7月14日(土)
summer☆chime~npm vol.3~』


出演/APRILS/S▲ILS/ババロア/東京パレード/ROUND TABLE
ART WORK/ヤマシタユウト
会場/東京原宿club asia P
OPEN 16:30/START 17:00
ADV¥2000/DOOR¥2500(+1drink)

チケット前売予約は、お名前・枚数を明記の上、コチラまでメール頂くか、
またはculture of asiaまでお電話下さい。(毎日15時より/03-5458-2551まで)

昨日は、日本橋で内木くんと食事&会議してから、
心斎橋に移動。一昨日に引き続きS▲ILSのスタジオ練習。

今回、新曲を3曲やるんだけど、
ひとつはドラムの豊福さんがシフゾウ時代に作った
「ネコ」という曲。
涼しげな横顔で塀の上を軽やかに歩いてくような、
豊福さんらしい曲で、毎回「おー」と「ニャー」と思う。
もうひとつは藤野さんの新曲「September」。
これまた今までになかった跳ねるリズムのダンスナンバー。
そして最後の1曲は来てのお楽しみ。
ライブ、楽しくできそうだよ。

2007年7月14日(土)
summer☆chime~npm vol.3~』


出演/エイプリルズ/S▲ILS/ババロア/東京パレード/ROUND TABLE
ART WORK/ヤマシタユウト
会場/東京原宿club asia P http://www.clubasia.co.jp/new/index.php
OPEN 16:30/START 17:00
ADV¥2000/DOOR¥2500(+1drink)

チケット前売予約は、お名前・枚数を明記の上、コチラまでメールを頂くか、
またはculture of asiaまでお電話下さい。(毎日15時より/03-5458-2551まで)

今日は小学館きらら連載中の、
石田衣良先生「親指の恋人」の扉絵と挿絵。
この15回で最終回になるんだけど、
最後を飾るに相応しい最高に痛烈なものが描けたと思います。
昆虫シリーズ。
ハチノス4号の裏表紙と併せて見て頂ければ。
樽谷先生描く表紙は僕のよりもっと痛烈だけどね。

↑このページのトップへ