月別アーカイブ / 2007年06月

今日はライブです。
大阪でのライブ予定は今のところまだないので、
青春の忘れ物がある方は取りに来て下さい。
雨も夜には止むらしいよ。

『セミの抜け殻2 ~体は大人になったけど~』
出演/竹内義和, S▲ILS, トンボ草壁コウジ
OPEN /18:30 START/19:00
前売\1,500-(1D別) 当日\2,000-(1D別)
心斎橋アメリカ村CLAPPER 問:TEL 06-6213-6331



思春期の眠れぬ夜の唯一の拠り所深夜ラジオ。関西のカリスマ深夜ラジオ番組サイキック青年団のパーソナリティと、そのラジオと共に暗黒の思春期を生きてきたサイキックチルドレンがお届けする、ノスタルジィとエレジーに満ち溢れた夜。青春時代の復讐を言葉に代えて、恋に夢に将来に。未だ不安の中を走り続ける大人達が、今宵楽器片手に集合。そう我々は、あの日手に入れることが出来なかった日々を取り戻すため、叶うこと無い夢の中で足掻き続けるのだ。

ライブ演奏、濃厚トークに加え、今回特別にプチ秘蔵VTRショーまでも開催。ここでしか見ることが出来ない、異常発酵した濃厚青春イベントを是非体験してください。

合言葉は「DON’T REMEMBER 青春時代!」

怒涛の締切ラッシュも残すところ、あとひとつ。

まず、NHKブックから発売中の鈴木謙介ウェブ社会の思想
こういうの、論文って言うんだろうかね。
読むのははじめてだったけど、
古谷実漫画の例を挙げて現代社会を見る角度は、
斬新でかつわかりやすく、目から鱗でした。

そして毎月恒例となった角川・赤川次郎ベストセレクション。
今月は『プロメテウスの乙女』『探偵物語』です。
2冊とも若干今までと違ったイラスト技法(?)を取り入れています。お楽しみに。

そして今日は飯塚健著『彩恋』(小学館)を仕上げました。
「さいれん」と読みます。洒落たタイトルですね。
これは8月4日から公開される映画の原作本で、
女の子3人による青春は1度だけ、
または夏休みはもう終わり~♪。

飯塚さんは音楽がとても好きみたいで、
くるりやハイロウズの曲なんかも自然にストーリーに入っています。
ここ最近読んだ本の中で年代的にも一番リアルにガツンと、
そしてホロリときました。
文章の上手い下手や好き嫌いは人それぞれですが、
夜は短し歩けよ乙女の森見さんとはまた違った、
美しくセンスの良い言葉遣いです。
月末発売された際には書店で、是非。


さぁさぁ、週末はS▲ILSのライブだよ。
共演はぶっちょカシワギくんの遅すぎた青春バンド"トンボ"。
そしてサイキック青年団から我らが"兄貴"竹内義和先生の弾き語り。
司会・草壁コウジでお送りするライブ&トークショウです。
みんな来てね。竹内先生の弾き語りだけでも見る価値あるんだから。
ほんとに楽しみだわ。

2007年6月10日(日)「セミの抜け殻」
共演/竹内義和・トンボ・草壁コウジ
会場/大阪心斎橋・CLAPPER
open 18:30/start 19:00 | 1500/2000
問合せ)大阪市中央区西心斎橋2-10-34心斎橋ウエスト363ビル B1F
TEL : 06-6213-6331

↑このページのトップへ