月別アーカイブ / 2007年05月

昨日は大学時代の友人織田くんの、
記念すべき初個展の為、西天満へ行ってきました。
淀屋橋の駅で、これまた同級生の小川くんと合流し、
中之島を少し歩き、会場であるギャラリー吉祥へ。
大学を卒業してからこれまでの時間がそこには横たわっており、
彼の描くイラストのあたたかさからも勿論ですが、
その空間全体から、本来個展というのは、
そんな為にあるべきなんだなぁと再確認できました。
GW中開催しているので、
イラストに興味のある方は是非。

『おだ こうへい イラスト展~キトヒトの庭~』

日にち/5月1日(火)~5月7日(月)
時間/12:00~18:00(※最終日は17:00迄)
会場/

〒530-0047 大阪北区西天満4-1-22吉祥ビル2F
TEL/06-6364-8746 FAX/06-6364-8747

その後、ヨドバシカメラで
何処にニーズがあるのかわからないが
確実に僕の心は鷲掴んで離さない
エポック社がコンスタントに発売しているEL-SPIRITSシリーズの
『エレベーターアクション』のLCDゲームを買い、
河童横丁の餃子屋へ。

きみに逢うということは
ぼくに逢うということなんだなぁ。


ギリギリの締切の都合でバンドワゴンを見送って、
僕だけは新幹線で遅れて出発するも、
東京へは一足早く着き、"時は金なり"という言葉は、
「時間はお金のように貴重なので無駄遣いしてはいけない」
という本来の意味と同時に、
「(短縮)時間はお金で買えるんだなぁ」と
十代の子に言ったら間違いなく
『汚れた大人』のレッテルを貼られそうな事を思いながら、
知らん顔して東京の街を歩く。

遅れて車隊も到着、
トップバッターの中瀬至(From Lucky13)さんの
浮遊感漂う弾き語りで海となった会場にS▲ILS出航。

1.SAIL 2.グッバイ(新曲) 3.GIRL 4.スニーカー
5.冬のサイダー 6.くらしのリズム 7.アニー

今までの東京ライブの中で一番良かった。
反応もそうだけど、メンバーの顔が緊張よりも大きく
いきいきしていたのが何より。

続く、残像カフェこと大森元気さんは
いつものフォークは鳴りを潜めソウルに。
デビューからずっと好きだった方と
同じステージに立てる日が来るなんて、
これを素敵日和と謂わずして。

そして満を持してゲントウキ登場。
あの頃もあの頃で好きだったけど、
大阪時代には考えられない今の
エンタテインメント性溢れるステージングは
回を増すごとにサポートメンバー、
並びにオーディエンスとの一体感を増し、
最後のセッションで最高潮。
風をあつめて解き放った充実した一夜でした。

力強く独特な間を取るドラムで盛り上げてくれた
curtainsでは本来ベースの中尾くん、
カメラマン兼運転手兼話し相手として着いて来てくれた杉浦くん、
共演してくれた音楽家の皆さま、
代々木Zher the ZOOスタッフの皆さま、
今回の企画を立て呼んでくれた木内ゆみちゃん、
そして暖かく迎え入れてくれた東京のお客さま。
本当にありがとうございました。
僕はとってもうれしかったです。

次回東京は7月、あっと驚くギターポップメイツ。
もっとみんなを楽しませられるよう、
それまではとんぼ返りして来た愛すべき大阪でコツコツと。

最後に藤野さん、飼原さんおつかれさまでした。


2007年5月11日(金)「れもんのしづく」
共演/ゲントウキ・西村明正
司会/草壁コウジ(SUBCULTURE NOTE)・ぶっちょカシワギトンボ/ライパチフィルム
会場/大阪南堀江Knave
open 18:00/start 18:30|2500/3000(+1D別)

↑このページのトップへ