月別アーカイブ / 2007年01月

今回の湿疹は治るのが早かった。
顔だけだったというのもあるけど、
自己治癒能力にも程があるわ。

そこで新年一発目の活動は、
ぶっちょ柏木くんとS▲ILSの藤野リーダーご夫妻を連れて、
アジカンのライブへ行って来ましたin大阪城ホール。

僕は普段、フリッパーズギターやビートルズから
派生するようなポップスしか聴かないので、
大雑把に分けると"ギターロック"というジャンルの音楽は
アジカン以外は聴かないんだけど、
彼らのライブって楽しいんだよね、とにかく。

終演後、楽屋にお邪魔して、
メンバーと打ち合わせがてらお話をしてると、
その答えが見えてきました。

"疎外感を感じないピースフルなムード"。

メンバー同士しかり、バンドとファンしかり、
そしてスタッフさんしかり。
一見、ロックとは真逆にあるような印象だけど、
ロックって「ロックっぽい音楽」じゃないじゃない。
ならばエレキギターを持ったら
どれでもロックバンドかと言われれば違うよね。

情報や趣味が多様化して土台がグラグラした
不安な時代の一体感や結束力。
だから痛快に楽しいのでしょう。

最後に、僕につられてゴッチが藤野さんのことを、
「リーダーはさぁ」って呼んでたのが面白かった。
そこまで一体感!さすがゴッチ!!
でもこの場合、奇面組やダチョウ倶楽部に近いね。

相も変わらず湿疹療養の為、1日中湯舟生活。

去年からの慣れっこなのと、
今年はPLAY-YAN microがあるので退屈しません。

言葉は怖いね。
心から口を出た瞬間にそれは形となり、
さほど気にしてなかった事でもそういうことになります。
ほら、修学旅行の夜、ちょっと好きだった女子の名前を
言った次の日から、脳内ドラマスタート。

一方、鬱病が多いと言われる昨今、
僕はそんなこたぁないと思うよ。
昔からあったモヤモヤに名前がついただけでさ。
増えてもないし減ってもいない。
そんなものなのです。きっと。

Spitzの「名前をつけてやる」というアルバムがあったけど、
そうね、チラッと見ちゃっても、
「名前をつけてやらない」方がいいことだって、
世の中にはたくさんあると思います。

だけど、フッと気を抜くと、
「良い事ひとつもない」なんて
馬鹿な魔法使いの居る真っ暗闇に
髪を引っ張られそうになるので呪文を唱えます。
エコーするバスルームで、好きな人の名前を呼び続けるのです。
つまり助けられるのもまた言葉なのね。

あぁ、そうか。
「ロードオブザリング」ってそういうお話だったのね。

数cm大人になった瞬間をここに記録します。


追伸/ママの為だけのSNSサイト 「


心が風邪をひいてしまい、
またもや湿疹が出てしまいましたが、
そんな時に深刻にならず、
目をそらさせてくれる友達が居ることに、
改めて深く感謝する毎日です。

二昨日は、父母が、
一昨日は清瀬どん、杉浦くん、藤野さんが、
お見舞いに来てくれました。
今日はきぃちゃんが電話をくれて、
草壁さんが逢いに来てくれました。

年末までの締切&イベントラッシュで、
僕の心にガスが溜まっていたのでしょう。
爆発した原因なんてのは、ただの針なので、
気にしないようにします。

そもそも、目の前に大きなコンクリートの壁があるとして、
血が出るまで殴り続けて割れないと分かったら、
グッと我慢して迂回するか、ロープでよじ登るのです。

僕、負けないもん。

早く治して、今年も楽しいこといっぱいやるんだぁ。
3月4月は新曲たくさん引っ提げて東京ライブ。
ミサイル・アパートは公開収録が基本になりそうです。
そして、今年こそ画集が出せそうです。

なので今だけは「がんばれ」とか
「楽しみにしています」は言わないで。
わかってるからさ。

ちょっと休憩です。

最後に、僕の絵葉書「日本少女シリーズ」は、
大阪堀江ART HOUSEのみと契約しているものなので、
他店で売っているものは無許可販売です。
見かけた場合は、買わずに速やかに教えてください。

大晦日~元旦にかけて、日本橋おたくの殿堂で行われた
「アニキボンバイエ2006」に出演してきました。
まずは弾き語り。

1.いかれたBaby/Fishmans
2.夜はとても優しくて/徳永憲
3.風をあつめて/はっぴぃえんど
4.午後の貴婦人/鈴木慶一とムーンライダース
5.ひたすら/乱魔堂
6.手紙/S▲ILS

続く竹内先生が拓郎中心のフォークだと聞いていたので、
僕はちょっとサブカル系中心にしました。おた殿だしね。
久々にアコギ1本はウネウネスコーンと気持ち良かったです。

そしてサイキック青年団の真裏タイムに行われた、
「ミサイルアパート」の公開録音も、 前回のリベンジを果たせたよ。

また湿疹が出てきたので、前日まで休むつもりだったけど、
やっぱり行って良かった。
木藤直之さんともはじめてゆっくり喋れて、
僕の想像通り、真正面から生きている人でした。
色んな人が居るけど、そんな人は無条件で大好きです。

今回はお客さんがほぼ男性だったので、
似顔絵も男性が多かったけど、
どなたも味わい深く、僕がお金を払いたい程でしたよ。

島田くん、いつも来てくれてありがとね。
色んな事をしたくなったっていいことだね。
人生の果実なんて自分で捥ぎ取りに行くもんさ。
下でハシゴ持つ位なら応援するよ。
だからポールスミスのストライプショルダーバッグ、
何処にもないので、おくれ。

ミキティ、よくがんばりました。
大野さん、おつかれさま。
草壁さん、いつもありがとう。

それにしても、28日の再来、
またもや公録と同時に地下で行われていた猫ままライブ。
一生見れないような気さえしてきた。
僕には神様も悪魔も居ないので、
いつかは見れるんだけどね。

↑このページのトップへ