月別アーカイブ / 2006年10月

一昨日は徹夜でライブに行ったので10時には就寝。
ただぐっすりもしてらんないんだって昨日は、
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのニューシングル『或る街の群青』
のジャケットイラストの最終詰め作業。
それで1日中パソコンにへばり付いて先程完成で提出。

今回は色綺麗だよ。女の子可愛いよ。ちょっとエッチだよ。
って、それはいつもか。いや、いつにも増して。
発売は11月29日、楽しみにお待ち下さい。

そうそう、来る11月4日(土)は、
大阪教育大学にて講演会というかトークショー、
まぁどっちでもいいや、があります。
入場無料で、プレゼントや原画も持って行きます。
スライドで今までの仕事のラフや作業工程なんかもお見せしょう。
関西では初じゃないかな、講演会。
司会は"青春あるでひど"からぶっちょカシワギ君と、
最近Blog更新が頻繁なSUBCULTURE NOTE・草壁コウジさん。
となれば、ただの講演会になるはずもなく、
ラジオの公開録音と捉えて頂いても宜しいかと。
とにもかくにも、お時間ある方は是非。
学祭っていいものだよ。


■11月4日(土)中村佑介講演会
大阪で初の講演会です。入場無料ですので、皆様どしどしお越し下さい。
日時/2006年11月04日(土)13:30~
会場/大阪教育大学・柏原キャンパス A-216(映画研究会上映会会場)
司会/草壁コウジ・ぶっちょカシワギ
企画/ライパチフィルム 入場無料

<内容>
何かを作っている方、作りたい方、作品が好きな方。
是非お気軽に、特に大教生のご来場をお待ちしております。
当日は13時頃まで上映会を行い、 そこから自由席となりますので、
席取りついでに上映会を見ていただけると 我々は大変嬉しいです。
よろしくお願い致します。(ライパチフィルムより)

昨日は朝まで仕事をして、そのまま我が母校・大阪芸大に
青春の弔い合戦をしに行きました。
と言うのも、今回S▲ILSが出演させてイベントの企画団体 "ニューフォークサークル"は、
助手2年を含めた大学生活6年間、
雨の日も風の日も学内でブツブツと弾き語りをしていた横で
楽しそうに音楽活動をしていたサークルで、
まぁ、早い話バンドを組めなかった僕は羨ましかったのです。

ちょうど僕の青春が影を落とす12号館の下、3時半。
「帰ってきたなぁ」といった気持ちでライブは始まりました。
ベースの俊介くんとサポートキーボードのシフゾウ優ちゃんは、
このサークル出身なのでいつもより伸び伸びと、
ドラムのロンさまはフィアンセが見に来ていたのでいつもよりしなやかに、
リーダー藤野氏は初の芸大、初の学祭ということで、
いつもより弾けるようなフレーズを弾いていました。
僕はと言えば、何かとりつかれていたモノを
振り払うような死闘だったので良く憶えてませんが、
前回の下北沢monaレコードの時より、
安定して歌えて、1回弦を多く切りました、3弦。

今回のイベントで取りを勤めた"ニーハオ!"は京都の女の子3人組バンド。
ベース2本+ドラム編成かと思えば、
キーボード・サンプラー・ドラムにトランスフォーム。
暴力的かと思えば可愛くて、無茶苦茶かと思えば整理されていて、
ああいうのって正に女性ならでは正直さとバランス感覚なんだと思う。
とっても格好よかったです。

来てくれた人たち、遠いところ本当にどうも有難う。
山の空気はとても美味しかったでしょう。
呼んでくれたNFC、大変お世話になりました。
さあ、僕も除霊も済んだので、次はまた新たな気持ちで
音楽活動に取り組めるような気がします。
次は12月28日に扇町ムジカ、3月か4月にはまた東京。

これにて1ページ目は終了。


撮影・邪王院弘

一昨日は再び明日の学祭に向けてS▲ILSのスタジオ練習。
今回のサポートメンバー、シフゾウの豊福優子さんを交え、
ポンポンとお菓子のように弾けるようなリズムで終始楽しかった。
帰りに美味しいうどん屋さんに行ってリーダーとヤラしい話をする。
後に居たサラリーマンも引いてた。
帰ってから仕事の下書きを仕上げる。

昨日は友達のきぃちゃんが、
東京から帰って来てるとのことで天王寺で会食。
後から気付いたんだけど、彼女と彼女の妹と、
2歳になる彼女の娘と僕って、花園やったんか。
そういうことだったのか。
しかも娘のネイロちゃんは僕を見て照れていた。
いくつでも乙女は乙女だなぁなんて感慨に耽っていると、
「中村くん、鼻毛出てるよ。」ときぃちゃん。
そういうことだったのか。

ツタヤに寄ってcorneliusニューアルバムを買って、
帰って来て仕事再開、ペン入れ完了。
久しぶりに抜群に女の子がヤラしく描けたので、
もう作品は完成したようなものだ。
そういうことだったのさ。

一昨日は仕事のラフを提出して、夜はS▲ILSのスタジオ練習。
ドラムのロンサムさんは急遽風邪っぴきの為お休み。
だけどスタジオに集まったのは4人。あれ?
と言うのも、今回のライブでサポートしてくれるシフゾウの豊福優子さん。
ピアノを加えたドラムなしのアンサンブルで練習。
途中休憩時間で、僕がドラムを叩き、
リーダーがアコギ・歌をして遊んでいる時の表情ときたらもう。

ぽわんと練習は終わり、帰りは天王寺で降りて、
ツタヤで前から目をつけていたドラマ"不機嫌なジーン"の
DVD-BOXを中古で購入。
家に帰るとくしゃみふたつで頭痛襲来。
一昨日タクシーに乗った時運転手さんに、
「今年の秋は暑いですねぇ、クーラーつける勢いですよ」。
それを聞きつけた秋の夜は、また性懲りもなく
薄い長袖1枚で外へ出た僕を返り討ちにしたようだ。
そして頭痛に耐えながら夜な夜なDVDを鑑賞。
動物行動学研究所が舞台で勉強になるし、
このドラマの竹内結子は可愛いなぁ。
『これも遺伝子の成せる業か、ねぇジーン』とか何とか… と、うとうと。

で起き風邪も去って、夜からネットラジオ背負い場のクニサラさんを迎え、
ミサイルアパート第8回の収録。
男性的だと思っていたクニサラさんの口から出る、
女性ならではの視点の意見はとても新鮮で、
目からウロコ、勉強になりました。
どうもありがとね。

僕ももういい大人なので、
夢を持っていることがそれだけで
一概に立派だとは思わないけど、
明日を生きるのに楽しみなことや、
この年になってもそのようなお金になっていない事に
本気で協力してくれる仲間が居ることは、
とても幸せなことだと胸を張って言いたいので、
あまり暗い日記は好きではありません。
彼や彼女らに対しあまりに失礼じゃない。
だから日が昇る明け方に書いたって訳でもない。
んだけどね。

日本橋"おたくの殿堂"で行われた
サイキック青年団でお馴染みの竹内義和先生による
漫画家を囲むトークイベント「漫力」に出演してきました。

今回、第5回目としていつものメンバーであるSEIJI先生と、
以前ラジオにも出演して頂いた葉月京先生に加え、
「猿ロック」の芹沢直樹先生が出演。そして僕。

元々、漫画家志望で、
最近もちょこちょこと連載させて頂いているものの、
現在の本業はイラストレーターなので、
実際のところはお客さんの需要に応えられるのか、
少し不安でしたが、イベントがはじまると何処吹く風、
会場はあたたかい雰囲気で、トークも弾み無事終了。
出演されていた先生方のお力は勿論のこと、
やはりこういう場にスッと参加できるのは、
ラジオを3年続けてきたおかげでもあり、
バラバラに続けてきたことがきゅっと実を結んだ実感がありました。

イベント後のサイン会でも、
多くのお客さまに表紙を担当した本や、
ゲントウキのCDを買って頂き、
時間が足らずお粗末な絵とサインのみでしたので、
また街で逢った際にはお声をかけて下さい。
良く日本橋のガチャガチャショップにおりますので、
きっちりと似顔絵を描かせて頂きますので。

最後に、足を運んで下さったみなさま、
本当にどうも有難うございました。
今回、はじめてお目にかかった皆様コンニチハ。
スタッフのみなさま、お疲れ様でした。
先生方、今後とも宜しくお願い致します。

で、次は11月4日(土)大阪教育大学にて。
プレゼントも用意しておりますので、 また逢いましょう。

↑このページのトップへ