月別アーカイブ / 2006年06月

僕がギター・ボーカルを勤めるギターポップバンドS▲ILSのライブです。



メルヘン音楽会4

日時/7月1日(土) 会場/千日前CLUB WATER(地図はコチラ
出演/S▲ILSメキシカンズneuronザ・ニトロキッチンズ、他
時間/OPEN 18:00 / START 18:30
チケット/前売¥1800 / 当日¥2000

前売チケットの取置予約は、氏名・人数を明記の上コチラまで。

金曜日は来る7月1日(土)に向けてS▲ILSの練習。
久々の上、僕がエレキギターなんて持って行ちゃったもんだから、
練習は散々な結果に。
でも何もやらない事に比べたら、
僕は「エレキは合ってないな」と思ったし、
藤野さんは自信を持って大きい音で弾いてたし、
俊介くんのベースがいつもよりガチっとしてたし、
ロンサムさんの久々の状況が知れたし、
雨が降らなかったし、1回目なのでこんなものでしょう。
さぁ、がんばるぞ。

その後、草壁さんと合流して食事。
僕、ほんっとにあの人のこと好きなんだよ。
これはきっと紛れもなく恋だ。
もう彼が何をしても手放しで褒めてしまうし、
許してしまう。
でも僕はホモセクシャルじゃないので、
完結はしないので、この恋はずっと続く。
愛を見つけたみなさん。
と言う訳で、これから恋をするなら同性にしましょう。
別れなくて済むし、色々と都合が良いからね。

その後は愛人の月島淳之介先生と銭ゲバにて
大学漫画にて連載中の漫画「いつもの」の打ち合わせ。
だけど徹夜だったので、ふらんふらんで、
そんな僕の状況を察して、話題転換。
したら月島さんが眠たくなってきて、
僕は好きな話題で頭が冴えまくり饒舌に。

こんな風に色んなものの輪郭がはっきりと見えてきたのは、
大切な約束をしたひとが居て、彼女がいつも心に居るからだ。


失うことは恐いと言うけれど、
確かにブルブルとおしっこチビりそうに恐いんだけれど、
(実際、僕はオネショするけど)
全てを失くしてみないと気付けないことだってあるんだよ。
そしてそれはとてもとても大切なことのように思う。
もしもボロボロで死にたくなっても大丈夫。
僕がいるよ。

応援してます。

一人の時くらい心のパンツを脱いで
本当に欲しかったものを目を閉じて口に出してみる。
「ん」まで言い終わり、
次に目を開けると僕の身体は高円寺に。

きみには負けたよ。

まずは最近見ていないスカパーを解約して、
ストレス発散の為の無駄遣いも
タクシーに乗るのももうやめよう。

何より先にぼくはもう逃げるのをやめたんだ。




先日、鰻谷燦粋で行われたワンノート出演イベントへ
S▲ILS・藤野さん、草壁さんを誘って行ってきました。

CD音源とはまた違う力強くガッチリとした演奏で、
林さんの優しい歌声がより生えるライブ。
アコギ・ピアノ・ベース・ドラムという、
エレキギターが居ないバンド編成ははじめて見たけど、
凄く良かったです。

そしてライブ後に林さんと少し喋ってツーショット。



偶然にも茶色のシャツでペアルックのギターポップ残党は、
アルバムタイトルにちなんでW「ピース」フル。

東京でS▲ILSのライブを見る為に、
ワンノートをもっと応援しましょう。
それが円を描くピースフル。


Photography : 草壁コウジ

先日、洋梨放送室収録時に撮影した写真が
現像できたそうで、杉浦くんがやって来た。

僕は写真を撮られるのが大嫌いだ。
下手な人だと意識して構えてしまうから。
上手な写真家の条件って、技術的なことも、
機材的なこともあると思うけど、
その人の中にどれだけ入り込めるかだと思うんね。
要は乗せてくれるとか、緊張させないとか、
そういうこと。

パンツも脱いでないような奴の前で、
誰だってパンツは脱ぎたくないでしょう。
その点、彼は元々心のパンツを履いてないので、
僕も全裸のいい顔してるでしょう。

杉浦くんに写真を撮られるのは大好きだ。



Photography : 杉浦圭

↑このページのトップへ