この度、3/21(火)から期間限定発売されるロッテチョコパイ(ティラミス味)のパッケージイラストを描かせて頂きました。
C7AVrybVsAAc7nc.jpg

箱を展開すると、"ぬりえジオラマ"になる楽しい仕様で、それに伴うコンテストやイベントも開催されます⇒http://chocopie-dressup.com/

chocopie-fairytale02-76d9f.jpg
僕が塗った一例

チョコパイは子供のころより大好きなお菓子で、今もよく買っておりましたので、次は自分のパッケージをレジに持っていくことを想像すると、不思議でうれしい気分です(笑)

今回のイラストのモチーフは、パッケージにもある通り"美女と野獣"。というとディズニーアニメの印象が強いのですが、もともとは1740年にフランスのヴィルヌーヴによって書かれたお話で、そこには実は野獣がどんな姿だったのか、具体的な記述はありませんでしたので、世界中にはいろいろなバリエーションの野獣の姿をした絵本が存在します。とは言え、ディズニー版のクマのようなイメージが定着している昨今、さてどのように別の方向性を与えつつも、物語を見て取れるようにするのかが、今回の課題でした。そうして出来上がったのがこのイラスト。

pie1_a.jpg
ぬりえブック『COLOR MEで、商品名は謎のまま、先にお披露目をしていましたね。そう、中村ver.の"美女と野獣"は、野獣は優しくて強そうなライオンをベースに、ベルは現代的な女の子にしました。そして、左上にはカカオの木、下にはティラミスの地層と、ヒントも出していたんですね(笑)今回の発表の前に、答えを当てていた方も↓


因みにこのイラストがパッケージになるお菓子ってロッテのチョコパイじゃないかなと予想。

私の色塗ったのでパッケージ作るとしたらクリームはカシスかラズベリーが入った少し甘酸っぱいのにラム酒がほわんと香る大人っぽいチョコパイ。もちろん… https://t.co/9vFG3s2WUK
2017/01/31 23:34:21
さらに今回のお仕事は、僕のイラスト人生においても特別な想いがありました。

小学生の頃、はじめて"イラストレーター"という職業を意識し、オリジナルイラストを描くきっかけとなったビックリマンが、同じくロッテの商品なんですね。
honbara01_mf.jpg
ビックリマンチョコ 悪魔 VS 天使 シール パッケージ

CMcEfM2UcAAL4qS.jpg

そのイラストを描かれているのがグリーンハウスの米澤稔先生(写真:右)と兵藤聡司先生(写真:左)。ビックリマンは1980年代に、年間4億個という人口異常の数が売れていたという、類を見ないヒット商品。それくらい売れていたので、当時は他社からの類似商品もたくさん出ましたが、今もなおシリーズ展開され、残っているのはビックリマンだけです。その秘密は、みんなのイラスト教室に書いた通りなのですが、米澤先生と兵藤先生からは、ディフォルメの技術や、太い線と原色の持つ高い耐久性を学びました。

B9KfemHCEAAhBVI.jpg
中村佑介によるビックリマントリビュートイラスト

そして、僕の今の絵柄のルーツである小梅ちゃんもロッテの商品です。
d7485-13-847247-3.jpg
小梅キャンディ パッケージ

news_xlarge_IMG_9512_r.jpg

これを描かれたのは林静一先生(写真:右)。林先生の絵にはじめて触れたのは、やはり子供の頃に「小梅ちゃん」のパッケージなのですが、大人になってよくよく考えてみると、正式商品名には"ちゃん"はついてないんですよね。ただの紙に引かれた線なのに、それがみんなの頭の中では1人の人間として存在するくらい生き生きとしてる。だからみんな「小梅の絵」ではなく「小梅"ちゃん"」と呼んでしまう。それってほんとう、もはや技術より魔法に近い異常な現象で、美人画の系譜や、線の取り方もだけでなく、そんな風に林先生からも多くのことを学ばせて頂きました。

CMhLxbmUAAIXkGq.jpg
 中村佑介による小梅ちゃんトリビュートイラスト

だから、林先生、米澤先生、兵藤先生と同じ企業の商品パッケージを描かせて頂くことは、イラストレーターとしての大きな目標だったのです。そんなふうに、僕にとってロッテはキャッチフレーズの"お口の恋人"だけでなく、いつもパッケージが秀逸な"目の恋人"。小梅ちゃんとビックリマンのように、皆様の喉元から心まで届きますように。3/21発売です。
1.jpg