前編では、1つ目の再びとしてASIAN KUNG-FU GENERATIONの新『ソルファ』を取り上げましたが、後編は2つ目の再びとして、今週末10/22(土)に発売されるイラストノート No.40 -中村佑介特集号-』をご紹介させて頂きます。

91zrPaWTXBL
144P/誠文堂新光社/2016年10月22日(土)発売

「イラストノート」とは2006年から刊行されているイラストの専門誌で、2013年の【No.26】でも特集を組んで頂きましたので、今回が2度目の特集号となります。(他にも記事としては、No.16ではメイキングが、No.24では林静一先生との対談が掲載されておりますので、ご興味を持たれた方はぜひお読み下さい) そして今回は、前回の特集号からページも内容も増量され、なんと"まるごと1冊・中村佑介本"となっております。

まず最初は作品ページ。画集『NOW』以降の最新作から、代表的な旧作品までを一挙掲載。

1

次は『Blue』と『NOW』、そしてそれからの展望を語ったロングインタビュー

2
次に表紙にもなっている新『ソルファ』と旧『ソルファ』のアートワークも含めた徹底比較や、これまでのアジカンの全ジャケット解説、アジカンとの14年間を振り返る
後藤正文氏との対談

3

名称未設定 1

続いてはメイキング。さだまさしさんのアルバム『御乱心』のCDジャケットと、"謎解きはディナーのあとで"と"こち亀"のコラボタイトル『謎解きはこちら葛飾区亀有公園の前で』扉絵の2本立て。

4

そして、最新作『誕生日』までを含んだゲントウキ特集と、セーラー服と機関銃シリーズ特集を挟み、尊敬するCDと書籍のデザイナーお二方の特集とインタビュー

5

木村豊さんはアジカンとゲントウキのジャケットを、高柳雅人さんは「夜は短し歩けよ乙女」「親指の恋人」「謎解きはディナーのあとで」などのデザインを手掛けて下さっております。

また、来年展開される超ビックコラボタイトルYusuke Nakamura × Little Twin Stars(キキララ)』から、イラスト数点の先行公開や、僕の母校である大阪芸術大学を探訪し、学生時代の思い出や作品、また現役学生たちとの鼎談。

7

さらには、大阪イラスト教室の生徒作品のビフォーアフターから見るイラスト解説など盛りだくさん。

8

その他にも九州震災チャリティ活動や、サイン会講演会海外の活動について、プライベートQ&Aなどなど、ここまででもうお腹いっぱいになるところ、「デザートは別腹!」ということで、ここからは白黒ページに漫画作品3本や塗り絵までついているという超ボリュームの全135ページ
9

このように時系列も内容も隅々まで網羅された、皆様にぜひ読んでいただきたい一冊となりました。特に最後の漫画は、受験を含めた美大を舞台にしているため、編集中はガーンと過去に戻ってしまいました(笑) そんなセンチメンタルな気分にもなる夜の長い季節の友に、「イラストノート No.40」が寄り添えれば、これ幸いです。
あぁ、やっぱり再びは戻りたくないけど、大切な思い出ですね。ということでふりだしに戻る。以上、ふたつの再びでした。(おわり)