きりっと肌寒くなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

毎年これくらいの時期になると思い出すのは、美大受験生だった頃。学科と実技の勉強に追われ、まったく楽しくないクリスマスとお正月。そういえば当時はハロウィンは誰も何もしていませんでした。また、画塾の帰りに鉛筆や絵の具で汚れた手を洗う時の水のつめたさ。そして、いよいよ迎えた真冬の受験当日に、手がかじかんで思い通りに描けず、「多めの鉛筆より、ホッカイロ持ってきたら良かった!」と痛感したことなど。どれも思い返せば、僕にとっての青春そのもの、美しい思い出ではありますが、当時はそんな風に味わう心の余白もありませんので、「再びは時間をさかのぼって体験はしたくないなぁ…」と苦笑いでいまのしあわせを噛み締めます。それはもしかしたら、彼らも同じだったのかもしれません。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの2004年にリリースされたアルバムソルファ。アジカンの熱心なファンでなくとも、アニメ「鋼の錬金術師」のテーマソング"リライト"が収録されており、約60万枚を記録、今もなお名盤として語り継がれているこのアルバムは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

c1e34901_1235057233579
『ソルファ』(2004年)/ジャケット

2004年にリリースされたシングル『リライト』のMV

そんな輝かしい実績は同時に、現行のアーティスト自身のハードルにもなります。例えば、ベストアルバム天晴に引き続き、先月リリースされたワーストアルバム御乱心のCDジャケットを担当させて頂いた、シンガーソングライター・さだまさしさん。打ち合わせでお会いした時、とあるご質問をさせていただきました。「なぜそこまでの実績を築いてもなお、今も精力的にオリジナルアルバムを作り続けているのですか?」と。というのも、アーティストが"大御所"と呼ばれるようになれば、オリジナルアルバムは3~5年に1枚とペースが落ちるのが通常ですが、それに対し、さださんはデビュー以来ほぼ毎年オリジナルアルバム(39作も!)をリリースされているからです。その原動力はどこからなのか、ファンとしてもとても不思議に思っていました。

するとさださんは、「若い頃(1979年・当時27才)に作った"夢供養"というアルバムがあって、曲単位ではあれ以上のヒットをたくさん出しているし、自信もあるんだけど、アルバム単位のまとまりや美しさは、なかなか勝てない…負けたくなくってねぇ(笑)」とおっしゃられました。僕は不思議でした。"夢供養"も確かに揺るぎない名盤として、大好きなアルバムではあるけど、個人的には最近のアルバムの方がもっと好きでよく聴いているので、作者自身の中ではまた違った響き方をしているものだなと。同時に、タイトルとは裏腹に、さださんの夢はまだ供養されていないのかと、非常に感慨深い気持ちで、僕も背筋を正したことは言うまでもありません。

おそらくアジカンにとってのそれは「ソルファ」にあたるのだと思います。偶然にもアルバムを作り上げた年齢は、さださんの当時と同じ20代後半。そして彼らの場合は、「それを再び録音する」という夢供養を今回は試みたようです。あれから12年、2016年11月30日にASIAN KUNG-FU GENERATIONの新しいソルファがリリースされます。

_SL1500_
『ソルファ』(2016年)/ジャケット

2016年3月に先行発売されたシングル『Re:Re:』のMV

このプロジェクトをはじめてボーカルの後藤氏より聞いた時、ほんとうにすごいことだと思いました。名盤と呼ばれるもののリマスター(音を綺麗にする)や、ベストアルバムに1曲だけ再録音というのはよくありますが、アルバムまるごと再録音というのは、あまり例がありません。それに加え、ファンの方にとっては、当時の若い思い出も相まって「カンペキな名盤!」と響いていても、現在の当人たちにとってはインタビューでも語られているように「演奏の技術不足」「粗削りなアレンジ」「制作時間が足りなかった」など、決して満足のいくものではなかったようです。言うなれば、青春時代の日記帳を大人になっても読まれるような黒歴史的1面でもあったことが推測されます。冒頭でお話しした通り、あのころには戻りたくないし、その日記帳をみんなの前で、再び自ら朗読するなんて、僕にはそんな発想は逆立ちしても出てこない!「例え出てきたとしても恥ずかしくて絶対しない!」と思い、高校時代のお絵描き帳はほとんど当時に燃やしてしまったくらいです(笑)

つまり彼らもあれから12年の歳月を経て、当時の自分と距離が取れるようになり、さらに「今の自分たちならもっと新しいことが表現できるはず」という自信が出たということなのですね。これはすごく大人で、前向きなことだと心強く感じました。そこで僕も、まるごと録り直しに呼応して、まるごと描き直しを行った訳です。



これらはその一部ですが、ジャケットを含め、当時のアートワークすべてを1から描き直しました。さらに今回の新しい『ソルファ』の初回限定盤は豪華な銀箔(色紙の銀色みたいな感じ)を使用。さらに透明スリーブケースにシルクスクリーンで前景を印刷されており、それを外すと、当時のものでは景色に隠れて見えなかったすべての絵が露わになるという、どちらもJPGでは再現不可能なジャケットになっておりますので、ぜひデータではなく物質(CD)で、この12年間を思う存分味わって頂けたらと思います。(※初回限定盤は在庫がなくなり次第、販売終了となり、再販はありませんので、今回ばかりはご予約をおススメします


また、それに先駆け今週末の10/22(土)に、旧「ソルファ」と新「ソルファ」の詳しい比較や、下積み時代を含めたASIAN KUNG-FU GENERATIONとのこれまでを、全アートワークとともに振り返ったボーカル・ギター/後藤正文氏との対談が掲載されたイラストノートというムックが発売されますので、一足早く楽しんで頂ければ幸いです。後編は、そんな"イラストノート40号~総力特集:中村佑介"の全貌に迫ります。(後編へつづく

名称未設定 1

CvHkWp2VMAAikyU

イラストノート40号/表紙


ソルファ(初回生産限定盤)(DVD付)
ASIAN KUNG-FU GENERATION
KRE
2016-11-30

ソルファ(通常盤)
ASIAN KUNG-FU GENERATION
KRE
2016-11-30