エッセイ"女の描き方"第4回が掲載されている
講談社「KISS」16号が全国の書店・コンビニで只今発売中です。

毎回一人の女性を取り上げて、その魅力を掘り下げて行くこのエッセイ、
今一番キスから縁遠い男がこんなタイトルの雑誌に連載していて良いのかなぁ…
と思いつつも、毎回一生懸命けなげに書いています。
そしてイラストの可愛らしさで油断をさせたうちに滑り込ませるその内容は、
書けば書くほどキスからまた遠ざかっていく気配ぷんぷんの下ネタエッセイです。
身を削って書いています。

さて今回はこのブログでもよく登場する、我がバンドセイルズの紅一点
"あっちゃん"こと長谷川梓沙さんに犠牲になってもらいました。

おもに彼女の趣味である"あるコト"についてなのですが、
それはご家族には秘密になっているみたいですので、
ぜひ、門外不出他言無用でひっそりお楽しみ頂ければ幸いです。