さてもうひとつ東京滞在記。

前日の東洋美術大学講演会でも大々的に告知していたので、
もうご存じ方もいらっしゃるかもしれませんが、
翌日24日は、ずっと大好きだった女優・平田薫ちゃんにお会い出来ることになっていた日。

まずは我が画集『Blue』の発売元である飛鳥新社で、
営業の沼田課長と、この記念すべき初対面に向けて、薫ちゃんへのお土産を択びます。
沼田さんが択んだのが前日の講演会で、
わざわざファンの子が作って来てくれたウチワと、飛鳥新社の一押し新刊。
さすが沼田課長、営業魂を忘れてません。

なになに、タイトルは…「その男とつきあってはいけない!」…どど、どういう意味やねん!
薫ちゃんの29日発売のDVD「もう、会えなくなるなんて…」にタダでさえ動揺しているのに、
追い打ちをかけるようなこのタイトル。もう一体誰の味方なのかわかりません…
「それでもここで引き返すことは出来ない!」と、渋谷の坂を折れそうな心を引きずりつつ上り、
待ち合わせ場所の芸能事務所・アミューズ本社に到着しました。

会議室で待つこと数分、ノックがなり、そして現れた薫ちゃん。
もう美しすぎて、眩いばかりの光を発していて、
中学2年生の時に修学旅行先のお土産で買って、一度もかけずにいたサングラスを、
持ってきたら良かったと思う程でした。

しかし今回は単なるご挨拶ではなく、
ソフトオンデマンドの名物企画「SODファン感謝デー」としてでもなく、
お仕事の打ち合わせとしてだったので、10分浮かれ倒して、
マネージャーさん、デザイナーさんも含め会議に入りました。
発表まで詳しいことは言えないのですが、
まぁ早い話、公式として彼女の絵を描かせてもらえることになったのです。

そこで、まずは薫ちゃんの人と成りをもっとよく知る為にインタビューをします。
色々な質問の中興味深かったのが、最近の趣味や好きな事を聞いた時の答え。

「散歩です。と言っても部屋のパソコンのグーグルマップで故郷・仙台の町を散歩しています。」
く…暗い!しかし暗可愛い!!
「あとはビールを呑むこと。好きな食べ物はイカの塩辛です。」
お…おっさん!しかしイカ可愛い!!
「あと神社。一人でパワースポットを巡っています。無になります。」
あ…あやしい!しかし南無阿弥可愛い!!

といった感じで質疑応答を繰り返していた時、
薫ちゃんが突然「改名したい!」と言いだしました。
「水(さんずい)偏を入れたい!!」と。
パワースポットで「水関係のものを入れなさい!」とお告げを受けたのでしょうか、
「"ヒラタガワカオル"ってどうでしょう?」という本人からの提案。
マネージャーさんが「どんな漢字なの?」と聞くと、
こうです!とホワイトボードにマジックで…

平田河薫

カ、カッパ(河童)みたいになっちゃってる!!
この美しさ、人間ではないと思っておりましたが、
まさか妖怪だったとは、僕も思いもよらないカミングアウトでした。

続いて「Fを入れたい!!」とのこと。
そう、彼女は本名で芸能活動をしているのですが、
福山雅治さんや深津絵里さんなど、"アミューズの売れっ子には頭文字に必ずFがつく"
という法則を見つけたらしく、てっきり福田薫や平田文子など、
苗字か名前、どちらかの頭文字がFになるように改名するのだとばかり思っていたところ、
薫ちゃんがホワイトボードに大きく書いた名前、その名も…

平田・F・薫

ななな何と平田薫ちゃん、裏の顔はトキワ荘出身のコンビ漫画家だったようです。
これには僕も気付きませんでしたが、ということは目の前にいる薫氏ともう一人、
ブラックユーモア短編が得意な平田薫A先生が存在するということです。

やっと会えたのに、霧の深い謎が深まるばかりの平田薫ちゃん。
みなさんもご一緒にその霧の向こうに行きませんか?
もう会えなくなるかもしれませんが…ドーン!!

平田薫DVD「もう、会えなくなるなんて…」リバプールより29日発売です。