お久しぶりです。最近「Twitterばかりでブログの更新が滞ってしまう…」と
周りでよく聞いていたのですが、何を甘えたことを言っとんだと思っていました。
そういう僕は"Twitter"というのが一体何のことなのか良く知らなかったのですが、
ついにTwitterを体験してしまい、このようにブログ更新の期間が空いてしまいました。

いやぁ、そりゃみんなブログの更新が止まるはずだわ。
「何をみんな呟いてんだ?」と思っていたけど、
僕ももう布団の中で「た、助けて…」と呟くことくらいしか出来ない2週間を過ごし、
実家から父がFollowに駆け付けてくれたおかげもあって、
こうして無事、Twitterは治る兆しを見せ、ブログを綴っているところです。

という訳でみなさま、季節の変わり目、楽しい夏を迎える為に、
家に帰ったらまずは手洗い、うがいをきちんとして、
Twitterをひかないようにご注意ください。
今年のツイートは特にのどに来て長引くようですので。
まさか風邪の一種だったとは、ねぇ。


そんな中、ライブでよくお世話になった京都大会の宮さんのスタジオ"ハナマウイ"にて、
セイルズのレコーディングがついにはじまりました。
幸いにもまだ喉を使う段階ではなく、リズム隊の録音。


参加メンバーは僕(アコースティックギター)と飼原さん(ベース/写真左)と、
あっちゃん(タンバリン/真ん中)とサポートの"ノスタル人"こと仲井くん(ドラム/右)。
飼原さんは今はベースを弾いていますが、実は中学生の時、BOØWYの布袋さんに憧れて
学際でエレキギター(不良の代名詞)の早弾きを披露してから20年、
何と実に一度も、スタジオでのレコーディングを体験したことがなかったので、
はじめておっぱいを触る男の子のように、目をキラキラとさせて感動していました。

これで年末発売のCDには、ベース音とベース音のすきまから、
しっかりとギタリズムが伝わってくることでしょう。

レコーディングも終盤戦にさしかかり、みんなの集中力も体力も
切れかけたその瞬間、スタジオに眩い一筋の光が射しました。

よくミュージシャンがインタビューで「降ってくるのを待つ」と言っておりますが、
「僕にも後光だけは見えた。あぁ、これが音楽の神さまか…アヤカリタイ、アヤカリタイ」と
カメラのシャッターを切ると、「音鳴らさないでくれます!?」と神のお怒りの声が聞こえてきました。

光の正体は神さまではなく女神さま、どうやらタンバリンを録音中のブースから覗く
あっちゃんの輝くおでこだったみたいです。

これで年末発売のCDには、タンバリンの音と音のすきまから、
しっかりとシャッター音が聞こえてくることでしょう。

そして、計12時間かけて5曲のリズムトラックを無事録り終え、
飼原さんの車で帰っていると、また眩い光が見えました。
音楽の神さまではなく、バイクを改造したデコトラの一種だったのですが、
あまりに電飾が派手で面白かったので、「今度こそ!」とカメラを構えると、
眩しすぎて、今度はピントが合わず写らない。

このように、本当に欲しいものは決して写真には写らないものなので、
早いとこ喉を治して、カメラではなく音楽をもって、
光ではなく、ひかりさんの姉の石田ゆり子さんを捕まえたい所存です。
それではお聴きください…
(※「リリ」は年末発売のCDには収録されません)