19日、みんなのおかげで無事京都展示を終え、
大阪へ戻り心斎橋でセイルズのレコーディングリハーサル。
元クリームチーズオブサンのドラマー仲井信太郎くんのおかげで、
こちらも順調に進んでおります。
仲井くんは現在ドラマー以外にも、ギターボーカルのノスタル人としても活動しているので、
中期ビートルズ、ビーチボーイズ、たま、キセル、キマタツトムさんなどが好きな方は
是非彼のライブでトリップしてみて下さい。

そして終電でまた京都に戻り、ホテル前のコンビニで無事パンツを購入し、ホテルで就寝。
翌日20日は個展会場である大垣書店でトークショー・サイン会でした。

司会は初の沼田さん、僕も32歳として随分貫禄が出てきま…スミマセン、間違えました。
こちらはリハーサル中の沼田課長と大垣書店専務の模様。
2人は昨夜遅くまで呑み屋さんで自主的トークショーを行い二日酔いとのことで、
やはりいつも通り、

さすがの柏木くんの司会により、今までで一番真面目で不真面目なトークショーが出来ました。
そして僕が着ているのが、季刊エス編集部のやよいちゃんがデザインしてくれた
新作の"ムーンライダースTシャツ"。やよいちゃんイイ仕事します。

もうひとつ"髪切虫Tシャツ"も素晴らしい出来です。展覧会会場にて先行販売中。

また、書店のスペース上、立ち見になってしまった皆さまも長時間、お疲れさまでした。
そして撮影班をしてくれたあっこもどうもありがとう。
そんな問題が出ないよう、柏木くんはなんば白鯨でのイベントだけでなく、
水面下であるプロジェクトを進めてくれております。本当に民放でラジオが出来るかもよ。
柏木くん、どうもありがとう。

そして、トークショーも無事終了し、次に待ち構えるは、
久々の160人という大人数のサイン会。
(※こちらはおかげさまで7月3日分も定員に達しておりますので、当日券はございません。)
参加して下さった皆さまには本当に感謝の気持ちでいっぱいなのですが、
同時に、昨年9月に行った新宿以来の人数だったので、体力と精神力が持つか心配でした。
すると、またしても真理藻ちゃんと寿一という心強い友達の助けによって、
無事、笑顔で乗り切ることが出来ました。どうもありがとー



その後、まだ時間が余っていたので、書店で作業をしていると、
Sucretteのサポートドラマーであるあさ子ちゃんと、
彼女がまた京都で別にやっているバンド"くらげ"の、
ギターボーカルの和中くんが遊びに来てくれました。
談笑している中、ふと和中くんを見ると、ひとりソワソワしています。
そう実は和中くん、別の店舗ですが、この大垣書店で働いており、
同僚たちにはバンドをやっていることを隠しているのです。
そしてトークショーからまた通常の展覧会へ、
会場の配置を戻す作業をしている上司たちに気を使っていたのでした。
休日なのに手伝ったらいいのか、談笑してていいのか、もの凄く気をすり減らしている和中くんと、
それを知ってニヤニヤしながら見ているあさ子ちゃんの真性SMバンド・くらげ。
ギターの鈴木さんはM-1(こちらのMはマゾヒスティックではなく漫才のM)にも出ているくらげ。
ライブは未定のようですが、京都で見かけた際には是非とも宜しくお願い致しますね。

その後は寿一と真理藻ちゃんとあさ子ちゃんと和中くんと晩御飯を食べ、
ようやく家に戻ってきて、寝て、起きて本日、作業再開。がんばるぞ。


■大垣書店京都駅前店オープン記念『中村佑介の世界展』■
日時: 6月4日(金)~7月5日(月)
会場:大垣書店・京都駅前店

〒601-8417 京都市南区八条通西洞院下ル


アクセス:京都駅八条口より徒歩5分(新都ホテルとなり)
Tel / 075-692-3331・FAX / 075-692-3370
営業時間:10:00 ~ 21:00(年中無休)