東京創元社から3月発売予定の江戸川乱歩の短編集
『D坂の殺人事件』の表紙イラストを描きました。

最近買った本はバナナマンとバカリズムと森3中というラインナップからも分る通り、
僕は全く文学という物はを読んでこなかった人間なので、
こうして太宰治や江戸川乱歩などの表紙を描かせてもらってる現在の状況を、
とても不思議に思う反面、やり残した宿題は必ずしないといけないように
なっているんだろうなぁと、真面目に取り組んでいます。

描く前には、一通り他の作品に目を通したり、
その作家の生い立ちを勉強したり、色々関連物を集めたりするのですが、
今回の江戸川乱歩に関しては、仕事を忘れるほど夢中になってしまい、
原作映画をいくつかTSUTAYAでピックアップした程です。

家に帰ってみると、早速ビデオを見ようとすると、
僕以外誰もいないはずの部屋から、プーンと女の匂いがしてきました。
犬のようにくんくん嗅ぎながら、別の部屋を見て周ってもやはり誰もおらず、
さては、出掛けている間に峰不二子ばりの美人泥棒が忍び込んだに違いない。
しかし何も盗まれていない。いや、ハートを盗まれた!
などと妄想推理するも証拠不十分で一旦諦め、
ビデオをレンタルバッグから出そうとすると、
何のことはないそこから匂っていたのです。
前に借りた人が香水でもこぼしたのかもしれません。
どちらにせよいい匂いだったのでくんくん嗅ぎ続けました。

それくらい影響受けちゃってるものだから、
もうビデオも見る必要はなかったのかもしれませんね。


いい匂いしそうな絵が描けました。

一方コチラは3月25日発売のASIAN KUNG-FU GENERATIONの
美味しそうなライブDVDジャケット。