昨日はS▲ILSメンバーの藤野さん、飼原さん、
小説家の月島さん、大学からの友達・杉浦くんと新年会をしました。
自分の部屋なのに、毎年毎年体調を崩して
イラらしい話以外は参加せず隣の部屋で寝込んでいる僕も、
今年は体調がいい(普通)ので鍋に入れる白菜や大根を切っていましたが、
逆にキーボードのあっちゃんは流行好きが高じてインフルエンザで寝込んでおり、
ちょっと寄るはずだったフランス座の石野奈緒ちゃんも欠席ということで、
紅が1点もない新年会だったのですが、
男ばかり集まると行き着くところ女の話しかしませんね。
恋愛が戦争だとすると、戦地に向う前の作戦会議と言ったところでしょう。
女性同士の友達関係が希薄だとは思いませんが、
「生まれ変わったら男同士の友情が体験してみたい!」
という女の子も少なくないくらい男の友情は篤いと言われるのはこういう事で、
「隊長、行って参ります!」と敬礼し、パラシュートを広げ、
例え弱くても、強くありたいと願い、
男たちはそれぞれの美しい戦地へと散らばってゆきました。
作戦本部に残された空き缶、空き瓶の山を見て、
少しセンチになる祭の後、駄洒落だと気付いたでしょうか。

というところで、嫌い嫌いも好きのうち。
関わってくれた全ての人たちへ僕も敬礼し、
パラシュートを広げて旅立とうと思います。
画集とCDの形。誰も爆弾だとは気付くまい。
いざ。